話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

10-1 新しい仲間

10-1 新しい仲間

『であるならば、一つ諫言かんげんしたいことがあります』

突然リィンと鳴り響くと、アニが口をはさんできた。

「何だよアニ、藪から棒に」

『ネクロマンサーが死を避けるという、本来あるまじき姿勢については、今は保留しておきましょう。それより、幽霊娘をパーティに加えるのでしたら、きちんと能力を使って隷属させてください。上下関係は大事です』

「またお前は、そういう空気の読めないことを。ウィルはこのとおり会話もできるし、このままでもいいじゃないか」

『ですが、結果的にお互いのためになると思いますよ。主様の能力、ディストーションハンドには、アンデッドを使役するだけでなく、精神を補強し、正常に戻す働きがあります』

「というと?」

『このままでは、いずれ狂気にのまれて怨霊化します』

「それはまずい!」

俺は何のことかわからずぽかんとしているウィルの肩を、がっしりつかんだ。

「というわけでウィル、ちょっとのあいだ動かないでくれ」

「え?は、はい?」

困惑するウィルをよそに、俺は呪文の詠唱に入った。

「我が手に掲げしは、魂の灯火カロン

その瞬間、俺の右手が、陽炎のように揺らめいた。

「汝の悔恨を、我が命運に託せ。対価は我が魂」

俺は揺らぐ右手を、ウィルのほうへ差し出す。ウィルは恐ろしいものでも見たように、ぎゅっと目をつぶった。
俺は右手を、ウィルの胸の真ん中―――すなわち、魂の上に重ねた。

「響け!ディストーションハンド!」

ブワー!俺の右手が、魂までもが震え、ウィルと共鳴している。二つの歯車がかみ合うように、俺とウィルの間に見えない結びつきができる。そんな気がした。
次の瞬間、すべてが元通りになった。ウィルはつぶっていた目を、恐る恐る開く。

「え」

ウィルは自分の胸元を見下ろして硬直している。どうしたん……

「おっと」

あちゃ、そうだった。実体を取り戻した俺の右手は、ウィルの胸を思いっきり触っていた。

「あの、他意はないんだ。どうしてもこうなっちゃうというか。あはは……ごめん」

「い、いえ。べつに、減るものではないですし……」

そういう問題かな、とはさすがに言えない。しかし、まいったな。これ、毎回セクハラになっちゃうじゃないか。フランの時も怒られたし、どうにかなんないもんか……

「……」

俺はふと、その時のことを思い出して、自分の右手を見下ろした。手をわきわきして、感覚を確かめる。

(……ウィルのほうが、フランより“あった”な)

ドゲシ!

「いってぇ!」

なんだ!?ケツを思い切り蹴飛ばされた!俺が涙目で振り返ると、汚物でも見るかの如く冷たい目をしたフランが立っていた。ま、まさか。心の中を読まれたのか……?

「スケベ」

「ちがわい!」

「あなたも、気を付けたほうがいいよ。この男は、無理やり服を脱がせて楽しむ変態だから」

「えぇ!桜下さん、そうなんですか?」

「断じて違う!」

あれは、俺の主犯じゃないからな。うん。

「あ、そうだ。あの、フランセスさん」

ウィルが思い出したように、ぽんと手を合わせた。

「その、せっかく一緒に行くことになったのですし。私も、フランさんと呼んでもいいでしょうか?」

「え?」

フランは一瞬きょとんとしたが、すぐにふいっとそっぽを向いた。

「……別に。好きに呼んで」

「ありがとうございます!私のことも、あなたなんかじゃなくて、ウィルと呼んでくださいね」

「……考えとく」

フランのそっけない返事にも、ウィルはにこにこ笑っている。

「なんだよ、フランにはずいぶんフレンドリーなんだな。俺は頼まなきゃ名前で呼んでくれなかったのに」

「当たり前です。昨日会ったばかりの殿方を名前で呼ぶなんて、淑女に反しますもの」

「淑女ぉ?」

「……やっぱり、西寺さんとお呼びしましょうか?」

最近の幽霊は冷ややかだ。視線も、言葉も。
けど俺は、フランとウィルがうまくやっていけそうでほっとした。いままで、フランはずっと一人ぼっちで夜を過ごしていたから。俺が眠っている間も、ゾンビのフランは眠らない。眠れない夜というのは、たいてい辛いものだ。あのずっしりとした闇の中で一人過ごすフランのことが、ずっと気になっていたんだ。
フランに友達を作ってやりたいという俺の願いは、はからずも叶えられた。悲しいこともあったけど、終わりよければハッピーエンドだよな。

「さて、そろそろ行くか」

次の場所へ向かおう。きっと次も、ハッピーなエンドが待っているはずだ



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く