話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

9-3

9-3

「うわあぁぁ!」

「桜下殿、お待たせしました……ん?」

へ?川の中から現れたのは、巨大な剣を背負った鎧の騎士……え、エラゼム?

「エラゼム、なのか?」

「はい。遅くなり申し訳ありません。エラゼム・ブラッドジャマー、ただいま帰還いたしました」

エラゼムはざぶざぶと水から上がると、俺の前に片膝をついた。エラゼムの鎧のすき間からは、水がぴゅーぴゅーとふき出している。体のところどころには水草が引っかかっていた。

「な……なんで、川の中から?ひと泳ぎしたくなったってわけじゃないよな?」

「あいにくと、泳ぎは不得手でして……それでこれだけ時間がかかってしまったのですが。追っ手を撒くために、川底を歩いてきたのです」

「はぁ?川を、歩く?」

「はい。陸で撒けるなら、それに越したことはなかったのですが……さすがに馬には勝てませんでした。そこで隙を見てステュクス川に飛び込み、ここまで水中を進んできたのです」

な、なるほど……じゃあ、エラゼムが言ってた秘策ってのは、これのことか。呼吸がいらない、アンデッドならではだな。

「けど、ずいぶん距離があっただろ。とりあえず、お疲れさま」

「ありがとうございます。しかし、桜下殿。もし可能であれば、今夜はいましばし移動を続けてはいただけないでしょうか」

「へ?けど、もう真っ暗だぜ。追っ手だって、さすがにもう来れないんじゃ……」

「いえ、奴らがその気なら、たいまつを灯して夜通しでも走ってくるでしょう」

あ、そらそうか。火をつけりゃ夜でも走れるし、相手は馬に乗っているかもだもんな。しかし、フランはそれに対して首を振った。

「けど、さっきまで見てたかぎりじゃ、たいまつは見えなかった。少なくとも、十バイキュビット付近にはいない」

(十バイキュビットってどんくらいだ?)

俺はこそっとアニにたずねた。

『約五キロメートルです』

ひゃー。フランは五キロ先が見えてるってことか。すごい視力だ。

「うむ。奴らも、目につく形ではこちらを追跡できぬと踏んだのでしょうな」

「うん?どういう意味だ?」

「こちらの戦力を恐れているのでしょう。ウィル嬢とアニ殿の魔法が効いている証拠です。やつらは暗闇から魔法で迎え撃たれるのが怖くて、おとなしくしか移動できていないのでしょう」

なるほど。昼間あれだけ暴れてやったからな。連中が怖がっているのは、たぶんウィルだけじゃないだろうけど……

「じゃあ、すぐさま追撃はなさそうだな」

「ええ。しかしだからこそ、今夜のうちに奴らとの距離を稼いでおきたいのです。日が昇れば、奴らの移動速度もぐんと増すことでしょう。ですが夜のうちであれば、疲れを知らぬ吾輩たちは一気に突き放すことができる。桜下殿には窮屈な思いをさせることになりますが……」

「あ~……そういうことか」

唯一生身の人間である俺は、夜通しは歩けない。なら、代わりに歩いてもらえばいいわけだ。

「荷物は吾輩がもちましょう。フラン嬢なら夜目が利きますし、吾輩と違って肌も柔らかい」

「ってわけなんだけど……いいか、フラン?」

「ん。わかった」

フランはうなずくと、俺の前にかがみこんだ。昼間に引き続き、フランの背中に負ぶさることになるとは。

「いや、まだいいよ。もう少しは歩けそうだ」

「けど、前が見えないじゃん」

「多少は星明りがあるし……アニ、お前で照らせないか?」

『了解しました。光量を絞って、遠方から見えない程度に光を出しましょう』

アニはぽっと青く光ると、光を絞って、目の前の地面だけを照らし出した。これなら何とか歩けそうだ。

「よし、じゃあもうちょっと移動しようか。ウィルは大丈夫か?もう動けそう?」

「ええ。もうずいぶん良くなりましたから」

ウィルは薄く笑いながらうなずいた。

「んじゃ、行こう」

俺たちは夜の川岸を、しずかに歩き始めた。先頭はフランが行き、彼女が踏み固めた芦の上を俺が歩いていく。しんがりはエラゼムがつとめ、ウィルは俺たちの少し上をふわふわと飛んでいた。河原は舗装された街道と違って、自然のままだから歩きにくくて仕方ない。芦原の中に突如現れる水たまり、大きな倒木、巨大な岩……そんなに時間はたっていないと思うけど、朝から走り回っていた俺は、自分が思うより早くばててしまった。

「ふぃー、結構きっついな」

額の汗をぬぐう俺を見て、エラゼムが心配そうに声をかけてくる。

「ご無理をなさらないでください。この足元の悪い中、さらに暗闇を進むのでは、体力の消耗は何倍にもなりましょう」

「み、みたいだな。ははは……」

強がって笑ってみたけど、声が震えてるな……フランは無言で俺の前にかがんだ。早く乗れ、と言わんばかりに。俺がおとなしくフランの背に身を預けると、フランは俺のカバンを勝手に漁り、なかから革ひもを取り出すと、自分と俺とをぐるぐる縛った。

「これで少しは楽になる、と思う」

「……ん、確かに。ずり落ちなくていいな、これ」

「眠くなったら寝ていいから。なるべく静かに歩くし」

フランはひょいと俺を担ぎ上げると、さっきと全く変わらない歩調で移動を再開した。人ひとり背負っているとは思えないな、まったく。俺はフランの首に手を回すと、彼女の肩ぐちに顔を寄せた。フランの髪からは、古い本のような埃っぽい香りがした。

(……今日だけで、何回フランに負ぶってもらったんだろうな)

街中を走り回っている間は、ほとんどフランの上で揺られていた。彼女の健脚は頼もしい。けど、少し頼りすぎだったかな。そもそも、俺が追われるような事にならなければ、こんな風に逃げ出す必要もなかったのかも……

(……いけね。ちょっとネガティブになってるな)

夜も更けてきて、俺の脳みそもいい感じに疲れている。こういう時は、思考がドツボに嵌りがちだ。それについてはもう考えないことにする。
けど、俺はよくても、フランはどうだろう。彼女はこの旅のことを、どう感じているんだろうか。気になりだすと、もうにっちもさっちもいかなくなる。俺は我慢できず、小声でフランに話しかけた。



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く