話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

月下の邂逅(Moonlight rendezvou) 5

【東京 世田谷 儀堂家1F書斎】

「!!!!!」

 声にならぬ悲鳴を上げて、儀堂は覚醒した。
 1月にも関わらず、じっとりと全身が汗に包まれている。

 荒くなった呼吸を整え、儀堂は机の椅子に座り直した。彼は今、書斎にいた。かつては父の部屋だった。

 ふいに足下が濡れていることに気がつく。ぎょっとして見れば、グラスが転がっている。どうやら寝ている間に、手から零れ落ちたらしい。
 何かふくものを探し求め、むなしさに襲われた。どのみち乾くだろう。放置したところで、彼を叱るものはこの世にいない。

 グラスを拾い、机の上に置くと、備え付けの一番下の抽斗ひきだしを開け、緑色のガラス瓶を取り出した。中身は琥珀色の液体に満たされている。スコットランドで醸造されたリヴェットシングルモルトだ。

 父の形見秘蔵ものだった。

「いったい、いくらしたのやら……」

 遺品を整理するまで、彼は知らなかった。儀堂の父も酒好きだったが、人並みというところだった。晩酌で一合飲めば、事足りるような人物だった。こんなもの舶来ものを嗜んでいたとは夢にも思わなかった……。

 コルク栓を開け、琥珀色の液体を注ぐ。一口飲むと、ほのかなピートが喉から鼻へ抜け、とろけるような甘みが後を引いてくる。冷えた身体に僅かだが熱が入った。

 儀堂はグラスを置くと、読みかけの日記を閉じた。満州から父の遺体代わりに届けられた、遺品の一つだった。一番上の抽斗ひきだしへ戻すと、代わりにあるものを取り出した。

 書斎の窓から怪しい光が射してきた。雲間から満月が顔を覗かせ、儀堂の手に握りしめられた遺品を照らし出す。月の光を浴びて、黒く輝いていた。

 独逸ドイツの自動拳銃ルガーP08、これも父の形見だった。どういう経緯で手に入れたか不明だが、戦利品らしい。

 儀堂の父は満州で戦死していた。彼の父は大陸の荒野、そのどこかに眠っている。あの日、黒い月と魔獣が全世界を蹂躙した日、彼の父は満州で味方の撤退を支援するため殿をつとめた。大よそ一週間にわたる遅滞防衛戦を続けた末、彼の父は命と引き替えに義務を全うしていた。父の遺品を届けたのは、戦友の大佐だった。確か東島ひがしじまという名だった。

 東島は一冊の日誌と、一丁のルガー、そして一振りの軍刀を戦友の息子に手渡した。

 書斎の窓から月を望む。雲は晴れ、満月が冷たい光を放っている。

 そうだ。
 ……あの日もこんな夜だった。

 彼が家族の遺体食い残しと対面した日も、こんな冷たい月に照らされていた。

 これまで何度思ったことだろうか。

 あのとき海軍兵学校ではなく、陸軍士官学校を受けていれば。
 あるいは海軍省の人事局へ陸上勤務を申し出ていれば。
 せめて、疎開先から動くなと手紙を出していれば。

 この家は冷たくならずに済んだのかも知れない。

「あのときオレが――」

 儀堂は改めてルガーを握りしめた。猛烈な誘惑に駆られた。こめかみに銃口を押し当て、静かに目を閉じる。これまで幾度となく繰り返された儀式だった。しかし、一度たりとも引き金を引くことはなかった。

 もとより死ぬつもりは無い。

 自分はいつでも家族の下へ飛び立てると、そう自身へ言い聞かせる儀式だった。

 やがて呼吸が整えられ、鼓動が静かになっていくのを感じる。精神の平衡が回復されていく。

「まだだ」

 まだそのときではないと唱え、この儀式の幕は閉じる。

「まだ、そのときでは――」
「みぃつけた」

 不意に儀式は中断したのは、少女の声だった。

「なっ……」

 目を開ければ、窓の外、庭に月を背負って少女が立っていた。艶めかしいフォルムから、一糸まとわぬ姿だとわかる。

 影で顔は見えなかったが、彼はその形状シルエットに見覚えがあった。極めて特徴的な器官二対の角が額から生えている。儀堂の記憶の中では、ただ一鬼いっきしか当てはまらぬ存在だった。

 彼は書斎の椅子から立ち上がると、窓を開けた。

「お主だな。あの日、妾を堕としたのは」
「その通り」

 少女は満足げに嗤ったようだ。

「会いたかったぞ」
「奇遇だね。実は私も君に会いたかった」

 角の生えた少女は小首をかしげた。心外だったらしい。儀堂は構わず続けた。

「どうしても聞きたいことがあったんだ」
「ほう、聞きたいこととな」

 面白げに彼女は応じた。

「二つばかりある。ひとつ、あの黒い月の中身は君だったのか? ふたつ、あの日現れた魔獣どもは君がけしかけていたのか?」

 少女は視線を逸らし、少しばかり考えたようだ。そして結論を出すと、改めて儀堂の顔を見据えてきた。

「是か非で応えるならば、二つとも是だな。あの黒い月は妾であり、それよりでた獣は妾の手によるものだ」
「なるほど、誠にありがとう」

 満足げに肯き、儀堂はルガーの引き金を引いた。もちろん自分では無く、目前の鬼に向けて。


「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く