話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

5-1 少女の告白

5-1 少女の告白

空になった酒瓶がいくつも床に転がるころ、宴はぼつぼつお開きとなった。ウッドなどの比較的ましな酔い方をした猟師たちが、床で酒瓶とともに寝っ転がる男たちを家まで送っていった。俺は帰り道が同じウィルといっしょだ。あのマーシャは、父親に手を引かれて帰っていった。一度家に帰ってから出直すつもりなんだろうか。
神殿に帰ってくると、ウィルに今晩寝る部屋へ案内してもらった。

「部屋は二部屋のほうがよろしいですか?」

「あー、もし差し支えなければ、そうしてくれると助かる」

「わかりました。どうせ空き部屋ばかりなので、かまいませんよ。ところで、あのフランセスさん、まだ姿が見えないようですが……」

「ああ、うん。きっとまたその辺ふらふらしてるんだと思う」

「こんな夜分にですか?ここは崖沿いの立地ですし、今日は月も隠れてます。慣れないうちにうろつくのはお勧めできませんよ。探したほうが良いのでは……」

「おっと、そういわれると。わかった、迎えに行ってくる」

「私も手伝います」

「いいよ。俺一人で大丈夫。ウィルはここにいて、ほらあの子、マーシャを待っててやらないと」

「それは……そうですが。わかりました。それなら、少し待っていてください、ランタンをお貸しします」

ウィルはぱたぱた走っていくと、火をともしたランタンを持ってきてくれた。俺は礼を言って受け取ると、暗い廊下を通って、裏庭に出た。夜目の利くフランなら足を滑らすこともないだろうし、そんなに心配はしてないけど。それにたぶん、いるのはあそこ……

「やっぱり。まだここにいたのか」

「ん……帰ってきたんだ」

フランは俺を見ると、ゆっくり立ち上がった。フランは別れた時と同じ場所、墓地の真ん中でうずくまっていた。

「……大丈夫か?」

「何が?」

「だって、こんな墓場でうずくまってたら、そら心配するよ」

「そう?わたしはここのほうが落ち着く。どちらかといえば、わたしは“こっち側”だから」

ゾンビだから、墓場が落ち着く?うーん、そういうものなのか。

「あ、フラン。ウィルが部屋を用意してくれたんだ。お前がいなくて、心配してたぞ。いったん戻って、顔だけ見せてやろう」

「わかった」

フランは素直にうなずいた。俺がランタンを掲げて先導する。けどたぶん、フランは俺よりよっぽど夜目が利くはずだ。あの恐ろしい森の暗さは、それこそ今と同じくらい……

「……」

「ん?フラン?」

フランが急に立ち止まって、後ろを振り返った。俺も同じ方向に目を凝らすが、墨みたいな闇ばかりで何も見えない。

「なにかいるのか?」

「今……」

「えっ、なになに怖い!なにが、なにがいるんだよ!」

思わずフランの小さな背中に縋り付いてしまった。だって、ここは墓場で、しかもゾンビが(おまけに夜目の利く)何か見たって言ってるんだぞ!怖いだろ!

「……気のせい、だったみたい。忘れて」

「でたー!それ一番気になるやつだからな!こういう時ってぜってー何かいるんだよ!」

「いいから、早く戻ろう」

「何だったんだよ!?いったい何のゴースト的なのが、そこにいなすったんだよ!?」

「うるさい!歩きにくいから早く離れて!」

最近のゾンビ娘は、冷たい。体温的にも、人情的にも。
俺たちが戻ると、廊下を歩くウィルと鉢合わせた。

「ウィル。見つけてきたよ」

「ああ、お戻りでしたか。無事に見つかって何よりです……あら?フランセスさんは、そんな大きな手袋、されてましたっけ?」

「ああー、これはその、気にしないでくれ。こいつの趣味だから」

俺に趣味をねつ造されて、フランがじぃーっとにらんでいる気がするが、気にしない。俺は口がうまくないんだ。ちょうどそのとき、遠くからドンドン、と戸をたたく音が聞こえてきた。実にいいタイミングだ。俺はウィルの追及を避けるため、話題を切り替えた。

「お。マーシャが来たみたいだな」

「そのようですね。では、私は出てきますので」

「ああ。先に俺たちは部屋に引っ込んでおくよ」

「わかりました。それでは、お休みなさい」

「お休み、ウィル」

ウィルはぺこりと頭を下げると、祭壇の方へと歩いていった。

「ふあぁ……ねむい。今日はずいぶん動いたなぁ。あんなに何度も山登りをするとは」

俺は大あくびをすると、首をぱきぱき鳴らした。対してフランは少しも疲れを感じさせず、しゃんと立っている。フランが打ち上げのことについてたずねてきた。

「どうだった?路銀、確保できそう?」

「あ。その話を忘れてた。メシと寝床はもらえたけど、できれば次の街までの担保も欲しいところだなぁ」

「あれだけ活躍したんだから、報酬はもらっていいはず。最悪あなたの分だけでももらわないと。唯一、生きた人間なんだから」

「そーだな。明日は……ふわ。ウッドに話してみるか。けど今日はもう休もう。ねみぃよ」

俺はあくびを噛み殺して、自分にあてがわれた部屋に向かう。扉を開ける前に、フランに向けて隣の部屋を指さした。

「ウィルに隣の部屋も開けてもらったんだ。フランは、そっちを使っていいぞ」

「え?」

「うん?部屋を分けてもらったんだよ。そっちの方がいいかと思って」

「ふーん……けど、わたしは疲れも、眠りもしないから」

「じゃあ部屋にいても退屈かな。外に出てるか?」

「いい。誰かに見られても面倒だし。ここにいる」

「へ?ここって、俺の部屋にか?」

「うん。だって、暇だから。暇つぶししたいだけだけど……だめ?」

「いや、俺はかまわないけど」

てっきり俺と一緒の部屋は嫌がるかと思ってたのに。まあフランが言うなら、いいか。

「けどフラン、俺ぜったいすぐ寝るぜ。話し相手にもならないと思うけど……」

「いいよ。別に何かしてほしいわけじゃないから」

「そ、そうか?じゃあ悪いけど、先に寝るぞ」

暇つぶししに来たんじゃないのか?ま、いいけど。俺は部屋に入ると、早々にベッドに潜り込む。フランはベッドから少し離れたところに腰を下ろした。なにをするでもなく、ただ座っているだけだ。相変わらずフランの気持ちは読めないけど、長い夜には、誰だって人恋しくもなるものなんだろうか。

「じゃあおやすみ、フラン」

「……ん」

素っ気ない返事を聞いたのを最後に、俺の意識はぷっつり途絶えた。



つづく
====================

読了ありがとうございました。
続きは【翌日0時】に更新予定です(日曜日はお休み)。

====================

Twitterでは、次話の投稿のお知らせや、
作中に登場するキャラ、モンスターなどのイラストを公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く