話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

3-2

3-2

ウィルの嘆く声が聞こえたが、あいにくと冗談のつもりはない。それに、この陰惨な部屋にも長居したくなかった。屍だらけの大広間を抜け、さっきの男の幽霊が消えたほうへ進む。その先は長い廊下になっていて、左右に扉がたくさんあった。

「まいったな、このどこかに入っていったのか?」

だとしたら調べるのは骨だな。俺は試しに一つ、扉を開けて中を確かめてみた。グラリ。

「うわー!」

「きゃあー!」

うおお、いきなり骸骨が足下に倒れこんできた!俺はびっくりして思わず後ろへ飛びすさり、背後にいたウィルを突き抜けてしまった。

「ひゃん!ちょっと、勝手にすり抜けないでください!」

「あ、ごめん……じゃなくて、こりゃ不可抗力だ」

俺は改めて、倒れてきた骸骨を見た。どうやら、扉に寄りかかるようにして倒れていたらしい。怪我をして、部屋に立て篭もったはいいが、そこで力尽きてしまった……ってところだろうか。

「ここでも、戦いが行われたみたいだな」

俺はその隣の部屋も覗き込んだ。この部屋は扉が無くなっていて、かわりに脇にはズタボロになった元扉が転がっていた。部屋の中にはやはりというか、屍が倒れていた。他の部屋ものぞいたが、ほとんどが棺桶状態だ。ひどい中にはベッドに寝たまま殺されている、なんてケースもあった。

「……たぶん、あの幽霊がいるのはここじゃないだろうな。これじゃどの部屋も満席だ。この向こうに、もっと別の部屋があるのかもしれない」

廊下の先は緩やかにカーブする、細いのぼり階段になっていた。ところどころに燭台や、タペストリーの残骸なんかがかけられていた跡がある。今までの無機質な通路と比べると、少し雰囲気が違うな。

「どこに向かってるんだ……?」

やがて俺たちの前に、丈夫なつくりの扉が現れた。丈夫といっても、無骨さはない。むしろ宝物庫の扉のような、豪勢さを感じさせた。あの幽霊は、ここに案内していたのか?俺は金属の取っ手を握ると、ゆっくりと引っ張った。重い扉がきしみながら開く。ギギギィ……

「ここは……」

そこは今まで見た中では、一番きれいに整えられた部屋だった。他と違って荒れた様子もなく、家具も原形を保っている。部屋の広さは大したことないが、居心地のよさそうな場所だ。暖かそうな暖炉(地下にあるなんて驚きだ)、大きな天蓋付きのベッド。立派なクローゼットの中には、たくさんの衣類が詰まっているのだろう。

「ずいぶん、豪華な部屋だな」

アニが光を放ちながら言う。

『おそらく、身分の高い者……部屋の配置も考えると、城主の部屋ではないでしょうか』

城主の……ってことは、くだんの幽霊騎士がつかえていた主であり、確か伝説では殺されてしまったとかいう……

「―――」

っ!まただ、あの声!俺はバッと振り返る。すると部屋の隅に、さっきの若い男の幽霊がたたずんでいた。

「ひぃっ!で、でた!」

ウィルが小さく悲鳴を漏らす。今度は見えたらしいな。俺は心を落ち着かせると、慎重にその幽霊へ声をかけた。

「なあ、あんたは一体何を伝えたいんだ?教えてくれ。俺は、あんたの話が聞きたい」

男の幽霊は俺の言葉には答えず、黙って横を向いた。その悲しげな視線は、何かを見つめている……なんだ?そこに、なにかあるのか。と思ったとたん、幽霊は壁を突き抜けて、すうっと消えてしまった。

「あ、おい!また消えちまった……」

「な、なんだったんでしょう。何かの警告でしょうか?」

「いや、そんな感じじゃなかったけど……」

俺は男の幽霊が立っていたあたりまで行ってみた。さっきあいつは、この辺を見てたけど、何が……

「……ん?」

俺は首を傾げた。俺の目の前にあるのは、ガラス張りのキャビネットだ。けど、おかしいな。このキャビネット、物が何にも入ってない。これじゃただの置物じゃないか。まるで物が入っているほうが、かえって困るとでもいうような……

「ん!?これ、もしかして」

俺はキャビネットをいじくりまわし始めた。ウィルとフランがおかしなものを見る目をしているが、俺の推測が正しければ……

「あっ、やっぱり。これ動くぞ」

「え?」

俺はキャビネットをぐいと押した。するとキャビネットは大した力をこめなくても、すぅっと滑るように横へスライドした。そしてその後ろからは、細い隠し通路の入り口が姿を現した。

「……驚きました。このキャビネットは、これを隠すものだったんですね」

ウィルが感心したようにつぶやく。さっきの幽霊が伝えたかったのは、この隠し通路のことだったのか。

「おい、でも見ろよこれ」

俺は通路のわきに積み重なった数体の骸骨たちをあごでしゃくった。もう死体を見慣れて、いちいち驚かなくなってきているのが怖い。

「ここでも戦闘があったらしい。たぶんこの奥に、何かあるんだろうな」

ここまで来たら最後まで見届けよう。俺たちは隠し通路の中へ入っていった。通路は急な下り階段になっている。足元に注意しないとな、ここで足を滑らせたら、地の底まで落っこちていきそうだ。俺たちは慎重に、ゆっくり時間をかけて通路を下りていく。

「止まって。何かある」

目のいいフランが何か見つけたらしい。ゆっくり下りていたから、立ち止まるのも簡単だった。

「フラン?何があるんだ?」

「白い……骨?誰かがそこに倒れてる」

俺はアニの明かりを前方に向けた。階段をさらに何段も下った先に、たしかに誰かの遺体がある。その人物は頭をこちらに向けてうつぶせに倒れていた。けどあの大広間の骸骨たちとは違って、首は飛ばされていない。服装も濃紺に金の刺繍があしらわれていて、どう見ても賊には見えなかった。その服の背中には、剣で刺されたのだろう、細長い刺し傷が残されている。

「これ……もしかして、城主だった人かな」

だとしたら、さっきの幽霊が見せたかったのはこれか?ってことはあの幽霊の正体は、ここで倒れている……そして、この城の城主である……?

「さっきの部屋から逃げようとして……この通路で、殺されてしまったんでしょうか」

ウィルが顔を悲しそうにゆがめる。もしその通りなら、なんともあっけない結末だ。城主は秘密の通路から逃げようとしましたが、山賊に追いつかれて背中を一突きにされてしまいました……

「……うん?」

なんだ?今、ものすごい違和感が胸をよぎった。おかしい、おかしいぞ、この屍は。

「変だ」

「へ?桜下さん、なにがですか?」

「ウィル。きみは、城主が逃げ出して、ここで殺されたって言ったよな。俺もそうだと思ったけど、それだと変なんだ」

「変って、だから何が」

「この城主の骸は、頭をこちらに、つまり階段の上に向けて倒れてるだろ。逃げてるところを刺されたのなら、頭は下向きにならなきゃおかしいじゃないか」

「あ……言われてみれば、そうですね。けど、たまたまこうなったのかも」

「そうかもしれないけど、そうだとしても変なんだ。俺たちがここに降りてくるとき、キャビネットを動かしたよな。ってことは、この通路は“きちんと隠されてた”ことになるだろ」

「そうですね」

「それがおかしいんだ。どうして隠されていたはずの通路が、こうもあっさり敵に見つかっているんだ?」

「あっ……」

ウィルは恐ろしいことに気づいたように、はっと口を覆った。

「襲撃の時に初めて城に入った山賊たちが、事前にこの通路を知っていたとは考えづらい。たまたま偶然知ったとも考えられるけど、ちょっと穿って考えれば……誰かが、その秘密を洩らしたってことだよな」

ウィルは言葉が出てこないようだ。代わりにフランが、それを口にした。

「裏切り……」

「ああ。しかもこの遺体が上向きに倒れていることを踏まえると、たぶん上から追いかけられたんじゃなくて、下から待ち伏せされた……敵は隠し通路のことを全部知ってたんだ。最初からこの通路を使って、城主を殺すことまで作戦に入れてたんだよ」

「じゃあこれは、単なる山賊の襲撃じゃない。城内の裏切り者と賊が手を結んだ、造反劇……」

「だからなのかもしれないな。ここが、こんなに悲しい気で満ちているのは……」

堅牢な城に、すご腕の騎士。それらを抱えていながら、この城が陥落した理由。まっとうな手段じゃ攻め落とすのは至難の業だろうが、それが身内の裏切りだったなら……あの城主の幽霊は、この悲しい結末を伝えようとしていたのかもしれない。
そのとき俺はまた、ふとあの気配を感じた。ばっと見上げると、はるか上の、まめつぶみたいになった通路の入り口に、またあの男の幽霊がたたずんでいた。

「―――」

男の表情は読み取れないが、何かを訴えるようにこちらを見下ろしているようだ。だが、その声はうまく聞き取れない。

「なんだ?これがお前の伝えたかったことじゃないのか?まだなにか、隠された真実があるっていうのか?」

男は何も答えないまま消えてしまった。ウィルが小さな声でたずねる。

「桜下さん、またあの幽霊がいたんですか?」

「ああ……どうやらまだ、終わりじゃないらしい」

「ですか……なら、もう少し付き合ってあげましょうか」

「あれ、もう嫌じゃないのかよ?」

「ええ。怖いものは怖いですが、これを見てしまったら、なんだかかわいそうになってしまって。あの人は何百年もの間、ここで誰にも見つけられずにいたのかと思うと……」

ウィルは白骨化した亡骸を哀れそうに見つめた。もしかしたら、自分の境遇と重ねているのかもしれない。

「そうだな。最期まで探ってみよう。そうすればあいつも、浮かばれるかもしれないしな」


つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く