話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

6-3

6-3

「アニ。前にやった閃光の魔法、また頼めるか?」

『はい。とりあえず、私を出してもらえますか?こうなっては、隠してもしょうがないでしょう』

「おっと、そうだな。はいよ」

俺は服の下からアニを取り出す。アニは小刻みに震えながら、早口に段取りを告げた。

『何度も言っていますが、私の魔法はこけおどし、大した威力はありません。それに王都から来た兵士の鎧は、おそらくAMAアンチ・マジック・アーマー仕様でしょうから、そもそも効かない可能性があります。そこで、幽霊娘』

「は、はい。私ですか?」

『連中は、あなたのことを認知できていません。言い換えれば、いつでも不意打ちが可能です。あなた、“ホウセンカ”は使えますか?』

「え?えっと、はい。できますけど……」

『では、私の魔法に合わせてください。完全に不意を突けば、かなり隊を乱れさせることができるでしょう。その隙をついて包囲網を脱出します。で、いいですか、主様?』

「よっしゃ。それでいこう。フランは前、エラゼムは後ろを頼めるか?」

「わかった」

「御意に」

「ちょ、ちょっと待ってください桜下さん!その後、ここを抜けてからはどうするんですか?」

「それはほら、抜けてから考えようぜ。今は時間がない。とりあえず、門を目指すぞ!」

『では、始めます。幽霊娘、続きなさい』

「あぁ~、もうもう!知りませんからねっ!」

アニとウィルが、同時に詠唱に入った。低いつぶやきが、輪唱のようにあたりにこだまする。

「ぬ!魔法を使う気だな!弓兵隊、奴を射よ!魔法を使わせるな!」

エドガーがバッと手を上げると、弓矢が雨あられのように降り注いできた。しかしエラゼムは巨大な大剣を頭上で振り回して、矢をすべて吹き飛ばしてしまった。

「なぁ!?」

「吾輩をなめるなよ。王都の騎士だからとて、引けを取る気はないわ!」

よし、いいぞ!その間に二人の魔術師は呪文を唱え終わった。アニの声が響く。

『フラッシュチック!』

パァー!まばゆい黄色の閃光がアニからふきだす。そこにウィルの声が重なった。

「フレーミングバルサム!」

バチバチバチ!ウィルの手から、はじける花火のような火の玉が飛び出した。火の玉は閃光に目を回した兵士たちの間を跳ね回り、あたりは騒然、大混乱となった。

「うわぁ!あ、熱い!あいた!」

「おい、どこを見てるんだ!危ないだろ!」

「お、鬼火だぁ!地獄から鬼火を呼び寄せたんだ!」

「落ち着け!大した威力じゃない、こけおどしだ!落ち着けって、ほら、よく見てみろ!」

ちっ、あの切れ目のヘイズとかいう兵士には、二人の魔法は効いていないようだ。リーダー格のエドガーや、他何名かの兵士は閃光にも目をやられず、ぎりっとこちらを睨み付けていた。

「小癪な真似を!この程度でわれらを倒せると思うな!」

「ちっ、しぶとい!とりあえず、ここから脱出しよう!フラン、エラゼム!」

俺が叫ぶと、フランが火の玉に慌てふためく兵士を蹴り飛ばして道を作った。だがそれを見てエドガーも声を張り上げる。

「門の前を固めろ!外にだけは逃がしてはならん!門を死守しろ!」

魔法を受けなかった兵士は機敏に反応し、門の前に集結した。フランが作ってくれた道は、あっという間に兵士たちにさえぎられてしまった。

『主様!あれを蹴散らしていては、他の者が立ち直ってしまいます!』

「それじゃ元の木阿弥もくあみだな!しょーがねー、作戦変更!いったん町中に逃げよう!」

俺が叫ぶやいなや、フランは一瞬で身をひるがえして、町のほうへと駆け出した。俺も必死にそのあとに続く。前はフランが道を作ってくれる。

「あ、逃げ出すぞ!撃て、撃てぇー!」

ヒュンヒュン!背後から矢が飛んでくるが、後ろはエラゼムが防いでくれる。矢はエラゼムの鎧に当たるか、振り回す剣に切り落とされた。

「フレイムパイン!」

ズゴゴゴ!そこに、ウィルの二度目の魔法が炸裂した。俺たちの後ろには燃え盛る炎の壁が出現し、追ってくる兵士たちを完全にシャットアウトした。

「ナイス、ウィル!でもどうしようか、このまま別の門に行くか!?」

『主様!とりあえず、人気のない路地に逃げ込んでください。いったん作戦を練りましょう』

「あ、ああ?けど……」

するとその時、実に悪いタイミングで、前方から別の兵士たちがやってきてしまった。あの信号弾を見て、集まってきたみたいだな。兵士たちは走ってくる俺たちと、その背後で燃え盛る火柱をみて、俺たちがホシであると決めつけたようだ。

「やつだ!やつを捕らえろー!」

「うひゃ、最悪だ!」

『主様、どこでも構いません!一瞬でいい、人目のない場所へ!』

「なにぃ!?くそ、わかった!フラン、こっちだ!」

俺は突撃しようとするフランを呼び止めると、すぐ横の路地に飛び込んだ。くねくねとした路地には、人っ子一人いない。よし、ここを突っ切れば……

「……!桜下さん、前っ……!」

「はぁ、え?……っ!おいおい、ウソだろ……」

なんてこった。俺たちが逃げ込んだ路地、その先は、行き止まりだった。周囲は高い壁に囲まれ、ほかに迂回できそうな道はない。

「くそ!戻って別の道に……」

「お待ちくだされ!桜下殿、追っ手がきております。ここで迎え撃ちましょう!」

く、本当だ。路地の奥から、ガシャガシャと騒々しい足音がする。これじゃ、逃げた意味がまるでないじゃないか。

『その必要はありません』

「え?アニ?」

突如アニはまばゆく輝くと、ぶつぶつと呪文を唱え始めた。

『……いまから、全員に魔法をかけます。決してその場から動かないでください……』

え?動くなっつっても、どうすんだ?兵士たちの足音は、もうすぐそこまで迫ってきている。この状況で有効な魔法ってなんだ?体を鉄の塊にでもする気かよ?

『カメレオンカラード!』

アニの声が響き渡る。しかし……何も起こらないぞ?俺は自分の手を見つめてみたが、普段と何も変わりない。これ、成功してるのか?

「アニ、これって……」

『動かないでください!もう兵士が来ます。いいですか、指一本動いてはいけませんよ』

そ、そういわれたって、どうすりゃいいんだ。このままじゃ……だが無情にも、兵士たちは俺たちの前方にやってきてしまった。ああ、こんな狭い路地に逃げ込んだばっかりに、また包囲される羽目に……

「あれ?おい、どこにもいないぞ!」

ん?

「そんな馬鹿な!別の道に逃げられたのか?ここにくるまで、脇道なんかあったか……?」

あれ?

「もしかしたら、見落としていた隙間でもあるのかもしれん。戻ってもう一度確かめよう」

おおお?兵士たちは、なぜか俺たちの目の前でくるりとUターンすると、元来た道をドカドカ戻って行ってしまった。ど、どうなってるんだ?


つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く