話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

六反田少将(Warmonger) 1

【東京 築地 海軍大学校】

 ジープに押し込められた儀堂は海軍大学校内の一室へ連れて行かれた。深夜にも関わらず煌々と灯が点いているのがわかった。ドアの表札には何もかかれていない。

 入室と同時に儀堂は眉間にしわを寄せた。視覚的にも嗅覚的にも不快だった。まず室内は全般的に煙草の臭いがしみついており、そして長机や棚、あまつさえ椅子の上まで書類がうずたかく盛られている。ざっと30人は収容できそうな広さだった。もとは講義室として使われていたのだろうが、部屋の奥にかろうじて見える黒板以外に、その面影は残されていない。

六反田ろくたんだ少将、連れて参りました」
 御調みつぎ少尉とともに、儀堂と鬼の少女は部屋の奥まで進んだ。

 書類の山を越えた先に執務机があり、この部屋の主が陣取っていた。角刈りの頭部で体型は決して健康的とは言い難く、腹部には長年の不摂生による負債脂肪を抱えている。浅黒いふくよかな顔立ちに縄文系特有の彫りの深い目縁まぶちは細く開かれ、どこか親しみの感じさせる表情だった。

「ずいぶんとまあ早かったじゃあないか。オレはもうダメかと思っていたがね」
 六反田道忠ろくたんだみちただは紫煙を吐き出しながら言った。灰皿には、うずたかく吸い殻が盛られている。
「ちょうどさっき井上さんに電話したところだ。なにかと今回のでブンヤマスコミが騒ぎ立てるかもしらんからな。あの人のことだから上手く処理してくれるだろう」
 井上さんとは井上成美いのうえしげよし海軍大臣のことだった。六反田はにやりと笑った。ヤニで黄色く染まった歯がのぞく。
「で、そっちのお嬢さんはえらくやんちゃな格好だ。それにうん、なにか不機嫌そうだね」

 鬼の子は相変わらずぶすりとして何も答えようとしなかった。素っ裸でも儀堂の外套を羽織っているため、幾分かましな体裁になっている。だが、服に着られている感は否めなかった。

「御調君、その姫君に何か相応の服を見繕ってやってくれ。さすがにそのままじゃあ、あんまりだろうて」
「はい、しかし……」

 御調は少女のほうを窺った。断固として言うことを聞く様子はない。少女は視線を逸らしたまま、嫌そうに口を開いた。

「この男をどうするつもりだ」
「ほう、日本語がお上手だ。なに、どうもせんよ。オレはこのお兄さんと話をするだけだ。そう、きっとそれは悪い話じゃ無いと思うがね」
「お主は嘘を言っていない。だが、本当のことも言っていない。妾にはわかるぞ」
「うん、それは正解だ。すべからく物事は相対的なもんだ。まあ、わかったよ。これだけは保証しよう。このお兄さんはお嬢さんとすぐに会える。そうだな。少なくとも夜明け前までには解放しよう」
「よかろう。おい、その女官、案内あないせよ。ここは臭いうえに、不浄だ」

 御調は憮然としながらも「こっちよ」と言い、少女を先導した。部屋から出る間際に少女が振り向いた。

「おい、お主。名はなんだ?」
「………」
「おい、お兄さん、君のことだよ思うがね。答えてやれよ」
「六反田少将、それは命令でしょうか?」
「どうだろうね? そういうことにさせたいのかね?」

 儀堂は大きく息を吐いた。

「儀堂、儀堂衛士ぎどうえいしだ」
「ふむ、勇ましくは無いが、やや雅さを感じる響きだ。覚えておこう」
「それはどうも……」
「………」

 角の生えた少女はなおも不服そうに突っ立っていた。

「まだ何かあるのかい?」
「名を尋ねよ」
「は?」
「妾の名を尋ねよ」
「なぜ?」
「……良いから尋ねよ!」

 儀堂はさらに大きく息を吐いた。誰の目から見ても、それはため息だった。 

「……君の名は?」
「ネシス。ネシス・メ・アヴィシンティアじゃ。覚えておくが良いぞ」
「わかった」
 ネシスは満足げに肯くと今度こそ部屋から出て行った。

「さて、儀堂大尉」
 振り向けば、六反田が山師のような笑みを浮かべていた。
「話をしよう。長い話だ」

 六反田は従兵を呼んだ。珈琲を淹れさせるためだった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く