話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

2章 用語辞典

2章 用語辞典

【魔法】

●無属性

・スクレイルストレージ
異次元にアイテムを格納する、または取り出す。魔術師一人につき1アイテムしか登録できない。

・ホークボヤンス
遠視魔法。魔術師がある程度認知している、遠くの景色を見ることができる。

●炎属性

・ファイアフライ
小さな蛍光色の火の玉を複数飛ばす魔法。

●冥属性

・ディストーションハンド
右手を霊体化させ、アンデッドを使役する。

【その他】

・エゴバイブル
自我字引。自我(エゴ)を持つ魔道具。異界より召喚された勇者にのみ与えられ、一般に流通する事はない。勇者の証となる。

・ゲデン教
死と再生の神ゲデンを信仰する宗派。二の国では最も信者が多く、人気が高い。

・チャンドラマハル
月の神殿。一の国にそびえるゲデン教の総本山。白く輝く荘厳な建物。

・ヴァーゴ
月の乙女。月の神殿に仕えるシスターのこと。国中のシスターが目指す目標であり、憧れの存在。

・ターニング
アンデッドを聖なる魔力で浄化すること。神の力に精通した聖職者が使用できる。

・クロム山脈
ギネンベルナの西部に位置し、ライカニールとの国境に跨がる山脈。美しい緑色の岩石で出来ていて、一年中植物が枯れないことから緑の山脈とも呼ばれる。

・ギルド
魔術師や冒険家など、同じ職種の人間が集まる連盟。魔術師を雇いたいと思ったら魔術師ギルドを訪ねる事になる。国内に複数のギルドが存在するが、そのほとんどが王都に集中している。

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く