話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

2-1 魂砲《ソウル・カノン》

2-1 魂砲《ソウル・カノン》

やみ……」

『勇者の能力も、広域的には魔法の一つです。そういう意味では魔法を使えると言えますが、通常の魔法の習得は相応に難しいと思われます』

「なんだぁ……じゃ、結局俺は何の技もなしのままってことかよ。ちぇっ」

『技……そうですね、そろそろ必殺技の一つでもほしくなるタイミングですよね』

「お!そうなんだよ。どうせなら魔法がよかったんだけど……」

『ふむ。魔法とは少し違うかもしれませんが、魔力を応用して攻撃技に転用できるかもしれません。名付けて“魂砲ソウル・カノン”』

「ソウルカノンっ!?なにそれかっこいいっ!」

『そうでしょう。主様の魂の霊波を、魔力に乗せて放つ技です。これなら主様でも使いこなせるかと』

「それで!どうやってやるんだ、その技は!?なんだよ、そういうのは早く教えてくれよ!」

『魔力の扱いは感覚的なところが多いので、実際にやってみたほうが早いでしょう。そうですね……ディストーションハンドを使う際、それを右手にとどめて放つイメージでしょうか』

「なるほど……?ま、とりあえずやってみっか。習うより慣れろだ」

やったぜ、念願の必殺技だ!名前の語感的に飛び道具だろうな。気功波みたいな感じだろうか?俺は意気揚々と右手の袖をまくり上げると、手を突き出して意識を集中した。ディストーションハンドを使うときの感覚だな

(……っていっても、俺、何か意識したことあったっけ?)

呪文を唱えれば勝手に発動するし、これと言ってコツがいるわけでも……と、とりあえず難しいことは後だ。まずは実践!アニもそういってたし。
改めて右手に集中。魂みたいな、もやもやしたエネルギーが集まっていくようなイメージで……するとあっという間に、右手の手のひらに桜色のかたまりが浮かび上がった。これが、魔力か?

「……できたぞ?」

『はい。あとは込める魔力量で威力を調整して、放てばよいだけです』

「は、はは。なんだ、意外と簡単だな。けどネクロマンスの能力もこんなもんだった」

能力ってのも案外、手足の延長線上なのかもしれない。つまり、自分の意志である程度自由に動かせる。

「よっし!なら試し打ちをしてみよう!威力を確かめてみないと、実戦で使いこなせないからな!」

『あ、主様。それなんですが』

「わかってるって!きちんと安全には配慮するよ。とんでもない威力だったら困るもんな」

『いや、そうではなく……』

「というわけで、フラン、ウィル!」

俺はとなりで話を聞いていたウィルと、遠巻きにこちらを見ているフランに向き直った。

「ちょっと身を隠しててくれ。そうだな……あ、そこの岩陰にでも」

ちょうど手ごろな大きさの岩があった。俺がそこを指さすと、ウィルは首を傾げた。

「ええ?そんなに警戒する必要ありますか?」

「あたりまえだろ!なんたって、元勇者の必殺技なんだぞ。すさまじい破壊力だったらどうする」

「ど、どんな技を想像してるんですか。それに私たちはアンデッドですし、別に危険なことは」

「ダメだ。俺はネクロマンサーだぞ?その技がアンデッドに影響を及ぼさないとは限らない。それに、仲間に万が一があったら最悪だ」

「は、はあ。そこまで言うなら……フランさん、付き合ってあげましょうか」

「……はぁ、しかたないな」

ウィルとフランは岩の陰に身を隠した。若干わがままを言う子ども扱いされた気もしたが、気にしない。

「ようし、始めるぞ……!」

俺は離れたところにポツンと生えている、一本の木を標的に定めた。お前に恨みはないが、実験台になってもらうぜ……

「標的確認!出力上昇!」

右手に込める意識を強める。桜色の魔力の塊は、さらに大きくなった。だが、あまり飛ばしすぎてほんとにエライことになっても怖い。これくらいに留めておくか。

「いくぞ!ソウル・カノンッ!!」

ドン!俺が打ち出すイメージをすると同時に、魔力が弾き出された!魔力の塊はまっすぐに木に向かって飛んでいく。よし、狙いバッチリだ!

「いっけー!」

そして、木に直撃した!

さわさわぁ……

「……え?」

魔力の塊は、確かに木に命中した。しかし、何も起こらない。いや、確かにリアクションはあった。木は、むずがゆいとでもいうように、さわさわと枝葉を揺らした。そう、まるでそよ風にでも吹かれたかのように……その揺れで、木の葉が一枚だけ枝を離れ、ひらひらと地面に舞い落ちた……

「……………………」

俺は、呆然としていた。木の葉一枚?俺の必殺技の威力が、はっぱ一枚分?

「……ぷっ」

「あ、フランさん。くく、笑っちゃだめですよ。桜下さんが悲しみます……ぷふふっ」

「だ、だって。こんなに注意したのに、ぜんぜん意味な……」

…………。

「……お前ら」

「ふふふっ、え?」

「……お前ら、冥土の土産は何がいい?」

「くひひっ、はい?」

「……今から冥土に送ってやるって言ってるんだよー!」

「きゃああ!?桜下さん、それ逆切れっていうんですよ!?」

「うっせ!」

「だいたいわたしたち、なにもしてないし。隠れてただけで……ぷぷぷっ」

「ああああー!笑ったなぁー!」

俺はブンブン腕を振り回して、笑いをこらえる二人を追いかける。ここに、人間VS幽霊・ゾンビ連合の、壮絶な鬼ごっこの火蓋が落とされた。人間の相手は疲れを知らないゾンビと、空を飛べるゴースト。勝敗の行方は……火を見るよりも、明らかだった。



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く