話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

6-2

6-2

「……つまり、話を整理するとこうだな?ウィルは昨日の夜、マーシャの懺悔を聞き届けた後、自分の部屋に戻った。だけどなかなか寝付けず、少し散歩をしようと夜中に部屋を出た。そして……そこからの記憶がすっぽり抜けて、気が付いたら幽霊になって、祭壇にたたずんでいた」

「はい、その通りです。夜に部屋を出たところまでは思い出せるんですが、どうしてもその先が……」

「うーん、困ったな。きっとその間に、幽霊になった原因があるはずなんだけど」

「そう、ですよね……うぅ~ん、私に何があったのかしら……」

俺とウィルは、そろって頭を抱えていた。まさかウィルが昨晩の事を覚えていないなんて。

「けどまあ、その事はいったん置いておくか。とりあえず体が見つかりさえすればいいんだもんな」

「そ、そうですね!その通りです」

「夜中の散歩なら、そう遠くへは行かないはずだよな。ウィル、自分ならどこにいくと思う?」

「そうですね……たぶん、裏の林だと思います。表には出ないんじゃないかと」

「わかった。行ってみよう」

俺たちは部屋を出ると、すぐ隣のもみの林をぐるっと歩いた。小さな林だ、探す場所も限られてくる。けれども、ウィルの体は見つからなかった。

「おかしいな。見落としたはずもないし、ここじゃないのか……?あ、もしかして風呂のなかとか」

「お風呂、ですか?昨日は確か、マーシャさんのお話の後にすぐ入ったはずですけど……」

「わかんないぜ?もしかしたら、床で滑って頭を打って、魂がポーンとか」

「……私、そんなにどんくさくないと思うけどなぁ」

「ま、物は試しだ。いちおうのぞいとこうぜ」

「あー!ちょっと、扉開けないで下さいよ!?ほんとに中にいたらどうするんですか!」

「え?だったらいいじゃないか」

「私は素っ裸なんですよ!?私が先に見てきますから、そこで待っていてください!」

「は、はい」

結局風呂にも、トイレにもいなかった。となると、残りは……

「後探してないのは、墓地しかないぜ?実は神殿のほうにいるんじゃないか?」

「神殿は、今朝私が見ているんです。目が覚めた直後は、自分が幽霊になってるなんて気づかなかったから、いつもと同じようにすごしていて。そこに自分の体があったら、見逃すはずありません」

「普段使わないような部屋は?ほかの人の部屋とか」

「そこも見ました。朝、水を飲もうとコップを取ろうとして、手が透けてることに気づいたんです。それでパニックになって、みんな出かけていることを忘れて、ほかのシスターたちの部屋に一つずつ入っていったんです」

「で、そこにもなかった、と」

「慌てていたとはいえ、狭い神殿ですから、見落としはないと思いますが……」

「うーん。じゃあ、墓地を探してみようか。あんまり散歩向きとは思えないけど……」

俺たちは林を抜け、朝もやの立ち込める墓地へ入っていった。神殿の裏手を全部使っているだけあって、墓地はそれなりの広さがある。けれど左右正面はすべて崖になっているから、場所は絞ることができるな。

「手分けして探してみようか。俺はあっち、フランはこっち。ウィルはそっちのはじを探してくれよ」

「わかりました」

「ん」

俺たちは手分けして、墓石の間をしらみつぶしに捜索し始めた。

「……ん?」

カチャリ。俺の足元から、とげとげした音がした。ガラスだ。ガラスの破片が、足元に散らばっている。

「なんでこんなとこに……?」

地面に散らばったガラスを目で追っていると、少し離れたところにランタンが落っこちているのを見つけた。これが壊れて、ガラスが飛び散ったんだな。

「誰かが捨てて、ここに放っぽっていったのか?」

俺が今いるのは、墓場の中でも端っこのほう、林との境目みたいな場所だ。あちこち雑草が生えているし、ここなら目立たないと踏んで、ポイ捨てしたのか?とんでもない奴だな、墓場にごみを捨てるなんて。俺が不謹慎な輩に怒りを募らせていると、ふとランタンのデザインが目に留まった。ありきたりなものに見えるけど、なんだろう?既視感というか……このランタン、なんだか見覚えがあるような……

「ねえ。ちょっと来て!」

そのとき、フランが何かを見つけて声を上げた。清掃活動は後にするとして、今はそっちを優先しよう。もしかしたらウィルの体が見つかったのかもしれない!
俺とウィルは大慌てでフランのもとへ駆け寄った。が、そこにあったのは期待に反して、地面に掘られた大きな穴だった。俺とウィルは、そろってため息をついた。

「で、なんだ、これ?」

大穴は、直径二メートルは有りそうだった。大人が余裕で寝そべれそうだな。土の湿り具合から見て、まだ掘られたばっかりらしい。

「誰が掘ったんだ?新しくお墓を作るのかな」

「それにしては、様子がおかしい。見て」

そう言ってフランが指さした先には、白い大きな石が、土に埋もれて転がっていた。それを見たウィルが、石と同じくらい顔を白くした。

「これ……墓石、です」

え?ということは、ここは……すでに誰かの墓だった?俺は事態を理解した瞬間、血の気が引いてしまった。じゃあこの穴は、誰かが墓を、その下に眠っていた人を、掘り返した跡だってことだろ?

「いったい誰が、こんな罰当たりなことを……」

ウィルは気分が悪いのか、口元に手を当てている。俺は墓石にかかった土を払って、墓碑銘を確認してみた。しかし、そこに名前はなかった。無名の墓だ。

「名無しの墓……!これってまさか、昨日の女の墓か?」

「あ……この位置、この墓……間違いありません!ここは彼女の……つあッ!?」

「え?ウィル!」

ウィルは突然しゃがみこむと、頭を抱えて唸り出した。ど、どうしちゃったんだ?俺がおろおろしながら隣にかがむと、ウィルは小声で何かしきりにつぶやいていた。

「私……この墓……月……オオカミ……」

オオカミ?オオカミって……ルーガルーのことか?

「思い出しました!」

「うおっ」

ウィルがいきなり立ち上がったので、俺は尻もちをついてしまった。ウィルはそんな俺を少しも気にせず、興奮した様子でまくし立てる。

「思い出しました!私、この墓場で半狼を見たんです!」

「え?ここで、か?」

「そうです。夜に、ここに立ってました。あの大きな影、間違いありません!」

「で、でも。どうしてルーガルーがここに?第一、奴らは全員死んだはずじゃ」

「ううん。それは違う」

ウィルの勢いに困惑する俺に、フランが静かな声で首を振った。

「一匹、逃げてる。そいつなら、まだ生きてる」

あ……そうだ、あの時。あの女の人が庇ったせいで、一匹のオオカミが森に逃げ込んだんだ。

「けど、あいつは人型じゃなかった。ウィルが見たのは、立ってる姿なんだろ?」

『いいえ、あり得ない話ではないです』

今度はアニが俺の疑念を制した。

『ルーガルーのオスは、全個体が人狼形態への変身能力を、潜在的に有しているんです。ただし、群れにほかの上位のオスがいる限り、その能力は眠ったまま目覚めない』

「ほかのオスがいる限り……そうか。あの逃げた一匹がオスだったら。奴の家族は全員死んで、あいつ一人だから……」

『変身が可能、ということになります』

あいつは文字通り、一匹狼だ。アニの話が本当なら、あいつはあの恐ろしい人狼の姿へと変貌していることになる。

「それにわたし、昨日見てるんだ。大きな獣みたいなもの」

フランが墓場の一角を指さす。

「あ!昨日の夜、なんか見えたって言ってたな。もしかして、あの時か?」

「うん。ほんの少しだったし、崖のそばだから気のせいだろうと思ってた。けど、あのルーガルーなら崖だって登れるはず。きっと様子をうかがってたんだ」

「……なあ、じゃあもしかして。この墓を暴いたのって、そいつなんじゃないか。あの逃げた一匹なら、ここに眠ってた女を知っててもおかしくないだろ」

ウィルとフランがこの墓場でルーガルーを見たことと、女の墓が荒らされていること。この二つは、とても無関係には思えない。だがフランは、納得がいかないように首をかしげている。

「けど、根本の理由として。オオカミが人間の死体をあさっていく意味が分からない。屍食鬼グールじゃあるまいし」

「それは……そうだな。家族だからとか?」

「死体を並べて、家族ごっこ?正気の沙汰とは思えないけど」

「確かに……」

「それより、わたしはこの子が、普通にルーガルーに襲われたんじゃないかと思うんだけど」

フランはびしりとウィルを指さす。ウィルはびくりと体をのけぞらせた。

「けどフラン、墓場のどこにもウィルの体はなかったじゃないか。襲われた跡だってなかっただろ?」

「それは、確かに……」

うーん、ピンとこないな。原因と結果はわかっているんだけど、理由ホワイがはっきりしない。

「甦らせようと……?」

え?蚊の鳴くような声でささやいたのは、ウィルだ。ウィルには、何か心当たりがあるらしい。けど、甦らせるだって?俺とフランは顔を見合わせて、ウィルの言葉の続きを待った。

「甦らせようとしているのかも、しれません。ゲデン神のシスターである、私の血を使って」



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く