話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

9-2

9-2

「どういうことだ、ウィル?」

「あの、ついさっき気づいたんですけど。ここのお墓、なんだかいろんな人の“想い”、みたいなものがたくさんあるんです。桜下さんたちは気づきませんか?」

気づきませんかって言われても、想いなんか見えるわけ……あ!?今、なにかがちらっと光った!火の粉かとも思ったが、違う。さっき見えたのは、淡いブルーの光だったからだ。

『ヒンキーパンク……!』

「は?アニ、ピンク、なんだって?」

『ヒンキーパンク、死者の眠る土地に現れる鬼火の一種です。ここが墓場で幸運でした。死者の想念が火の玉として現れるタイプのアンデッドですが、これを主様の魂の代わりにぶつけてやれば、竜の怨念を弾き出すことができるかもしれません!』

「ほんとか!でかしたぜウィル、それじゃあ早速……」

俺はそこまで言いかけて、急に勢いを失った。なんでかって、自分の能力のことは一番自分がよくわかってるから。今までの経験則から、この作戦の欠点に気づいたんだ。

「桜下さん……?」

「くそ、このままじゃダメだ。そのピンクなんとかをぶつけるとしても、魂をそんなに早く投げつけることはできないんだ。動き回る相手に正確にぶつけるのは難しい。しかも、これだけ数が多いんじゃ……」

「そんな……あの人たちが全員、棒立ちで待ってくれるわけありませんよ」

フランは俺の手を振りほどくと、言い聞かせるように強く言い切った。

「一人ひとり、なぐって動けなくするしかないよ。ちょっと荒っぽくなるけど、全員半殺しにするよりはマシでしょ」

フランの口調は村人たちへの怒りというより、仲間の身を案じる気持ちが込められていた。これ以上駄々をこねている時間もない。俺がそれでいこうと口を開きかけた、そのとき……

「あの人たちの動きを、止めればいいの?」

予想外の声に、俺はびっくりして振り返った。今までずっと黙っていたライラが、おもむろに口を開いたのだ。

「ライラ?そうだが、それは俺たちに任せてくれれば……」

「ライラ、できるよ。あの人たち全員、ケガさせないで動けなくすること」

え?俺は面食らった。ライラは俺たちの話し合いを全部聞いていて、それを理解したうえで協力を名乗り出ているらしい。だが、本当に信用できるのか?俺たちとライラはつい数時間前までは敵同士だった。俺たちのむやみな殺しはしないという方針も、彼女は理解していないかもしれない。もしかしたら、炎で村人たちの足を焼きつぶして動きを止める気なのかも……

「キキイイィィィィ!」

そのとき、奇声を上げながら一人の村人が、槍を振りかざしてこちらに迫ってきた。ついに炎を克服し、俺たちのもとへたどり着いたんだ。エラゼムが剣を構えて応戦する。

「桜下殿!じきに奴らに囲まれます、ご決断を!」

「……わかった!ライラ、お前を信じるぜ。ウィル、フラン、エラゼム、俺たちの準備が整うまで時間を稼いでくれ!」

「うん!」「はい!」「わかった」「御意に!」

ライラはすぐさま目を閉じると、今までアニやウィルが発したこともない、長くて複雑な呪文を唱え始めた。よし、俺も急ごう!

「墓場に眠る魂たちよ、聞いてくれ!俺は、あの村人たちを救いたい!お前たちの力を貸してほしいんだ!」

俺の呼び声に、応じたのかどうかはわからない。しかし墓場のあちこちから、ゆらゆらとはかなく光る火の玉が集まってきた。

「アニ、この火の玉、触っても熱くないかな……?」

『ヒンキーパンクは幻想の炎ですから、やけどすることはないはずですよ』

「わかった。ようし……」

ここからが一苦労だ。これだけの人魂を、一体一体ディストーションハンドで仲間にしていかなければいけない。背後からはフランたちが戦う音が聞こえてくる。ここで時間をかけるわけには……そのとき俺の中に、一つのアイデアが浮かび上がった。

「試す価値ありだな……よし、いくぞ!ディストーションハンド!」

ブワァー!俺の右手が輪郭を失い、陽炎のように揺らぐ。俺はその手を、集まった火の玉たちの中に突っ込んだ。とたんに火の玉が桜色に変わり、ぽんと小さな音を立てる。いつもならこれで終了だが、俺は右手に魔力を込めることをやめなかった。

『主様……?』

「もっとだ……!もっと、広がれ!」

ブオォォォ!右手から広がる霊波は、波紋のように広がり、無数の火の玉たちをすっぽりと包みこんだ。すると霊波に触れた火の玉たちは、いっせいにポポポンと桜色に姿を変えた。

「はぁ、はぁ、やったぜ!いっぺんに仲間にできた……」

『主様、大丈夫ですか!?無茶をしないでください、すさまじい魔力を放出していましたよ』

「へーきだって。前に、アニが言ってたじゃないか。俺の能力の範囲が拡大してきてるってさ。だから俺、いけるんじゃないかと思ったんだ……」

しかし、これはずいぶんパワーを使うらしいぞ。今はちょっと足がふらつく程度だけど、アニの言う通り、乱用は控えたほうがいいな。

「よし。俺のほうは準備できたぞ!ライラ、お前はいけるか?」

「……詠唱完了!撃てるよ!」

「わかった!フラン、エラゼム!」

俺が大声で叫ぶと、フランとエラゼムは村人たちからさっと離れ、ライラの魔法の射線をあけた。

「ライラ!頼む!」

「ヴィントネルケ!」

ピュウウゥゥゥ!突然、墓場のあちこちでつむじ風が巻き起こった。風は暴れる村人たち一人一人に巻き付くと、みんな宙に吹き上げてしまった。村人たちは訳がわからず空中でジタバタもがいているが、風の鎖からそんなんで逃げられるわけはない。木の葉のように踊るだけだ。

「す、すげぇ。ライラ、きみは本物の魔法使いだ……」

俺は宙をくるくると舞う村人たちの集団を見上げて、呆気にとられながら言った。こんなに大規模な魔法は初めて見た。しかも正確に村人だけを、一人も取りこぼしなく狙っている。素人目にも、これってすごいと分かるくらいだ。

『主様!ボサっとしてないで、ヒンキーパンクを!』

「おおっと、そうだった!」

まだ最後の仕上げが残っている。俺はヒンキーパンクたちを右手に集めると、空中で身動きが取れない村人たちへ狙いを定めた。

「お前たちは俺の考えを理解して、協力してくれたんだと思ってる。だから、あとは頼んだぜ。あいつらの呪いを解いてやってくれ」

火の玉たちに呼びかけると、桜色の霊魂たちは、うなずくように震えた。俺は右手を大きく振りかぶった。

「いっけええ!」

ヒュルルルル!
ヒンキーパンクたちは、俺の手に押し出されるように、いっせいに村人たちに向かってすっ飛んでいく。
パーン!
桜色の火の玉は村人の体に命中すると、ピンクの花火のようにはじけた。魂の一撃を食らった村人たちは、一瞬呆けたように身を固くし、すぐにぐにゃりと動かなくなる。
成功か?少なくとも、もう暴れる様子はない。

「ライラ、あの人たちを下ろしてやってくれ。たぶん、もう大丈夫だと思う……」

ライラはうなずくと、短く呪文を唱えた。すると風が徐々に弱まり、村人たちは地面の上にどさどさと落っこちた。わ、ちょっと痛そう……しかし、村人たちは地面に倒れたまま、ピクリとも動かなかった。

「うまく、いったんだよな……?」

「大丈夫、息はしてるよ。気を失ってるだけ」

フランが一人に近づき、様子を見ながら言った。よかった、とりあえず呪いを抑えることはできたみたいだな。

「それなら、後は……村長!お前だけだ!」

俺が声を張り上げると、目の前の光景に棒立ちしていたヴォール村長は、びくりと跳ね上がった。

「ば、馬鹿な!どうやって……お前たち、よくもわが村の住人を殺してくれましたね!」

「なにぃ?誰が殺したりするもんか!だいたい、こいつらを操ってたあんたに言われたくないぞ!」

「黙りなさい!全員動かなくなってしまったじゃないか!この人殺し!」

「ぐぁー、話にならない!もういい、アンタそこに居ろ!その身に直接わからせてやる!」

俺が肩を怒らせながら一歩足を踏み出したとたんに、ヴォール村長は一目散に墓場から逃げ出してしまった。そのあまりの素早さに、俺はののしりすら出ず、ぽかんと口を開けるばかりだった。

「……呆れたもんだ。自分で戦おうって気は万に一つも起きないらしい」

「桜下殿、いかがいたしますか?きやつを追いましょうか」

「うん、そうしよう。あの竜核ってのがある限り、またおんなじことが起こるかもしれない。あれをそのままにしとくのは危険だよ」

「承知しました」

エラゼムがうなずく。あんまり深追いはしたくはないけど、さすがに見て見ぬふりはできないだろ。あの竜核をぶっ壊すために、俺たちは村長を追ってサイレン村へと走った。


つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く