話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

3章 用語辞典

3章 用語辞典

【魔法】

●冥属性

・ディストーションハンド
右手を霊体化させ、アンデッドを使役する。

・ソウルカノン
霊力の塊を飛ばす。

・ディストーションハンド・ファズ
アンデッドの状態を巻き戻す。

●炎属性

・フレイムパイン
燃え盛る柱を地面から生やす。

・ファイアフライ
小さな蛍光色の火の玉を複数飛ばす魔法。

【その他】

・マナとヘカ
魔力を、より詳細に分割した呼び方。世界に普遍的に存在するマナと、その人の魂に由来するヘカの二種類がある。魔法はこれら二つの魔力を用いて使用される。

・ゲデン教
死と再生の神ゲデンを信仰する宗派。二の国では最も信者が多く、人気が高い。

・アダマンタイト
マナメタルの一種。輝くような白銀で、ダイヤモンドに匹敵するほどの硬度を持つ。ドワーフでなければ鍛錬は不可能とされる。

・マナメタル
魔力を含む鉱物。鉱物には大抵魔力が含有されているが、その中でもとりわけ純度が高く、強い魔力を持った鉱物がこう呼ばれる。

・三十三年戦争
大陸暦333年に始まった、人類対魔王軍の戦争の事。33年間の戦いの後に一旦終戦したものの、その後第二次の戦いが勃発、現在に至る。

・勇者ファースト
三十三年戦争時に召喚された、一の国ライカニール所属の勇者。歴代最強の勇者と呼ばれ、青い雷を操った。終戦時に戦死。

・コバルト山脈
岩石質の山脈。青い鉱物の影響で山脈全体が青く色づいて見える。マナメタルが豊富。

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く