話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

横須賀空襲(This is not a drill) 1

【横須賀 護衛総隊EF司令部 昭和201945年1月10日 昼頃】

 矢澤中佐が横須賀に着いたのは、儀堂とさほど変わらぬ時間だった。彼は儀堂が本来向うはずだった海上護衛総司令部へ車で乗り付けた。受付で身分証を提示し、そのまま真っ直ぐEF護衛総隊長官室へ向っていく。

――だから言わんこっちゃ無い

 矢澤は内心で毒づいた。昨夜六反田ろくたんだの理不尽な命令により、矢澤やざわは二通の書類を纏め上げた。それらは文書の体裁こそ異なっていたものの、記載されている内容は同一だった。

 要約すれば「お前のものを俺に寄越せ」だった。

 GF連合艦隊宛の通知書には、最新鋭艦を月読ツクヨミ機関へ移管とする旨が記されている。それはGFが貴重な資材と人員を投じて建造した艦隊随伴型の駆逐艦だった。言うまでも無く<宵月よいづき>のことだ。<宵月>は月読機関の技術提供と引き替えに、GF隷下の船渠ドックと工員、資材を借り受けて建造されたものだった。当初の予定ではGF所属の艦として、作戦行動において月読機関の監督・・を受けることになっていた。それを問答無用で自分六反田のものにしようとするのだから、波風が立たぬわけがなかった。

 今より数時間前に矢澤はGF連合艦隊司令長官室で、その通知書を山口多聞やまぐちたもん長官へ手渡した。山口は差出人ろくたんだの名を認めると眉間にわずかに皺を寄せ、封筒の中身を確かめた。数秒もたたぬうちに、山なりの眉の角度がさらに急傾斜していき、顔の血色が過剰なほどに良くなっていった。

「六反田の奴はどこだ?」

 額に幾筋もの脈を浮かばせながら、山口は矢澤に問うた。矢澤は直立不動で「海軍大学校におります」と発した。

「わかった。おい、車を出せ! すぐに海大へ向かう!」

 山口は矢澤には目もくれず、長官室を速歩で出て行った。その後、海軍大学校でひと騒動あったのだが、矢澤の知るところではなかった。仮に知ったところで、彼はなんら驚くことなかっただろう。そうなることはわかりきっていたのだから。

 今、矢澤はもう一つの通知書を手にしていた。そこにはある海軍大尉の処遇について通知書がかかれている。本日をもって、その大尉は護衛総隊から月読機関へ転属となる。



「主旨はわかった」

 通知書に目を通すと、伊藤EF長官は静かに言った。山口と対照的な反応だったが胸に抱いている感情は全く同一であることが察せられた。

「六反田君は相変わらずのようだな」
「はあ……」

 矢澤は反応に困った。彼の上官はその昔、伊藤配下の部隊にいたらしい。そのときの逸話騒動を第三者から聞かされたことがあった。ことごく碌なものではなかった。控えめに言ってしまえば、彼の上官は目的のためならば手段を選ばぬ無法者戦争狂と認識されていた。

「困りましたね……」

 深刻な顔で伊藤の傍らに立っていたのは、大井大佐だった。彼はEFの事務方のトップだった。彼にとり、六反田の横紙破りな引き抜きは、はた迷惑以上の天災に近いものだった。

「YS87船団は来週中には編成が終わります。儀堂大尉の後任となると……」
「あの――」

 矢澤は控えめに割って入った。大井が額に皺を寄せる。

「その件ですが、六反田少将よりEFの任務を優先させてかまわないと伺っています」

 伊藤が感情らしいものをわずかに表出させた。どうやら驚いているようだった。

「どういうことだね?」
「それは――」

 矢澤が続けようとしたときだった。伊藤のデスクの電話が鳴った。伊藤は礼儀正しく「失礼」と言い、受話器をとった。みるみる顔色が変わっていく。何事か、またぞろ自分の上官が何かしでかしたのかと思ったが、それは誤りだとすぐにわかった。

 伊藤は電話口の相手に空襲警報を鳴らすように命じた。

「どうしたのですか?」
「千代ヶ崎の電探レーダーサイトが所属不明機を捉えた。まっすぐここ横須賀に向っている。矢澤中佐、君の話は後にしてくれ。遺憾ながら、もうすぐここは戦場になる」
「承知しました」

 矢澤は模範的な敬礼を示した。その場にいる者全ての思考は臨戦態勢へ切り替わっていた。

 伊藤は今朝、海防艦2隻から定時報告が途絶えたと聞かされていた。彼の知る限り、両艦の艦長ともに、任務の本質を理解しているもの達だ。よほど不測の事態が起こらぬ限り、報告を疎かにするなどありえなかった。ようやく彼はその背景にあるものを悟った。同時に義務感を覚える。仇をとらねばなるまい。

「大井君、出せる艦を全て出撃させろ。それから付近の航空隊とGFに応援要請をだしてくれ」



 矢澤はひとまず長官室を後にした。窓から横須賀の海を臨む。空襲警報に急き立てられ、水兵たちが岸壁を行きかっていた。ふと妙なことに気がつく。

――予報では今日は快晴では無かったか?

 いつのまにか東京湾が分厚い雲に包まれている。まるで覆いを被せたかのように暗雲が立ちこめていた。ひと雨来そうな勢いだ。そう思ったときだった。

 はるか上空で閃光が生じ、雷のような破裂音が断続的に聞こえた。妙だなと思う。やけに規則正しい稲妻だった。まるで……。

――砲声のようだ。

 直後、爆発音が連続して響き渡り、廊下の窓を揺らした。

 矢澤は音源へ目を向けた。横須賀の街から数本の筋が上がっていた。
 それらは横須賀空襲の狼煙だった。

「莫迦な……」

 どこからの砲撃だ。いやまさか。

「上か!?」

 雲間に閃光がきらめく、間をおかずして、再び惨劇が生じる。

 沖合の海防艦へ命中した。運悪く爆雷へ直撃したらしい。

 大爆発炎上、船体中央より分断され、轟沈と認む。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く