話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

3-3

3-3

俺たちは来た道を戻り、城主の部屋の前まで戻ってきた。

「さて、しかしどこへ行ったもんかな。大広間まで戻ってみるか?」

「……ねえ、じゃあ提案なんだけど」

「フラン?どうした」

フランがガントレットのはまった手を挙げると、くいっと親指で後ろを指した。

「ここに来る間に、一本脇道があった。どうせ同じとこに戻るくらいなら、そっちへ行ってみない?」

へぇ、脇道なんて全然気が付かなかった。さすが、夜目がきくな。フランが言った場所まで戻ると、本当に脇道があった。別の区画へ続く廊下らしい。

「よし。行ってみよう」

こちらの廊下は、今までより一回りほど広く作られていた。そのせいか、通路のあちこちで戦闘が行われたらしい。いたるところに、無残に切り殺された……あるいは突き刺された……骸骨が転がっていた。

「……なんだか、嫌な感じがします……」

ウィルが震える声で言った。それは、俺も感じている。この廊下を進むほど、悲しい気がどんどん強くなってくる。しかもそれとは別に、恨みや憎しみのような、胃がもたれる感情も強くなっている気がした。
やがて俺たちは、またも広い空間に出た。さっきの大広間よりは少し狭く感じるが、ここはそこと違って家具などが一切ない。だだっ広い部屋に、じゅうたんとカーテンが取り付けられているだけだ。そして部屋の一番奥には、玉座のようないすが置かれていた。

「ここは……いわゆる、玉座の間ってやつかな?」

『そのようですね。ずいぶんと簡素なつくりではありますが……』

さっきの部屋が城主の寝室みたいなもので、ここが正式な城主のための部屋になるのかな。家具も何にもないし、ずいぶん殺風景だけど。俺たちは部屋に足を踏み入れ、中ほどまで進んでみた。

「うっ……これは……」

ウィルが突然、胸を押さえて苦しそうにうめいた。

「ウィル、どうした!?」

「胸が、つまりそう……息が、できない……」

「息?」

そういえば、確かにこの部屋に入ってから息苦しい。地下の閉鎖空間だからとかじゃなくて、もっと……それに、この息苦しさ、前もどこかで……

「この感じ、懐かしい」

フランがぽつりとつぶやいた。フランもすこし眉根を寄せているが、ウィルほどつらくはなさそうだ。

「フランは、平気なのか?」

「うん。あなたも、感じたことあるでしょ。この空気……あの森と、同じ匂いだ」

あ!そうか、どうりで覚えがあるわけだ。これは、フランと出会った呪いの森と同じ空気だ。

「え、ちょっと待てよ。あの森と同じってことは、この部屋にも呪いの念が満ちているってことじゃないか……?」

「うん。来たよ……この城に巣食う、怨念たちが」

「え」

う、うわあぁぁぁ!
いつの間にか、俺たちの周りを無数の幽霊が取り囲んでいた。どいつも、胸から血を流していたり、腹に剣が刺さっていたり。中には首が取れかかっている者もいた。

「な、なんだこいつら!」

『おそらくホーントです!霊魂系のアンデッドですが、レイスよりたちが悪いです』

アニが早口に解説する。だが俺は、後半の言葉が聞き逃せなかった。

「たちが悪いって、どんな風に!」

『レイスより攻撃的です。生きている人間にむけて、積極的に攻撃を仕掛けます!』

「うわあ、最悪だ!」

霊魂タイプってことは、物理攻撃は効かないな。どうする、一体ずつディストーションハンドを使うか?けど、数が多すぎるぞ!

「うわっ!飛んだっ」

大量のホーントたちは、一斉に浮かび上がると、俺たちの周りをぐるぐると飛び交い始めた。き、気味が悪い。ホーントたちは無数のうわごとをくちずさみ、うわんうわんと雑音のような音を放っている。羽虫の大群に取り囲まれているみたいだ。

「きゃあああ!」

ウィルが悲鳴を上げる。フランも実体のない相手に対しては、文字通り手も足も出せない。くそ、あとは俺がどうにかするしかないが、もうこうなるとソウル・カノンしか択がないぞ!けど、こんなに飛び回る相手に当てられる気がしないし、なにより威力がない!

「えぇい!もうやけっぱちだ!」

一体にでも当たればいい!俺は右手を構えると、やけくそ気味に叫んだ。

「ソウル・カノーン!」

ボシュン!放たれたソウル・カノンは、なんと奇跡的に一体にも当たらなかった。ウソだろ、これだけいれば目をつぶっても当たりそうなのに?ホーントたちを素通りしたカノンは、そのまま飛んで行って、カーテンをふわりと揺らしただけに終わった。

(ああ、終わった……!)

俺の必殺技は、あえなく不発に終わった。もともと不発弾みたいな威力しか出なかったが……しかしそのとき、不思議なことが起きた。

「きゃあぁぁあ!?」

あれほどいたホーントの群れが、突然蜘蛛の子を散らしたようにちりぢりになったのだ。それと同時に、ウィルが突風に飛ばされたかのようにバランスを崩した。俺が慌ててウィルを抱きとめると、ウィルは目を白黒させていた。

「え、え?今、何が起こったんですか?」

「そりゃこっちのセリフだよ。いきなりホーントがいなくなったと思ったら、ウィルが吹き飛ぶし……」

「あ、あれ?なにか、衝撃波みたいなものに押しのけられた気が……?」

衝撃波ぁ?いったい何を言ってるんだ?そんなもの、ちっとも……

ズグン!

「っ!」

なんだ、この気配!?
肌がビリビリする。とてつもなく強い気配が、こっちに近づいてくる。突然様子が変わった俺に、腕の中のウィルが不安そうな顔をした。

「桜下さん……?」

「ウィル、後ろにいてくれ。ウィルが言ってたこと、わかったよ」

俺はゆっくりとウィルから手を放した。なるほど、この気配は衝撃波といってもいいくらいだ。こんなに強い気、あの森でフランと対峙した時以来だぜ。そのフランも、気配を感じ取ったらしい。ゆっくりと立ち上がった……あれ、いつの間にしゃがんでいたんだろう。

「……やばいのが来た」

フランはつぶやくと、両手をかみ合わせて、鉤爪をむき出しにした。

「ああ。なんで今まで気づかなかったんだろう?」

「きっと、今までは眠ってたんだ。けどさっきの騒動で、目を覚ましたんだよ」

「なるほどな」

そのまま眠っていてくれたほうが良かったかもしれない。そう思うくらいの、凶悪な霊気を感じる。やがて俺の耳には、奇妙な音が聞こえてきた。ガシャガシャという……金属がこすれるような音だ。

「……何者ダ?我ガ主ノ城ヲ踏ミ荒ラスやからハ」


つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く