話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

1-2

1-2

「まあいい、ならこれで関所対策はオッケーだな。よしよし」

「あの、それなら桜下さん。ちょっと相談なのですが……」

「ん?なんだよウィル」

ウィルが折りいった様子で話しかけてきた。手をおなかの前で合わせて、もじもじしている。どうしたんだろう?

「ウィル?」

「あの……その馬具って、魔法の道具なんですよね?だったら、幽霊にも使えたりなんてことは……」

「へ?幽霊に?」

「む、無理ですよねさすがに。言ってみただけなんです、やっぱり気にしないでください」

「なんだよ、まだ何も言ってないだろ。ちょっと驚いたけど……」

けど、どういう意味だ?幽霊にも使えるかって、つまりウィルにも装備できるかってことだよな。どこかに鎧を着けたいのか?ウィルは相変わらずもじもじ、おなかの前で指をかみ合わせている……あ。

「ウィル、もしかしておなかの傷が気になるのか?」

「う……その、はい。やっぱりどうしても気になってしまって。もし、フランさんみたいに覆い隠せたらなって……」

なるほどな。ウィルの腹には、致命傷となった大穴があいている。崖から落ちて、折れた木に貫かれた際にできた傷だ。幽霊のウィルには痛みも、傷が広がることもないのだけれど、それでも自分の体に穴があいているのは気になるのだろう。そういえば、昨日フランの腕をくっつけた時も、そんなようなことを言っていたな。

「うん、事情は分かった。なら試してみようぜ」

「い、いいんですか?」

「おう。それに、俺の見立てでは、そんなに無謀でもないと思うんだよな。ウィルは物に触ることができるだろ。今も杖を持ってるわけだし。てことは、物側からウィルに触れることもできるんじゃないか?」

「あ……な、なるほど」

ウィルは自分の手の中の、ご両親ゆかりの杖を見下ろした。

「てことでウィル、とりあえずなにか持ってみてくれよ」

「わかりました。じゃあ、これを……」

ウィルは近くにあった魔道具の中から、蹄鉄を拾い上げた。蹄鉄は問題なくウィルの手元に収まっている。

「うん、やっぱり物は持てるんだな」

「そうですね。ただ……」

ウィルはその蹄鉄を、ブレスレットのように自分の手首に通した。そして瞳を閉じると、ふぅと息を吐く。すると……カランカラーン。

「あれ」

「やっぱり……落ちてしまいますね」

蹄鉄はウィルの腕をすり抜けて、地面に落っこちてしまった。ウィルは自分の手首を顔の前にかざした。

「たぶん、私が“持とう”ときっちり意識している間だけ、ものに触れられるんだと思います。ちょっとでも意識がそれると、さっきみたいにすり抜けちゃうんですね」

あ、それもそうか。ウィルはいままでも壁や床をすり抜けていた。ウィルがあらゆるものに触れられるなら、そんな芸当はできないはずだ。俺もウィルのことを突き抜けたこともあったくらいだし。だが逆に、俺がウィルに触れたこともあったぞ?

「……ウィル、はいターッチ」

「へ、は、はい?」

わけが分からない様子でおろおろするウィルをよそに、俺は手を差し出した。

「え、えっと。こうですか?」

パン。俺とウィルの手は、小気味いい破裂音をかなでた。

「う~ん、つまりこういうことかな。ウィルが触ろうと思ったものは触れるし、ウィルに触ろうと思ったものもウィルに触れられる」

「あ……そう、なんですかね。でも、確かにそうかも」

ウィルは自分の手のひらと、俺の手とを交互に見比べた。

「それかもしかしたら、ネクロマンスの力も影響あんのかもな。うし、ちょっと試してみよう」

俺はウィルが落とした蹄鉄を拾い上げると、それを両手で握ってぐっと力を込めた。そして、頭の中で強く念じる。

(ウィルに触れたい、ウィルに触れたい、ウィルに触れたい……)

……断じて変な意味じゃないぞ?
ともかく、そうして念じていると、蹄鉄がヴンっと、一瞬輪郭を失った気がした。

(あ、これ、ディストーションハンドの時の反応にそっくりだ)

これは、もしかするかもしれないぞ。俺は自分の清き想いがこもった蹄鉄を、ウィルに差し出した。

「ウィル、これならどうだ?」

「え?さっきと同じようにすればいいんですか?」

ウィルはいぶかしげな様子で蹄鉄を受け取ると、さっきと同じように手首に通した。それから目をつぶって、意識をそらしてみる。さて……

「……っ!見てください桜下さん、落っこちませんよ!」

蹄鉄は、ウィルの手首にしっかり引っかかったままだった。やった、もくろみ通りだ。

「おお、うまくいったな」

「けど、いったい何をしたんですか?」

「能力を使うときみたいに、力を込めて念じてみたんだ。よし、次はもっと大きなものにすれば、うまいこといくんじゃないか?」

ウィルの胴体を覆えるような、腹巻みたいなのがいいよな。俺は残りの馬具の中から、大きなドラム缶の輪切りみたいな馬具を持ち上げた。

「ほら、これなんかどうだ?ぴったりだろ」

「……桜下さん、私のウエスト、いくつだと思ってるんですか?」

「へ?」

お、俺だって、そのままでいけると思ってたわけじゃないぞ。形は近いから、あとはアニに成形してもらえばいいだろう。

「というわけでアニ、また頼めるか」

『わかりました。ではその前に、正確なサイズを教えてもらえますか?』

「は?サイズ?」

『ええ。それがわからなければ、成形のしようがありません。幽霊娘、ウエストのサイズを教えないさい』

「あー……だ、そうなんだけど」

「え、え?そんな、適当でいいですよ。だいたいで……」

『それで合わなかったら二度手間になるじゃないですか。私に二倍の労力を割かせるつもりですか?いいから、早く教えなさい』

「…………」

ウィルは、唇をかみしめてぷるぷると震えている。ま、まるで爆発寸前の爆弾みたいだ。

「うぃ、ウィル?俺、ウィルはスリムだと思うぞ?」

「……うあぁー!黙っててくださいよぉ!」

うひゃっ。ちぇ、なんなんだ。平気で下ネタすれすれのことは言うくせにな?オトメゴコロってのは、俺の想像以上に複雑らしい。

「……いちキュビット、と、二十六ハンキュビットです……」

ウィルがそよ風のように小さな声でつぶやいた。

『ふむ……意外と肉付きがいいんですね』

「わあぁぁぁー!これでも村では細いほうだったんですからね!」


つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く