話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

月下の邂逅(Moonlight rendezvou) 4

【東京 ???】

 夕闇の中、焼け野原の街を走っていた。

 息が切れるのも忘れ、ただ走っていた。

 そのとき世界は混沌と惨劇に彩れていた。

 鼻をつく腐臭、甲高い乳飲み子の鳴き声、母を求める幼子、あるいは子の亡骸に子守歌を聴かせる母、狂ったように笑いながら千切れた伴侶の手に頬ずりをする夫。

 戦禍に揉まれた人々の波、それらをかき分けながら儀堂は走っていた。

――違う、嘘だ! 手違いだ!

 それは儀堂の願望だった。叶わぬ願いだった。

――そんなはずはない!

 そうだ。父の計らいで小倉こくらへ疎開したと聞いていた。それがまさか東京へ戻ってきているなど、あるはずがない。

 それも、あの黒い月が現れた東京に……!

 やがて儀堂は運命へ辿り着いたとき、夜の帳が完全に降りていた。

 彼は赤い門をくぐった。敷地内のいたるところでドラム缶に焚き火がくべられ、暖を取ろうとする人々が取り巻いている。

 東京帝国大学、そこは臨時の野戦病院として使われていた。

 儀堂の応対をしたのは、そこの医学生だった。

 彼は『儀堂』の名を聞くと、血痕が染みついた帳簿を取り出した。

 弱々しい白熱球の灯の下でページをめくられていく。早くしろと叫びたくなるのをようやく堪える。

 やがて、ある頁でその学生は手をとめた。

 顔を上げた瞳には虚無と憐憫が映し出されていた。

「お気の毒ですが……」

 枯れた声で絞り出すように言い、彼は儀堂を大講堂へ案内した。内部は冷たく静まりかえり、二つの足音が木霊していく。

 前を歩く学生が何事かを言っているが、儀堂の耳には聞こえていなかった。彼は、この静寂に押しつぶされつつあった。

 講堂内は、大小さまざまな塊で埋め尽くされていた。それらは白い布やムシロで包まれているものもあれば、そのまま無造作に放置されているものもある。

 幽鬼のようにゆらゆらとした足取りで儀堂は講堂の奥へ進んだ。やがて、ある一角で学生の足が止まる。
 白い塊が三つ、寄り添うように横たわっていた。どれもやけに小さい塊だった。二つとも抱えて持ち上げられそうなほどの大きさだ。

「こちらが、ご家族です」

 不意に学生の声が聞こえるようになった。

「その、どうかお気をしっかり……」

 学生は白い布をゆっくりと剥いだ。

 彼の精神を不可逆的に歪ませた瞬間だった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く