話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

スタンピード2

 笑顔って、すばらしい。


 他者に不快な思いをさせないばかりか。
居心地の悪さやプレッシャーからも、自身を守る防波堤にもなるのだから。


 だから只今、やまださんの顔には満面の笑みが浮かんでいる。


 そして、走っている。全力で。


 オッサン一歩手前。アラサーのやまださんが笑顔で疾走とか、絵図的にやばい。
だって、完全に不審者のそれだもの。


 もし、現代日本の街中で見かければ、通報されかねない。


 しかし、この世界では……




「おい、マジかよ……こんな鉄火場で笑ってやがるぜ」「俺はちっとも不思議と思わないぜ、なんせあのルーキーなんだからな」「くっ……これくらいは奴にとっては、お遊びってことか」




 それを見ていた冒険者さんからは、などのお言葉を頂戴した。


 もうこれはアレだ。やまださんの評価が迷走しまくっている。
これに尾ひれがついた日には、目も当てられない。


 そのうちやまださんは、人間をやめてしまっているかもしれないな。




「もうダメにゃー! 死んじゃうにゃー!!」




 おっと。


 どこかで聞き覚えのある声に目を向けば、絶体絶命のピンチ。
尻餅をついた状態で、魔物に襲われる間際とか。


 さすが、ピンチに定評のあるエリザさんだ。




「あっ、やまだにゃーっ!! た、たすけてにゃーっ!!」




 どうやら、こちらに気がついたご様子。
いくら急いでいるからといっても、さすがに無視するわけにもいかず。


 やまださんは、走ったままの状態で。
アイテムパックから『始まりの剣』と名のついた戦斧を、振りあげた手の中に出現させて。


 それを魔物目掛けて、振り抜く。


 ゴブリンをひとまわり大きくさせた、醜悪な魔物。


 その上半身が水風船が弾けるように消えると、経験値を獲得したことを知らせるポップなメロディーが流れた。


 そして、慣性の法則が乗った戦斧を勢いそのまま、アイテムパックへチェックイン。


 さすがはアイテムパックさん、期待通りの活躍だ。
これで走る速度を下げることなく、魔物を倒すことができたぞ。


 様々な物を収納できるだけでもすごいのだけれど、任意の場所に出し入れできちゃうとか。
応用次第では、可能性が広がりんぐ状態ではなかろうか。




「あっ、ありがとうにゃー! この恩は忘れないにゃー!」




 そんなことを言っていても、魚の干物には負けるくせに。


 なんて思いつつも、涙目のエリザがあげる感謝の声を後にして走り続けた。














 街の外れ、ダンジョン群の境界にある此処は、普段であれば屋台に賑わっている場所だ。


 それが今は、スタンピードの最前線。
コミケ一般参加の物量を思わせる、魔物たちがひしめき合っていた。


 それをなんとか抑えようとしているのが、冒険者の皆様方。


 しかし、多勢に無勢。苦戦を強いられているように見て思える。
ここが崩れてしまえば、街への被害がどうなるかは想像に難くない。




「やまだ殿っ!」




 ゆれるたわわこと、マリエール・ホワイトシープさん。
パーティーメンバーを率いて、戦いながら前線の指揮をとられているご様子。


 持っている剣が冷気を帯びていて、魔剣士みたくちょっとカッコいい。


 一体、どんな魔法なんだろう。
中二心をゾクゾク刺激するこの感じ、やまださんも使ってみたい。


 右手に焔、左手に氷結とか最高にクールだと思うの。




「これはマリエールさん、大変なことになっていますね」




「……ああ、これは想像以上の数だよ」




 などと、お話途中も攻撃を続けるたわわさん。


 切りつけた先、瞬く間に氷が魔物を覆うとその動きを完全に停止させる。
見れば数十体を軽く超える、氷の彫像があちらこちらと並んでいた。


 そんなクリーチャーな彫像を見て、一つ疑問が浮かんだ。




「なんともすごい魔法ですね」




「ああ、これか? 付与魔術エンチャントだよ」




 付与魔術エンチャント、ゲームでもわりとよく聞く名前だ。
知識が正しければ、アイテムなどに魔法効果を与える術のことだろう。




「なるほど、付与魔術エンチャントですか。しかしなぜ、手合わせときにこれを使わなかったのですか?」




 と、やまださんの疑問に。


 たわわさんは、




「結果は同じさ。例えコレを使ったとしても、貴殿との実力差は埋めれないよ」




「それは、わかりませんよ?」




「いいや、わかるさ」




 そう言ったたわわさんの笑顔は、気持ちの良いものだった。


 さてと、そろそろやまださんもお仕事をしなくては。


 それにしても、この数だ。
一体一体、切りかかって進んでいては、ダンジョンに辿り着くだけでも一苦労だ。


 今は一刻を争う事態、どこまで効果があるのかはわからないが。
ここもう、魔法でどーんとやっちゃおう、どーんと。


 右のおててを上に向けて、念じる。


 曰く、ファイアーボールさん来てください、できれば大きいやつで。


 ずずっと体から魔力っぽいやつが、吸いあげられる感覚に成功の予感マシマシ。
頭のうえで、轟々と燃えさかるファイヤーボールさんに目を向ければ。


 ……おっと、これはやばい。


 想像の数倍は、大きいサイズのファイヤーボールさんがこんにちは。


 どうやらやまださん、発注書の桁を間違えをしてしまったようだ。
しかし、だからといって納品されてしまった以上、返すわけにはいかない。


 廃棄ロスとは、戦わなければならない宿命にあるのだ。




「やっ、やまだ殿っ!?」




 近くにいた、たわわさんが素っ頓狂な声をあげる。




「どうしました? マリエールさん」




「いや……その、邪魔をするつもりは毛頭ないのだが。
しかし、だな……貴殿の頭上で燃え盛っている巨大なそれは、なんだろうか?」




「ええっと、これはファイヤーボールですが」




 さすがに少しばかり大きいとは思うが、納品されたこれはファイヤーボールに違いない。
もしかして、この世界では寸法の大きさによって、名称が変わったりするのだろうか。


 出世魚みたいに。




「ふぁっ、ファイアーボール!? そ、そうか……うん。貴殿が言うのであれば、そうなのであろうな」




 納得したのかしていないのか、複雑そうな表情をするたわわさん。


 動きが完全にフリーズしてしまっている。


 しかし、いつまでもファイヤーボールを浮かべているわけにもいかないので。


 冒険者がいない地点目掛けて、ぽいっと。


 指令オーダーを受けたファイヤーボールさんは、凄まじい回転を見せてイメージしたルートを寸分の狂いもなく一直線に進む。


 ややって、重々しい響きとともに、大量の魔物を巻き込んで大爆発。


 パラパラと落ちる砂埃、焦がすような熱風が肌を撫でた。
そして、視界が晴れた先にあったのは、地形を大きく変えたクレーター。


 ――これがレベル57のファイヤーボール。


 数百体は優に超える魔物を、一撃でほぼ壊滅させてしまうなんて。


 その威力に、やまださんドン引き。


 チラリ、横目で伺えば、あんぐりと大きくお口を開けたまま微動だにしないたわわさん。
そのお仲間も同じように、引きつった顔をしているご様子。


 それもそのはず、魔法の知識が乏しいやまださんでもわかる。


 この威力はやばいって。




「ま、まぁ……こんなものですかね。はっはは……」




 乾いた笑い声は、巻きあがった風に乗って空の彼方へと消えていったのだった。

「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く