話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

10-1 それぞれの夜

10-1 それぞれの夜

「……なあ、フラン」

「なに」

フランはそっけなく答える。俺はフランの肩に鼻を押し付けると、もごもごと続きを口にした。

「フランは、楽しいか?」

「は?」

おっと、遠回しすぎる言い方をしてしまった。ちょっと臆病になってしまったな。

「今この状況が、ってこと?これが楽しい人はいないと思うけど」

「あいや、違くて。その、こうして一緒に旅をするようになったけどさ。結構、フランには面倒かけちゃってるなーって。それも、ほとんど俺が原因だったりして……」

「……?つまり、わたしが後悔してないかってこと?今こうして、一緒にいることを?」

「……まあ、そういうことだけど」

フランは賢いなぁ。俺が言いたいことを、すぐ言い当てられてしまった。柄にもなく、ちょっと不安だったんだ。
フランは前を向いたまま、もくもくと歩き続けている。倒木をまたいだ拍子に俺がずり落ちそうになったので、フランは背中をゆすって俺を担ぎなおした。なんか、フランの子どもになった気分かも……自分より年下の母ちゃんか、へへ。

「……別に」

「うん?」

「わたしは、自分の未練を探すっていう目的もあるし。自分ひとりじゃわからないから、こうして誰かと一緒に旅をできるのは無駄じゃないと思っている」

「そ……そっか。うん、そうか」

「それに……」

それに?フランは口ごもると、ぼそっとつぶやいた。

「約束、したから……」

約束?フランとはいろいろ約束を交わしたと思うけど、どれのことを言っているんだろう。けど、フランなりに自分の意思で仲間にいてくれているのがわかって、ほっとした。

「じゃあさ。君はどうだろう、ウィル?」

俺は首を持ち上げると、頭上を飛ぶウィルを見上げた。

「私、ですか?それは、フランさんに聞いたのと同じ内容で?」

「ああ。ウィルを仲間に誘ったとき、俺たちは気楽な集団だって言ったじゃないか。けど、今日みたいなごたごたに巻き込んでいたら、それも嘘になっちまうなって」

ウィルはすすすっと下りてくると、俺のすぐ横に並んだ。

「まあ、確かにそうですね。自由気ままな旅とは違うとは思いますけど……でも、桜下さんだって騙すつもりはなかったんでしょう?」

「そりゃあ、俺だって先のことはわからなかったけど。だからこそ、無責任だったかなって」

「そうですねぇ。桜下さんったら、自分から危険に首を突っ込んでいくし、変なところで強気だったりするから、見ていてひやひやするっていうのはありますね」

「あ、そうね……」

「くす。でも終わってみれば、達成感というか、やり遂げたなーって気がして、それは悪くないかなって思います。みなさんといるのも楽しいですし」

「そ、そうか?」

「だいたい、桜下さんが勇者であることを隠してるって時点で、こうなることは想像してましたよ。予想の範疇です」

「そ、そうなのか?」

「はい」

なんだ、気にしていたのは俺だけか?この流れで、もう一人にも聞いておこう。

「エラゼムはどうだ?今日は、ずいぶん大変な役目を押し付けちゃったけど」

「何をおっしゃいますか、桜下殿。あれしきのこと、大変の内にも入りません。そうでなくても、桜下殿には城の皆を開放していただいた大恩がありますからな。骨身は惜しみません」

「あれは、成り行きというか……ぶっちゃけるとさ、最初は城のお宝が目当てで忍び込んだんだぜ」

「しかし桜下殿は、吾輩の言葉を聞き入れてくれたではありませぬか。城の財貨には手を付けず、すでに過去の存在である我々に憐憫れんびんの情をかけてくださった。信頼を寄せるには、それで十分ではありませぬか?」

「けど……エラゼムには、城主の行方を探すって目的もあるだろ」

「ああ、そちらの方ですか。それはこうして旅をすること自体が、すでに行程の一部でありますから」

「うん?旅をしていれば、おのずと見つかるだろうってことか?」

「ええ。多少推測の余地こそあれど、メアリー様はほとんど後白浪ゆくえしれずです。なにせ百年も前のことですからな……各地で、根気よく当たるしかないと思っております。その点、一つ所にとどまらないこの旅は、吾輩には好都合なのです。桜下殿からしたら、はた迷惑な話かもしれませぬが」

「そんなことはないけど……じゃあ、今回はあまり聞き込みができなかったんじゃないか?」

「いえ、そうでもありません。誠に勝手ながら、実はすでに捜索と聞き込みをしておりました。夜に町を出歩いた時と、宿で主人たちに話を聞いた時です」

あ~、なるほど。あれ、そういう意味もあったのか。

「……なーんだ、みんな案外、自由にやってるんだな」

「くす。気にしすぎなんですよ、桜下さんは。好きじゃなかったら、一緒にいるわけないじゃありませんか」

ウィルがにこりと笑う。こいつらとの出会いは、いつも俺の能力ネクロマンシーが関わっていたからな。無意識のうちに、無理やり付き従えたというイメージが付きまとっていたのかもしれない。

「そっか。それは、なによりだな……」

俺はぶっきらぼうにぼそっとつぶやくと、フランの背中に顔をうずめた。なんだかこっぱずかしくなってしまったのだ。小さいことを気にして、バカみたいじゃないか。

(でも……)

不思議と、心は穏やかで、満たされた気持ちだった。いままで味わったことのない、不思議な感覚……

(うん。もう迷わない。みんなを信じて、俺を信じていこう)

うじうじするのは、もうやめだ。今日、フランが言ったとおりだ。無いものをねだるより、今あるものを大事に育てるんだ。もっとみんなを楽にできるように。もっと俺の野望を実現できるように。

(もっと、強くなるんだ)

フランが歩くたびに、背中はゆりかごのように揺れる。俺はいつの間にか眠ってしまったらしい。俺の意識はすぅっと溶けて、心地のよい眠気の中に沈んでいった。



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く