話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

万怒 羅豪羅

2-1 呪われた森

2-1 呪われた森

『で、どうするつもりなんですか?』

リィンと鈴を鳴らして、ひさびさにアニが話しかけてきた。

「お前、ずいぶん久々にしゃべったな」

『私がしゃべったら一発で勇者だってばれるじゃないですか』

「ああ、そりゃそうか」

『それよりも。まさか本当に森だけ見て帰るわけじゃありませんよね』

「そりゃそうさ。ここまで来たら中まで拝むよ」

『ですか。まあいずれにしても、あの村の方々が言っていることが正しいと思いますけどね』

「んー。けどさ、なんか引っかかるんだよな」

『はあ。何がです?』

「まずあの村さ。体が悪い人すごい多くない?ばあちゃんは足、ジェスも足。最初に会ったおばさんは腰、すっとぼけたじいさんは耳」

『そうですか?人間歳を取ればガタの一つや二つ出てくるものでは』

「だったらジェスはおかしいだろ?それにこれは推測だけど、あいつは足を悪くしたばっかりなんじゃないかな」

『それはまた、何を根拠に』

「杖を使い慣れてない感じだった。の割に足腰はしっかりしてたし、背筋もしゃんとしてた。割と最近杖を使い始めたんだよ、きっと」

『はぁ。しかし、だからなんだというのです?たまたまあなたが会った人がそうだっただけでは』

「そうだな。けどさ、時期まで重なるとちょっとおかしくないか」

『時期?』

「そ。この三年以内に集中してただろ。村人の不調が出だしたのって」

『三年……火災があったというのも、三年前でしたね』

「そして、女の子がいなくなったのもな。まだわかんないけど、この繋がりは意味がある気がするんだ」

『推測の域は出ませんが』

「ま、それもそうだ。後は自分の目で確かめよう」

そこから例の森が見えてくるのに、それほど時間はかからなかった。なだらかな平野に突然、ぱっくりと口を開けた渓谷が現れたのだ。崖の淵に立って見下ろせば、鬱蒼とした木々がこんもりとドームのように茂っている。どれくらい深いのか見当もつかない。

「森というか、樹海って感じだな……」

時折風が吹けば、木々を揺らして風鳴りがする。それが渓谷の壁にこだまして、まるで唸り声みたいな音がするんだ。ザザザザザ。ウオオォォォ……俺は思わず、身震いした。

『この気配は……』

「アニ?どうかしたのか?」

『……いいえ。このあたりの地面はだいぶ脆いようです。足元に気を付けていきましょう』

「わかった……ばあちゃんとの約束だもんな。行こう」

俺は脆く崩れやすい崖をそろそろと下り始めた。下に進めば進むほど、森は深くなっていく。だんだん霞が辺りに立ち込め始め、気のせいか空気も淀んでいるみたいだ。幽霊の出る森と言ったら、まさにこういうところを言うんだろう。

「なあアニ、なんか笑い話でも知らないか?下に着く頃には気持ちまで沈み切っちまいそうだよ」

『……』

「アニ?無視はやめろよ……へこむよ……」

『……あなた、この空気をなんとも感じないんですか?』

「だからなんか話してくれって言ったろ。辛気臭くってかなわない」

『そうではなく。この濃さの精気の中にいて、なんともないのかと言っているのです』

「精気?空気は悪いなって思うけど」

『この森にはおぞましいほどの冥界の精気が立ち込めています。私ですら息が詰まりそうです』

「お前って息してんの?」

『……物の例えですよ。それより、常人であればとっくに気に当てられて、発狂しているレベルなんですが』

「え」

『むしろ、あなたは正常なんですか?いつおかしくなってもおかしくないのですが?』

「だからぁ!なんでそんな大事なことを先に言わないの!」

『聞かれなかったので。字引は聞かれない事には答えられません』

「ホントかよお前……とりあえず、今の俺はまともだよ。まともだよな?」

『客観的に見れば、そうですね。やはり能力が関係しているのでしょうか』

「能力って、ネクロマンスが?」

『ネクロマンスは、辺獄の魂……つまりは、冥府の精気を帯びたものを操る能力ですから。あなたがこの精気に当てられないのは当然かもしれません』

ふーん。フグは自分の毒じゃ死なないって事だろうか。

「……おい、ちょっと待てよ。だったら、ここに来たっていう女の子、ヤバくないか?その精気っての、要は毒ガスみたいなもんなんだろ!?」

『確実にヤバイでしょう。あなたのような特殊な能力を有している以外に、生き残っている可能性はないでしょうね。そうでなくても絶望的だったとは思いますが』

「そんな……」

『あの老婆もそれを分かっていたのではないですか?けど確かめるまでは納得できない。だからあなたを使いに出した』

「……そう、なのかな」

『さあ。結局は私の推論です。真意は老婆に直接聞くまで分かりません』

アニはあくまで淡々という。けど……アニの言う通りだ。ばあちゃんが何を思ってたかなんて、ここで考えてもわからない。ばあちゃんに事実を伝えるためにも、まずは俺が見て、納得すべきだ。

「決めた。やっぱり女の子を探そう。どっちにしたって、本人がここにいるはずだ」

『そうですね。彼女が本当にここに来ていたのなら、遺体くらい残っているかもしれません』

「俺はまだ生きてるのを信じるぞ。諦めてないからな!」

『そうですか』

よっし!そうと決まれば、行動あるのみだ。俺は気合を入れ直すと、いつの間にか丸まっていた背中をシャキッと伸ばした。

「よーし!いっくぞー!」

『あ、気をつけてください。足を滑らせま』

ずるぅ!

「うわあああぁぁぁ!」



つづく
====================

Twitterでは、次話の投稿予定や、作中に登場するモンスターなどの設定を公開しています。
よければ見てみてください。

↓ ↓ ↓

https://twitter.com/ragoradonma

読了ありがとうございました。

「じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く