話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

2-2

2-2

山に入ると、猟師たちは二手に分かれた。俺たちはウッドたちと同じグループに加わる。ひげもじゃのエドはもう片方のグループだ。

「今から二手に分かれて、山を囲むように追い込みをかける。ルーガルーどもはこの山の中腹あたりに巣を作ってるはずだ。そこまで追い立てるぞ。あとは巣穴で落ち合おう」

俺たちのグループは、エドたちとは反対方向に進み始めた。追い立てるって言ってたけど、どうするんだろう?ウッドに質問してみると、ウッドは手ぶりも交えながら説明してくれた。

「帯みたいに横に広がって、人の網を作りながらオオカミどもを追い込むんだ。わざと大声を出したり、物音を立てたりしてな」

「え。それって、危なくないのか?襲われたりとか……」

「連中は賢いからな。こちらの人数が多いと分かれば、おいそれとは姿を見せない。だからこの狩りは人が多ければ多いほど安全だし、追い込みも楽になるんだ」

「なるほど」

しばらくすると一人が列から離れていった。そこから十分に距離をあけると、次の人が分かれる。そうやって“網”を作っていくんだろう。ほどなくして、俺たちが分かれる番がやってきた。ウッドが山の上のほうを指さした。

「いいか、いま俺たちは山の北側にいる。だからお日様と山頂は同じ方向だ。俺たちは、太陽の真下を目指して山を登っていくことになってる。だから太陽が山のてっぺんを通り過ぎる前に、上まで登り切るんだ。わかったな」

「了解だ」

「遅れんなよ。お前が遅れると、みんなの足並みが狂っちまう。それだけじゃない、お前のところが抜け穴だと思って、オオカミどもが押し寄せてくるかもしれないんだ。みんなぴったり同じに、網を絞っていかなきゃならねえ」

「わかった。なぁ、だったらスタートがずれるのはいいのか?俺より前に分かれた人は、後の人たちより先に登っちゃうだろ?」

「なあに。俺たちがただぐるぐる横へ移動してると思ったか?わはは。気づかなかったかもしれないが、歩きながら少しずつ山を登ってきたんだ。みんなの位置が同じになるようにな」

「へぇー。全然気づかなかった」

「俺たちはプロだからな。けど、お前は今日初めての素人だ。油断するなよ。じゃあな」

ウッドは俺の肩をバシッとたたくと、残りの猟師たちと一緒に行ってしまった。

「じゃあ、俺たちも行くか。ふう、とりあえずはうまくいってるよな」

フランもうなずく。

「ばれなくてよかった。ちょっと怪しまれたかもしれないけど……」

「ひひ、フランの強さを知ったら、みんな驚くだろうな」

「あなたが元勇者だって知ったら、もっと驚くはず。なるべく目立たないように行こう」

「同感だ」

俺とフランは、黙々と山を登り始めた。すると、シャツの下で鈴が鳴る。リィン。

『……主様。人はいなくなりました?そろそろ出してもらえると、外の様子が把握できるのですが』

おっと、そうだった。ガラスの鈴をシャツの下から取り出し、ついでに俺は気になっていたことを質問してみた。

「なあ、アニ。そもそもなんだけど、ルーガルーってなに?」

『本当にそもそもですね……半狼・ルーガルーは、狼人間とオオカミの中間のようなモンスターです』

「お、狼人間!?」

『とは、少し違います。狼人間・ライカンスロープは満月になると変身するのに対し、ルーガルーは変身しません』

「あん?じゃあ、ただのオオカミじゃないか」

『いいえ、元から人型なんです。群れの中の上位のオスが人型になり、以後群れを統率する習性があります。それ以外の個体は一回り大きなオオカミといったところですね』

「ひ、人型……強そうだな」

『知能も高く、危険ではありますが、ライカンスロープほどではありません。大人数で包囲すれば、分の悪い話ではないですよ』

「そ、そっか」

オオカミ人間か。どんなやつか知らないが、ウッドたちと合流するまで現れてくれるなよ。

山肌は高く登るにつれ、険しさを増していく。俺は剣を杖代わりに突きながら(代用品としては不向きだったが)、ひぃひぃ進んでいった。もちろん途中で、物音を立てるのも忘れずに。茂みをつついてみたり、倒木をたたいてみたり。オオカミどころか、蛇が飛び出してくることもなかったが、そうして音を立てると必ず、遠くのほうでカサッと小さな音がするんだ。急いで目を凝らすけど、樹木の間には何も見えない。けど、何かがそこにいるんだ。不気味な静けさって言うのかな。俺はずっと監視されているような、嫌な視線を感じ続けていた。

「静かに」

しばらく山を登り続けたころ、突然フランが足を止めた。俺はびくりと動きを止めると、小声でフランにささやく。

「どうした?」

「何か、聞こえたような……」

耳をそばだてる。山の中には、鳥のピューイという鳴き声、かれ葉が落ちるぱさっという音、時折吹く風のひゅおぉという唸り声……

「おおーい……」

ん!今度は俺にも聞こえた。いそいでアニをしまう。

「おーい、オウカ!」

「ウッドだ!おおーい、ウッド!ここだー!」

俺が大声で叫ぶと、すぐに左側から返事が聞こえてきた。声のほうに目を凝らすと、木々の合間にウッドが手を振っているのが見えた。ほか数人の猟師たちも一緒だ。
俺たちはウッドたちのほうへ駆け寄っていく。ウッドたちもこちらへ歩いてきた。

「ウッド!どうしたんだ?」

「おう、二人とも無事そうだな、よしよし。合図が来たから、迎えに来たんだ。エドたちの隊が巣穴を見つけた。あっちと合流するぞ」

「あ、そうなんだ。合図なんて、いつ出てたんだろ?」

「聞こえなかったか?こう、ぴゅーっていう指笛の音」

ウッドは指をくわえると、ピューイと鳥そっくりの音を出した。

「鳥にしか聞こえないよ!」

「ばか言え、こんな声の鳥がいるもんか。さ、それよりとっとといくぞ。こっからが仕上げだ」

うう、いよいよか。ルーガルー、どんな化け物なんだ?
俺とフランはウッドたちのあとについていく。俺はその間、様々なルーガルーの姿を想像してはかき消していた。そのせいで、かなり奇怪なイメージが出来上がってしまった。こんな恐ろしい怪物がいたら、腰を抜かしてしまうかもしれない。
やがて目の前の樹木が開け、大きな崖が見えてきた。崖の周りは木が一本もなく、視界が開けている。分かれた別グループの猟師たちが、その手前の茂みに隠れるように待っていた。

「きたか」

「どうだ?」

「あそこだ。洞窟がある」

洞窟?目を凝らしてみると、確かに崖の一部に裂け目がある。あれか?

「数は?」

「わからん。が、巣穴の大きさ的に、中程度の群れだろう」

「そうだな。よし、始めよう」

猟師たちはいっせいにうなずいた。



つづく
====================

Twitterでは、次話の投稿予定や、作中に登場するモンスターなどの設定を公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

読了ありがとうございました。

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く