話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

手合わせ

 たわわこと、ギルドのエース・マリエルさん。


 成り行きとはいえ、手合わせする運びになってしまったやまださん。


 どうにかこれを回避できないものかと、無い頭で考えてみるが。如何いかんせんポンコツ仕様となっている為か、この短時間では良い方法が見つからない。


 そんなこんなしている内に、




「急な呼び立てに応じてくれて感謝する、私はマリエル・ホワイトシープだ。宜しく頼む」




 などと、挨拶されては、




「これはご丁寧に、私はヤマダ・タケシです。よろしくお願いします」




 と、返すしかなかった。




「さて、お互い挨拶も済んだようだし、始めてもかまわないか?」




「ああ、かまわない」




「……はぁ、はい」




 もうこれは完全に引き返せない雰囲気。


 仕方ない、怪我だけはしないようにがんばろう。












 渡されたのは、木剣が一つ。


 それを持って、修練場の中心でお互いに構え合う。
なぜか、周囲には野次馬が集まっていてちょっとしたアウェー感。


 そもそも、当然のように木剣をわたされたけれども。
やまださんが魔法使いとかソッチ系の人だったら、どうするつもりだったのだろうか。


 なんて、思わなくもない。


 しかし、渡された木剣を素直に構えてしまった以上今更だろう。
それに未だ、つなぎにバイク用プロテクターを愛用している自身の姿をかんがみるに、魔法使いにはとてもではないが見えそうもない。


 どちらかといえば、現場作業員。そちらのほうが余程しっくりくる。
今まであまり気にはしていなかったが。


 ちょっとは、服装に気を使ったほうがいいのだろうか。


 異世界であっても、TPOって大事じゃんね。




「ではっ、参る!」




 おっと、もう始まってしまった予感。


 たわわさんの体が、残像を帯びたかのようにブレる。


 そして、気がついたときには、もうすぐそばまで迫っていた。


 なにこれ想像以上に速いぞ、このたわわさん。


 慌ててその動きに意識を集中させる。
すると、速かった動きも途端にスローモーションに早変わり。


 だからか、その動きも容易に捉えることができた。


 振り上げられた木剣、弾むたわわ。
振り下ろされるであろう着地点を、やや避けてみせる。


 この紙一重感、最高にカッコいい。


 木剣は予想通りのルートで地面に叩きつけられる。
切っ先が地面を抉り、砂埃を巻き上げた。


 周囲を取り囲む野次馬から、ワッと歓声があがる。




「くっ、全力の一撃を避けられるは。ならばっ、これでどうだっ」




 次に放たれたのは、横からの薙ぎ払い。


 それを後方に飛んで避ける。


 やはり、ここも紙一重。ちょっと、クセになってしまいそう。


 たわわさんのピンと、伸びきった右腕。


 ここチャンスと睨んだやまださんは、一足距離を詰める。
左下からの切り上げ。残影が歪むほどの速度で振られた木剣が生みだす風圧は、たわわさんの顔を舐めた。


 そして、切っ先はわずか1センチで急停止。


 アニメやラノベであれば、これで勝負ありである。
見てきた物はそうだった、だからこの世界でも、きっとそう。


 ……大丈夫だよね?




「これで満足していただけましたか?」




 ドヤ顔で言ってみたものの、ダメだったらどうしよう。


 恥ずかしさ満載だ。


 ややあって、




「……ああ、完敗だ。まさか、ここまで実力差があるとは思ってもいなかった」




 たわわさんが負けを宣言したことで、野次馬からさらに大きな歓声があがった。


















 ところ変わって、ギルド会館の一室。


 その執務室と呼ばれた部屋が、やまださん一行に与えられた現住所。


 執務机の前に置かれた一対のソファー。
中心にやまださん、左はローズ、右はクレアさんこんな塩梅だ。


 向かってたわわさんと、その他一名ギルドマスター


 ゆらゆらと湯気を立てたお茶を前にして、その他一名ギルドマスターが開口一番、




「すまなかったっ! お前さんを試すような真似をして」




 と、額をテーブルにをつけんばかりの勢いで頭を下げて見せた。


 当初、頭突きでもするのかと心配になったほどだ。




「私からも謝らせてくれ。マスターに無理を言って、あの場を作ってもらったのだから」




 続いて、たわわさん。




「いえ、謝罪には及びません。こちらも良い経験をさせて頂きましたので」




「そうか、そう言って貰えて助かる」




 などと、たわわさんとの会話を楽しんでいたところ、


 横にいたローズさんがやまださんの肩を、人差し指でチョイチョイと。




「……なにか、いつもと対応が違うわね」




 そんなまさか、顔に出してまったのだろうか。


 おそるべし、たわわ。




「いつも通りですよ、ローズさん」




「ふーん、ならいいのだけれど」




 ややって、




「コホン、謝罪ついでとは何だが、もうひとつ言わせてくれ」




 と、ギルドマスターさん。


 少しばかり、居心地がわるそうに口を開いた。




「ギルド会館占拠の件について、解決してくれた事をマスターとして感謝する」




 ああ、ハゲマッチョのやつね。


 完全に忘れかけていたわ。




「その礼として、このゴールドクラスの冒険者証を受け取ってほしい」





「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く