話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

2-3

2-3

俺は腹をくくると、呪文を唱えて、もう二体のレイスに触れた。すぐに三つのピンクのもやが出来上がった。

「これくらいいれば足りるか?」

『十分でしょう。後は、彼らに指示を出してください。簡単な命令なら、このレベルのレイスでも理解できるでしょう』

「わかった。えーと、お前たち。俺は今、女の子を探してる。その女の子の手掛かりと、その邪魔になるモンスターがいないか、辺りを探してきてくれないか」

俺はなるべく分かりやすい言葉を選んで、レイスたちに命令した。伝わるか不安だったけど、幸いレイスたちは、すぐにそれぞれ分かれて飛んでいった。

「お、行った行った。うまく行くといいけれど」

谷の底は立ち込める霞が一層濃い。この視界の悪さじゃ、探し物は大変だろうな。その点、偵察役がいるのはありがたい。俺はここでただ待ってればいいだけだ。

「どっこいしょ」

手ごろな木の根元に腰を下ろして、辺りをぼーっと見回してみる。と言っても、霞んでで遠くまでは見えないんだけど。高い枝葉のせいで、森は薄暗い。だが木々の合間に時おり、青く光るレイスがちらりと見えた。まるでホラー映画みたいなシチュエーションだなぁ、なんてのんきに思っていたけど。けど、あいつらって、いわゆる幽霊なんだよな……ってことは、もしかして悪霊とかもいるんじゃ……ああ、余計なこと考えるんじゃなかった。背筋がうすら寒くなってきたじゃないか。

『……受け入れられました?』

「へえ?」

唐突にアニが話しかけてきて、俺はすっとんきょうな声をあげた。

「受け入れたって、なんのことだ?」

『死霊を操る、ネクロマンスという能力を、です。さっきもレイスを気味悪がっていたではないですか。もっとも、大抵の勇者はそういう反応をしますけど』

「ああ、うーん。正直、まだ完全には。最初はええーって思ったし」

『やはり、そうですか……』

こればっかりはどうしようもない。それに俺は、とある理由もあって、折り合いをつけられずにいる。

「けど、いつかは受け入れられるようにしたいと思ってるよ」

『それは、なんでまた』

「だってよく考えたらさ、これも俺の才能の一つなんだよな?だったらまず俺が好きになってあげなきゃ、って思ったんだよ」

『……好きに、ですか?』

「うん。自分のことは、まず自分が好きにならないとな。それに結構便利じゃないか?ネクロマンスって。おかげで俺はこうして楽できてるし」

『……ふぅん。変わった人ですね』

「そうかな?」

『ええ、かなり。あ、それよりも。レイスたちの一人が戻ってきたようですよ』

「え、もう?早いな」

『彼らは霊体ですから。言葉は発せませんが、彼らが見聞きしたものをイメージとして共有できるはずです』

イメージとして?どういう意味だろう。やがて森の木々を縫って(正確には突き抜けているように見えたが)レイスが一体戻ってきた。

「お、きたきた。って、うおお!?」

レイスは飛んできた勢いのまま、俺めがけてつっこんできた!とっさのことに避けようと思ったが、足が絡まってしまった。倒れる俺の顔面に、レイスが飛び込んでくる。目の前が、ピンクのレイスでいっぱいになり……

(わっ。なな、なんだ?)

突然、俺は森の木々の間を吹っ飛んでいた。いや、俺の身体は確かに地面の上にいる。手のひらとお尻に、硬い地面の感触があるからだ。けれど頭の中には、森を駆けぬける映像が鮮烈に流れていた。

(これがアニの言っていた……イメージの共有ってやつか?)

ということは、これはレイスが見て来たものってことなのか?確かに視界はふわふわ浮いているし、時たま太い木をそのまま突っ切ることもあった。はは、超リアルなVR映像みたいだ……

(ん?あれって)

やがて映像は、何かに気づいたようにゆっくりになった。すぐそばの苔むした木々のすき間を、小川がチョロチョロ流れている。川のふちは地面がぬかるんでいて、そこにレイスは近づいていく。

(これって……足跡だ)

地面に残された、小さな足跡。形を見るに、人間のものだ。

(それも、小さな子どもの)

その瞬間、俺の意識は唐突に現実の身体へと戻ってきた。

「ぶは!」

『どうでした?有益な情報はありましたか』

「はれ?俺、どうしてた?」

俺は転んだ時の体制のまま、地面の上に座り込んでいた。けど、さっきまでのふわふわした浮遊感はまだ残っていて、俺は思わず両手で地面にふれた。

『どうって、白目を剥いてピクピクしてましたけど』

「ええー!カッコ悪い……」

『死霊との交感はだいたいそんな感じです。それより、得たものはあったんですか?』

「そんな感じなのか……この少し先に川があってさ、そこに足跡があったんだ。例の女の子のかもしれない」

『なるほど……手がかりとしては少し弱いですが、そこから後をたどれるかもしれませんね』

「だろ?だから……お?」

さっきのレイスがふらふらと、俺にまとわりついてくる。こいつ、案外ひんやりしてるんだよなぁ。

「なんだなんだ。なにしてるんだ?」

『ああ、“報酬”をほしがっているんですよ』

「報酬?え、もしかして俺の命とか」

『まさか。彼らは死霊、もう死んでいます。とあれば、あとは冥府に行き着くことこそが至上の望み』

「……つまり、成仏したがってる?」

『そういうことですね。魂が死霊としてこの世に留まっているということは、未練、後悔、悔恨、そういったものをこの世に遺してしまっているからです。彼らの場合、長く留まるうちに、最早何を悔いていたかも分からなくなっているのでしょう』

「ふーん。それってどうすればいいんだ?」

『本来は未練を晴らすことが必要ですが、その域まで行ってしまった魂は、強制的に送ってやるしかありません。ですが、無視してしまって……』

「あ、そうなんだ。じゃあなレイスくん。あっちでも元気にやれよ」

ぽん!俺がレイスに一声かけると、レイスは淡い光を残して霞のように消えてしまった。

「わっ。ホントに消えた……」

『ちょっと!言ったそばから何してるんですか!』

「いまのが、成仏したってことかな」

『そうですよ!だからそれをしないようにと』

「だって、十分役に立ってくれただろ?それくらい叶えてやってもいいじゃないか」

『だからって、それじゃ使い魔が増えないじゃないですか!死霊の軍勢を率いてこそのネクロマンサーなんですよ?』

「いやまあ、そうなんだけど……気持ち的に、というか」

『気持ちって。あんな低級のレイス、人としての心なんて持ち合わせてないんですよ。どちらかといえば獣に近い、ただのモンスターなんです。そんなのにいちいち情をかけていたら、キリがありません!』

「いや、情にほだされたというわけでも……」

『じゃあ、なんなんですか!』

「……あぁー、もう!じゃあ言うけどな!俺は、ホラーとかめちゃくちゃ苦手なんだよ!」

『はぁ?』

そうなんだ。俺が、ネクロマンサーを受け入れられない理由。それは、幽霊や動く死体……いわゆるお化けが大の苦手だからなのだ。

「なんでお化けって、あんなおぞましいかっこしてんだよ!顔は怖いし、体はグロいし!ゾンビなんて、内臓出てんだぞ!俺、血とか痛いのってホント無理なんだよ……」

『それは、また……』

「それに今までは、あくまでフィクションだったけどさぁ。この世界じゃそれが現実リアルなんだろ?そう思ったら、どうにも……」

『つくづく、呪われていますね。どうして貴方がネクロマンサーなんでしょう』

「俺もそう思う……」

『しかし、それほど苦手なんでしたら、よくこの森に入ってこれましたね?ここはあなたの言う、ホラーそのものではないですか』

「うぅ~。我慢してたんだよ、ほんとは怖かったけど。ばあちゃんに、約束しちゃったし……」

『貴方の中では、自分の苦手よりあの老婆との約束が優先されるんですね……ほんとに、おかしな人です』

アニはふうとため息をついた。呆れられたかなぁ。

『貴方の意見は理解しました。ただ、今後も死霊の召喚を控えるつもりですか?先ほども言いましたが、ネクロマンシーは死霊を操ってこそ真価を発揮する能力です。貴方は並の人間よりは強靭ですが、能力なしではこの先危険な目に合うかもしれません』

「うん……さっきのレイスとかは、まあ大丈夫かなって感じなんだ。ただ、あれがもっとうようよ、しかもずーっとそばにいるってなると、どうしても……」

『……わかりました。確かに、頭数だけそろえればいいというものでもありません。私たちは、少数精鋭の方針で行きましょう』

「うん……ごめんな、面倒かけて」

『いいえ。字引は意見しません。あなたの決定に従いましょう』

「そっか。サンキューな」

さんざん意見された気もするが、きっとこれがアニなりの気遣いなのだろう。

「じゃあ、せっかくレイスが見つけてくれたんだ。この先の小川に行ってみようぜ。レイスも今頃、あの世で喜んでるだろうし、こっちだっていい手がかりが見つかるはずさ」

『といいですがね。はぁ、難儀な主人を持ってしまった』

アニのぼやきに、俺はへへっと笑った。



つづく
====================

Twitterでは、次話の投稿予定や、作中に登場するモンスターなどの設定を公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

読了ありがとうございました。

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く