話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

横須賀空襲(This is not a drill) 2

【横須賀 海軍工廠 秘密船渠ドック 昭和201945年1月10日 昼頃】

 警報が鳴り渡った直後、儀堂の行動に一切の迷いはなかった。彼は興津の方を見た。

「副長、この艦の無線は使えるかい?」
「万全です」
「よろしい。EFの周波数はわかるな。すぐに繋いで状況を確認してくれ」

 興津はすぐに高声電話で通信室を呼びだし、状況を確認させた。やがて事態が予想以上に深刻だと判明した。彼の常識からあり得ない被害を受けていた。「確かなのか」と念を押し、興津は電話を切った。

「何があった?」
「横須賀が砲撃を受けているそうです」
「砲撃?」

 味方の艦が誤射したのかと思う。

「爆撃ではなく? 砲撃なのか?」
「はい、砲撃です」

 興津は断言した。続く説明で、儀堂の懸念は払拭されていく。

上空から・・・・砲撃を受けています。敵は雲の上から横須賀に釣瓶打ちに砲弾を浴びせています」

 興津の証言を裏付けはすぐにとれた。その砲撃とやら海軍工廠にも降り注いできたからだった。着弾音と同時に船渠付近で爆発が生じる。爆風にゆらされ、建物全体がどよめいたようになる。内部の工員達が騒ぎ出した。砲撃はさらに続き、着弾音は近づいてきているようだった。横須賀海軍工廠は着実に生産能力を削り取られていた。

 少なくとも帝国海軍に砲撃可能な航空機も、飛行可能な艦もいない。ならば、答えは一つだった。

「知っているヤツ魔獣か?」

 儀堂はネシスの方を見た。ネシスは小首をかしげた。

「妾は知らぬが、恐らくお主の考え通りじゃろう。あれはこの世ならざる・・・・・・・ものじゃ」
「そうか……」

 それだけ言うと唐突に儀堂は沈黙し、見取り図をじっと睨んだ。時間にして数秒ほどだったが、興津は焦れる思いを堪えなければならなかった。この若者の表情が全く読み取れなかった。状況判断をとうに終えてしかるべきだった。

――何をしてやがる。ここは避難すべき場面だろう。

 ついに興津は堪えきれず、儀堂へ一歩踏み出した。

「艦長――」

 儀堂は大きく肯いた。

「そうだ。興津中尉、ここは迷う場面ではないね」
「はい、では避難を――」
「出撃だよ」

 興津は我が耳を疑った。ネシスは吹き出し、御調みつぎはただ沈黙を貫いた。

「何を言っ……仰っているのです?」
「え? 決まっているだろう。海へ出るのさ。すぐそこに魔獣がいるじゃないか? ならば駆逐する必要がある。君は自分が何に乗っているのか忘れたのかい?」
「え、ええ……」

 冗談ではなさそうだった。儀堂は高声電話を取ると、無線を通じて船渠内各所へ進水準備を始めるように指示を飛ばした。右往左往していた工員達は戸惑いながらも、儀堂の指示に従った。彼等は突然の混乱にショック状態にあったからこそ、何事かを明確に命じる存在を頼もしく思ってしまった。例えそれが理不尽な命令であれ、工員達は儀堂の言うことに盲目的に従うことで精神的安定現実逃避を得ていた。

 <宵月>《よいづき》を載せた船台の盤木船体を支えている柱が次々と外されていく。

『艦長、進水準備完了です』

 通信室から報告が上がってきた。後は保渠具の安全装置ロックを繋ぐ支綱を切るだけだった。

三変酒シャンパンの用意はよろしいのですか?」

 滅茶苦茶だと思いながら、興津は半ば自棄になりつつある自分の心境を諧謔でごまかした。慣例として進水式のときは支綱の切断に連動して、艦首で三変酒シャンパンを割るのだ。

 儀堂は笑顔らしきものを浮かべた。

「良い案だが、欲しがりません勝つまではとも言うだろう? それに三変酒シャンパンは無くとも、祝砲がそこら中で鳴りわたっているじゃないか。何事も時世に相応しく行うべきだと私は考えている」
「はは、違いない」

 興津は艦橋から外を見渡した。ここには軍楽隊による軍艦マーチも、紅白の垂れ幕も無い。もちろん来賓客の席も無かった。あるのは無骨な船渠の設備だけだ。田舎娘がこれから奉公へ出される情景を彼は思い浮かべ、即座に否定する。冗談じゃない。そんな牧歌的な風景に砲撃なぞあってたまるか。

 工員は船体から退避を済ませていた。儀堂は無線室ごしに船渠の班長へ礼を述べた。班長はただ一言『堰水扉シャッターを開放します。ご武運を』と告げた。しかし、彼の願いはいささか誤解されたかたちで神に聞き届けられたようだった。

 ついに砲撃が<宵月よいづき>の船渠を襲いかかった。幸い飛び込んだ弾は<宵月>から外れ、人的被害は皆無だった。ただし、船渠内は著しい被害を被った。それらは設備のいくつかを使用不能にし、その中の一つに<宵月>と船渠を繋ぐ支綱へその緒が含まれていた。

 支綱が切られ、安全装置が外れされた。4000トンの身体が船台の上を滑り出し、堰水扉シャッターを突き破った。たった今、海軍工廠より新たな鋼鉄の申し子が産み出された。戦禍賛歌に包まれながら、彼女よいづきは母の姿を求めるように、東京湾へ這い出ていった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く