話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

南雲機動部隊(Nagumo task force) 2

 儀堂ぎどう少尉が戦艦<比叡>―南雲機動部隊隷下―に着任したのは、彼自身にとって想定外の出来事だった。本来ここにいるべき士官は儀堂では無かった。しかし、その士官が盲腸炎にかかってしまい、やむなく代わりに儀堂へ辞令が下ったのである。

「ようわからん」

 正直なところ、儀堂はなぜ自分が<比叡>に配属されたのか全く理解できなかった。彼は江田島海軍兵学校を出て1年も経たぬ新米士官だった。成績も平均的で、ハンモックナンバー卒業時の席次で飛び抜けていたわけではない。それがこんな重要な任務に参加している。何かの間違いではないかと思った。もっと彼よりも経験豊富で適切な人材がいるように思えてならなかった。

 特に彼の専門となる砲術科は、戦艦の中では花形配置のはずだ。砲術は文字通り砲の射撃管制を行う配置だった。中でも戦艦の主砲は前部艦橋の最上部、射撃指揮所と呼ばれる区画で行われる。そこはまさに砲術のエリートにのみ許された聖域だった。

 さすがに新任の儀堂に任されていない。今、彼がいるのは後部艦橋、その上部にある見張所だった。彼の役職は、ここの分隊長だった。

「わからんことだらけだ」

 兵学校へ入校以来、海軍に抱き続けていた儀堂の印象だった。別段不満ではないが、納得しているわけでも無かった。わからんと言えば、もう一つわからんことがあった。南雲中将のことだった。儀堂の知る限り、南雲は水雷が専門で航空は埒外のはずだった。それが航空艦隊の指揮をとっている。これもよくわからなかった。

 指揮官が全てに通じる必要は無い。そもそもそんなことをいい始めたら参謀の意義がなくなってしまう。ただ、それにしても航空機を全く知らない人間に、果たして航空戦の指揮が務まるのかはなはだ疑問ではあった。

「まことに海軍ってやつは、わからんことだらけだ」
「少尉、どうかしましたか?」

 背後にいたのは、当直の田上兵曹だった。儀堂が指揮する班の先任下士官だ。

「ああ、田上たがみ兵曹。いや、海軍ってヤツはつくづく不思議なもんだと思ってね」

 儀堂は自分の疑問をかいつまんで説明した。ただ南雲中将に対する見解は省いた。

「少尉もまた妙なことを言いますね」

 苦笑交じりに、田上は自分の息子ほど歳の離れた若い上官へ答えた。その口調には親しみがあった。人によっては敬意を欠いた印象を抱くかもしれない。

「そうかな?」
「そうですよ。だって世の中テメエのわからねえもんばかりでさあ。特に軍隊は不条理と理不尽の掃きだめみたいなもんですぜ。いちいち気にしていたら日が暮れちまいます。だいたいわからねえことで言ったら、少尉だってなかなかなものですよ」
「え? 何がだい?」
「親父さん、陸軍の大佐でしょう? なんでまた陸士陸軍士官学校ではなく海兵海軍兵学校へ? よく許してくれましたね?」
「まあ、色々とね」

 許されたわけでは無かった。儀堂が海兵へ行くと告げた夜、彼ら父子は人生初の喧嘩を行った。そして大口論の末、儀堂の父は彼を殴りつけた。生まれて初めてのことだった。以来、彼は実家へ戻っていない。

 儀堂は父のことを恨んではいない。むしろ感謝すらしている。儀堂家の長男として十分すぎる教育の機会を与えてくれたからこそ、儀堂は海兵の門戸をくぐることが出来たのだ。彼が帰省を拒むのは、ただただ彼の父のことが理解できなくなったからだ。

――なぜだ。

 儀堂の父は陸軍将校としては開明的で、進歩的ですらあった。彼の父は息子の将来を限定せず、陸士においては推奨すらしなかった。いや、遠ざけていた節すらあった。だからこそ、儀堂は理解できなかった。あの柔和な父があれほどまで怒り、彼を殴りつけるに及んだのはなぜか。

――親父か……元気だろうか。

 彼の父も否応なくこの戦争で義務を果たさねばならないだろう。可能ならば前線では無く、後方にいて欲しかった。風の噂では満州にいるそうだが、彼の父に何かあれば母と姉妹は苦労することになるだろう。儀堂自身、このいくさにおける命の保証は無いのだ。

 儀堂の表情から、自分が土足で心に踏み込んだのがわかったらしい。田上は恐縮に満ちた面持ちで頭を下げた。

「すみません。どうもあたしのおしゃべりが過ぎたようで……」
「別に気にすることはないよ。さあ、無駄話はここまでにしようか」

 愛想笑いを浮かべながら、儀堂は双眼鏡を手にした。彼のいる見張所の任務は、文字通り空を見張ることだった。もちろん、それだけではない。敵航空隊の攻撃に際して、艦橋の防空指揮所へ敵機の侵入路を伝える役目もあった。しかし、今のところ見張りに専念すれば良さそうだった。敵影は見えず、艦隊は第二次攻撃隊の発艦に取りかかりつつあった。

 儀堂は規定通り、周辺の空域を双眼鏡で捜索すると、そのまま<赤城>の飛行甲板へ目を向けた。南雲中将の居る<赤城>は<比叡>の1万メートル後方にあった。つい先ほど艦内放送で儀堂は第二次攻撃隊の発艦が始まったことを知った。双眼鏡には、飛行甲板で発艦準備中の機体の列が見えた。灰色の機体、零戦二一型だった。

「おかしいな。予定よりも発艦が早くないかい?」
「さっき言ったじゃないですか。わからないことだらけだって」
「いや、それにしてもおかしいぞ。第一次攻撃隊の戦果報告がまだなのに……」

 本来なら第一次攻撃の戦果報告を待ち、ハワイの状況を確認してたから第二次攻撃が開始されるはずだった。この作戦で確実な戦果を望むためならば、そうすべきだった。

 儀堂は嫌な予感を覚え、流れるように双眼鏡を<赤城>の艦橋上部へ向けた。その途中で思わず、あっと声を上げた。

「どうしたんです?」
 半ば呆れ気味に儀堂を見た田上だったが、彼も同様の声を漏らした。
「なんです、ありゃあ?」

 <赤城>の上空に突如黒い球体が出現した。それは<赤城>を影で覆い尽くすほど巨大で、艦橋より数十メートル上空で静止している。儀堂のみならず、南雲機動部隊の将兵全員が呆気にとられていた。あまりにその球体は場違いで、突拍子も無く唐突なものだった。

 球体は怪しい紫色の光を放ち、それは真昼の太陽を打ち消すような輝きだった。ふと儀堂は思った。まるで黒い月だ。

 黒い球体はふわりと蛇行するように動き始め、<赤城>の上空を通り過ぎるとちょうど艦隊中央で再び静止した。

「あんなの見たことねえ。少尉、あれはアメさんの兵器ですか? あたしは白昼夢でも見ているようですぜ」

 田上はうわずった声だった。一方、隣の少尉は対照的にずいぶんと落ち着きを払っている。

「合衆国があんなものを作ったとは聞いていないなあ」

 間の抜けたとすら感じれる返答だった。

「はっきりしているのは……あれがうちらの味方じゃないってことだね」
「じゃあ、敵ですかい?」
「それは間もなくわかるんじゃないかな」

 艦内が慌ただしくなるのを感じた。恐らく通信班が全周波数を使い、あの球体とコンタクトを取ろうとしているのだろう。そのうち水兵の1人が手旗を持ってきた。直感的に儀堂はあの球体が、自分の居る世界と根本的に異質なものだと感じていた。果たしてこちらの意思疎通手段がそのまあま通じるのだろうかと思った。

「田上兵曹、ここを頼む。あれの動向を注視しておいてくれ」
「少尉はどちらへ?」
後部射撃指揮所へ連絡をとる。すぐ戻るよ。もし異変があれば……」

 異変が起きたのはそのときだった。黒い球体から無数の光弾が無秩序に放たれ、周辺海域の艦船へ着弾、各所で小規模な爆発が起きた。<比叡>も例外では無かった。船体各所で断続的な爆発音が響く。その中には、儀堂がいる前部艦橋も例外では無かった。儀堂は真上からの爆風を受け、昏倒した。

=====================

衛士えいし、起きなさい』
『衛士さん、起きて』
『兄さま!』

 不意に誰かに名前を呼ばれ、意識が浮上していく。

――母さん? いや姉さん? それに真琴まこと

 母と姉妹の声かと思うが、すぐに幻聴とわかる。
 実際に彼の意識を急浮上させたのは、裏返った怒鳴り声だ。両頬が強烈な痛みを感じている。どうやらビンタされていたらしい。目の前には険しい顔をした士官が居た。たしか主計科の大尉だったはずだ。

「おお貴様、目が覚めたか」

 大尉は続けて、怪我はないかと尋ねた。儀堂は特に問題ないと答えた。強いて言うならビンタのおかげで口内が切れたくらいだが、黙っていた。

「ここは……」

 どうやら後部射撃指揮所のようだ。しかし、以前見たときよりも随分と風通しがよくなっていた。あの光弾の直撃を受けたらしく壁に大きな破孔が生じていた。衝撃的な光景だったが、儀堂は落ち着いていた。彼に胆力があったわけではない。覚醒したばかりで、現実をよく認識し切れていなかったからだ。

「よし貴様、立てるな。ではここの指揮は任せたぞ」

 大尉は何の説明も無く告げた。ささやかな苛立ちを感じる。
 この人は何を言っている? ここの指揮を任せただと?

「少し教えてください。何が起きたんです?」
「ああ、すまん。敵の直撃を受けてな。後部射撃指揮所は全滅だ。幸い機器はまだ生きておるみたいだがな」

 光弾の直撃で後部艦橋の一部が損傷、その破片により多くの兵員、士官が殺傷されたらしい。

「ここを任せられる適当な鉄砲屋砲術士官は、貴様しかおらんのだ。何せ、前檣楼《ぜんしょうろう》前部艦橋も手ひどくやられた」

 どうやら前部艦橋の射撃指揮所も深刻な被害を受けたららしい。事態をあらかた飲み込んだ儀堂はあることに気がついた。そうだ。他に生き残りは? 田上兵曹は?

「観測所の班員はどうなりましたか? 自分以外にも……」
「死んだ。生き残りは貴様だけだ」

 大尉はそれだけ告げると、自分の持ち場へ戻っていった。彼には死傷者の算出という重要な任務が残っていた。


「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く