話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

8-3

8-3

そのとき、エラゼムたちのまわりに、ふわふわと漂う影みたいなものが集まり始めた。それはやがて形を成していき……これは、あの時の騎士たち?それに下男や、女中の姿も見える。

「お、お前たち……」

エラゼムが震えた声で語りかけると、騎士の一人がにっと笑った。

「隊長殿、なんて情けない声を出しているのですか。まさかわれらの顔を、忘れたわけではないでしょうな?」

「もちろんだ。あの日から忘れたことなどなかった。あの日、吾輩はお前たちを見捨てて……」

「見捨てた?はて、何のことをおっしゃっているのか」

「なんだって。吾輩が……」

「隊長殿は、城主様を助太刀にいかれただけでしょう。結果として間に合いはしなかったようですが、それは結果論というやつです。もし私が先に気づいていたとしても、隊長に行ってくださいと頼んでいました。そうだよな、みんな?」

騎士が振り向くと、ほかの騎士たちも次々にうなずいた。

「ほら。私たちがエラゼム殿を恨んでいるとお考えなら、それははなはだ間違いです」

「だが……吾輩は狂気にのまれてよみがえった後、手当たり次第に人を切り殺した。もしや、この城の人間にも手をかけたかもしれぬ。もしそうだとしたら……」

エラゼムがそうこぼすと、今度は下男と女中に明るい笑みが浮かんだ。

「エラゼム様。そのような事実はございませんわ。ここにいる者たちはみな、あの戦闘のさなかに命を落としたものばかりでございます」

「なに……それはまことか」

「ええ。死んだことは悲しいですが、みな山賊に殺された者たちばかりです。恨むのなら、賊を恨みますわ」

女中の言葉を聞いて、ウィルがおずおずと手を挙げた。

「あのー……私が聞いた伝説では、騎士さまは城の中にいた人を皆殺しにして、だれも城から出てはこれなかったって……」

ウィルの質問に、女中はにこりと笑った。

「ふふ。ではお嬢さん、誰も出てこなかったとして、いったい誰がその伝説を語り継ぐというのかしら?」

「え?あ……」

「お城が襲われたら、私たちじゃどうすることもできないわ。逃げ足の速い人たちは、私たちよりも早く城を抜け出したのよ。騎士団の方々が討ち死にされたころには、生き残った女中はみな城外に逃げていたはずよ。私も、何人かの避難を手伝ったわ。そうこうしていたら自分は逃げそこなってしまったけれど」

あ……そうだったのか。伝説はしょせん、伝説ってことだな。ウィルは顔を真っ赤にして、どこかもぐりこめる穴はないかという顔をしている。ウィルが先に聞いてくれてよかった。俺も同じことを聞こうと思っていたから。

「なるほど―――僕たちのことはそうやって後世に伝わっているんだね」

バークレイは興味深そうにうんうんとうなずいた。

「きっと生き残った人たちの口伝で話が広がって、それが長い年月の中で少しずつ変わっていったのか―――さて、それはさておき。エラゼム、これで分かっただろう。君が気に病むことは、何もない」

「バークレイ様……みんな……」

エラゼムの声は、熱っぽく震えていた。頭がないから、涙の有無はわからないけど……

「行ってください、隊長殿。隊長殿が無念を晴らせるのであれば、私たちも浮かばれます」

「そうですよ、エラゼム様。それに、正直言えば、俺たちもここに縛られるのに飽き飽きしてるんです。エラゼム様が行ってくれれば、俺たちもようやく眠りにつけます……なんて、こんなこと思えるようになったのもついさっきですけど」

するとなぜか、騎士たち下男たちの霊はいっせいに俺を見た。な、なんだ。なにかしたっけ俺?

「不思議なことです……そこの少年が右手を輝かせたとたん、ただ闇にうめくだけだったわれらの意思が、突然夢から覚めたようにはっきりとしたのです。夢というよりは、悪夢から目覚めた気分でした」

「え、え?俺?な、なんでだろう……」

『……もしかすると』

俺があたふたしていると、またもアニがチリンと鳴った。

『主様の霊波が拡散して、ほかの霊にも影響を及ぼしたのかもしれません』

「というと?」

『ディストーションハンドの効果が拡大した……のかもしれません。正直私にもよくわからないのですが。亡霊騎士を配下にした際、周りのホーントたちにも効果が及んで、正常な魂に戻った……と考えれば、いちおう筋が通りませんか?』

「はー、効果が拡大……どうして?」

『それはわかりませんが』

うーん。アニにも分からないんじゃ、さっぱりだな。自分の能力のことだけど、まだまだすべてを理解するにはほど遠いらしい。

「けど、今回はそれで結果オーライだな」

「ああ。君のおかげで私たちは、こうして自分を取り戻すことができた。礼を言おう」

騎士たちはこくりとうなずくと、改めてエラゼムに向き直った。

「こういうわけです、エラゼム殿。私たちを言い訳にするのならよしてください。われら一同、もろ手を振ってエラゼム殿を見送らせていただきます」

「お前たち……吾輩が行けば、お前たちも自由になれるのだな?」

「おそらく。エラゼム様が戒めの中心であるのでしたら、それが城の外に出れば、ここに縛られることもないのではないでしょうか」

「そうか……」

だがエラゼムは、まだ煮え切らない様子だった。一体まだ何がひっかかっているんだ?

「ああ、そうか。エラゼム。君は、留守番がいなくなるんじゃないかと思っているね?」

バークレイが、意を得たりという顔で言った。

「この城がもぬけの殻になってしまえば、また賊どもの巣にでも利用されかねない。それが心配なんじゃないかい」

「バークレイ様……はい、その通りです」

「そうか。しかしそれなら心配いらない。その役目は、僕が引き受けよう」

「ば、バークレイ様が?」

「ああ。僕はもともと、君と同じ理由で成仏できずにいる。城の者たちと違って、君がいなくなっても消えることはないだろう。僕もこの城が荒らされるのは嫌だし、なにより君が知った姉さんの行き先を僕も知りたい」

バークレイは、エラゼムににこりと笑いかけた。もう、あの悲しげな眼ではない。希望にあふれる笑顔だ。

「僕でも、侵入者を脅かすくらいならできるだろう。恐ろしい噂も伝わっているようだし―――僕は、ここで待っているから。いつか帰ってきて、君の話を聞かせてくれないか」

バークレイは、三度目の手を差し伸べた。

「バークレイ様……」

エラゼムは今度こそ、その手を握り返した。

「必ずや、ここへお戻りいたします。その時まで、どうか待っていてください……」

「ああ―――約束だ、エラゼム」



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く