話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

彷徨える海(Flying object) 2:終

 <粟国あぐに>はサーペントと向き合うかたちで接触した。水中探信儀から駆除対象との距離を割り出す。サーペントは毎時15ノットで向かってきている。どうやらやる気らしい。願っても無いことだった。魔獣の習性か不明だが、総じてやつらは好戦的だった。

「対獣戦闘用意!」

 確固たる決心で倉田は総員へ告げる。

 <粟国>後方500メートルには<室津>が続いていた。二段構えでサーペントを叩く作戦だった。<粟国>が討ちもらした場合、続いて<室津>が対処する手はずだった。

 <粟国>は最大速度の20ノットでサーペントを目指した。敵との距離が1500を切ったときだった。水測室から殺気だった声で報告がもたらされる。

「水測室より、注水音確認! 轟雷ごうらい装填の可能性大!」
「取り舵用意!」
「敵獣、轟雷発射! 真っ直ぐ本艦へ向かってきます」

 <粟国>の見張り員からすぐに報告が入ってくる。楕円形の塊が航跡を描きながら、真っ直ぐ<粟国>の艦首へ向かってきていた。

 轟雷はサーペントが所持している攻撃手段のひとつだった。平たく言ってしまえば、指向性を持つ空気の刃だった。サーペントは喉にバラストタンクのようなものを持っており、大量の海水を含むとそれを酸素へ変換、圧縮して獲物へ向けて発射してくる。ただの空気の塊であっても、漁船ならば粉みじんにしてしまうほどの威力を持っていた。鋼鉄製の海防艦でも直撃を食らえば、ただでは済まない。これまでの戦闘でそれは証明された事実だった。

 倉田は電話をとった。

「水測室、敵獣の進路は?」
『変針しおったです。本艦左30度へ向けて航行中』
「了解した。取り舵一杯、ヤツを逃すな」

 操舵手が舵輪を回し、<粟国>の小さな船体が波にもまれつつ、傾斜する。兵員達は近くの手すりや防弾帯につかまり耐えた。数秒後、<粟国>の脇を白い塊轟雷がすり抜けていく。<粟国>の操舵手は当て舵で回頭を終わらせると同時に、傾斜を復元させた。再びサーペントへ<粟国>の艦首が向けられる。<室津>も合わせて取り舵を切る。敵との距離はさらに縮まっていた。お互い変針したため結果的にサーペントは<粟国>へ横面をさらすことになった。

「艦橋より水測、状況を報告しろ」
『方位右5……いんや6になった。距離170!』
「目標照準! 散布爆雷、投射!」

 <粟国>の艦首、第一砲塔の背後から24個の爆雷が吐き出された。それらは敵獣の潜伏予想海域へ降り立ち、海底をめざし直進していく。<室津>も同様に散布爆雷を投射し、運命の瞬間を待ち望んだ。やがて諦めかけたとき、海中より数本の水柱がたった。しばらくして巨大な肉片が浮き上がってきた。千切れたサーペントの頭部だった。浮き袋に貯まった空気が主の頭部を海面へ誘ってきたらしい。大きさは7、8メートルはありそうだった。

「デカいな……」

 倉田は思った。こんなヤツの轟雷を食らったら、いくら海防艦でも無事では済まなかっただろう。

「よし、帰投しよう」

 倉田が<室津>へ帰投命令を下そうとしたときだった。電探室から感ありの報告が入った。一三号対空電探が所属不明機アンノウンの反応を示していた。機数は一機だが、倉田は味方の確率は低いと考えていた。こんな曇り空の中を飛べる航空機は限られているうえに、それらの任務は限定されている。

 倉田は上空の物体に無線で呼びかけさせたが、反応はなかった。倉田は戦闘配置を継続させることにした。

「対空警戒、厳にせよ。それから横須賀のEF司令部へ打電しろ」

 実のところ、飛行型の魔物の遭遇率はかなり低い。BMの周辺以外ならば滅多に遭遇することはなかった。はっきりと検証されたわけではないが、それら魔獣は海を越えて極東の島へ渡ってこれるほどの航続力スタミナを持たないのが理由として考えられていた。巨大な魔獣はその巨大さ故に大量のエネルギーを消費する。水中航行型ならばエネルギー消費を抑えつつ、潮流に乗って外洋まで出てこれるだろうが、飛行型の魔獣にはいささか困難な話だった。

 魔獣でないのならば、前触れも無く現れる飛行物体など倉田の知る限り一つしかいない。

――BMか。

 かろうじて恐怖を表情に出すのを抑えつつも、倉田は冷や汗が伝っていくのを感じた。艦橋内が無言に包まれる。

 電探の反応は刻々と強くなり、そろそろ姿が見えようとしたときだった。

 空中からはじけるような爆発音が響いてきた。雷かと思ったが、すぐにその予想は否定された。

 背後で閃光に続き、火柱が上がった。

「艦長、<室津>が炎上しています……!」

 見張り員の報告を受け、倉田は急いで艦橋の対空指揮所へ上った。

「なんだと!?」

 いったい、いつ攻撃を受けたのだ?
 あの空中の爆発音と関係があるのか?
 いや、その前になにものなのだ?

 それらの疑問は数分後に解消されたが、EFへ報告されることはなかった。

 答えを知るもの全てが<粟国>と共に海中へ没したためだった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く