話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

報酬

 ピッ。




『レベルアップ。スキルポイント20獲得しました。』




 ダンジョンマスターの撃破を知らせるログが流れ終わると、


 玉座の奥にある壁が、ズズッと音を立てて左右に開かれる。


 ちょうど、自動ドアが開くような要領だ。


 そこから地下へ続く、階段が見えた。


 もしかすると、前回と同様に、あの真っ白な空間。
ダンジョン最深部へと、繋がっているのかもしれない。




「さすが、ご主人様。無事にダンジョンマスターを倒してしまいましたね」




「ああ、クリスティーナがかけてくれたバフ……いや、祝福のおかげだよ」




「わたしは、アレくらいしかお役に立てれないので……」




「助かったよ、ありがとう。クリスティーナ」




 デュラハンが残した兜と、魔石をアイテムパックに回収して、


 あらわれた階段を降りる、俺とクリスティーナ。


 程なくして、白く柔らかい光が見えてきた。


 やはり、この先にあるのは、 あの真っ白な空間で間違いないようだ。




「クリスティーナ、ちょっと待ってくれ」




「は、はいっ」




「これを」




 アイテムパックに突っ込んでいた、ジャージを差し出す。


 あの空間では、クリスティーナにかけられていた呪いが、一時的にせよ解けていた。
そして、今のクリスティーナは、前にプレゼントしたリボン以外は装備していない。


 つまりアレだ、このまま入ってしまえば、またあの・・事故が起きてしまうというわけだ。


 さすがに、それは色々とまずいだろ。


 そう何度も、剥いてしまうわけにはいかない。




「ありがとうございますっ」




 と言うと、嬉しそうにお礼を言うクリスティーナ。


 手渡したジャージを、いそいそと着始める。




「お待たせしましたっ」




「じゃあ、行こう」




「はいっ」




 階段の先には、【始まりの洞窟ダンジョンRE】と同じ、


 石碑以外、何もない空間が広がっていた。




『境界の回廊、最深部へようこそ。』




  以前と同じ、優しげな女性の声が響く。


『境界の回廊 の、踏破者として、ヤマダタケシ、クリスティーナ・M・ブルーオーシャンを登録します。』




 ふと、クリスティーナを確認すれば、スケルトンの姿から聖女様へと戻っている。


 以前は、確信を持てなかったが、これでハッキリとした。
やはり、ここはバフ・デバフを打ち消してしまうような、セーフゾーンのようだ。


 事前に、ジャージを渡しておいて正解だったな。


 こんな美少女しているクリスティーナが、あられもない姿でいたら、とてもじゃないが平常心でいられる自信がない。




『クリア報酬をお選びください。』




 と、声が聞こえたかと思うと。


 目の前に、二つの光り輝く球体があらわれる。


 今度の報酬は、選択制らしい。


 洞窟ダンジョンのステータス情報のように、二つの球体にも情報がマスク表示されている。




【セリシアの息吹】


 大森林と呼ばれる場所の奥深く、セリシアの大樹が50年に一度、生みだす息吹。
使用者のレベルを10アップさせる効果を持つ。




【アブダラの霊泉】


 竜峰に湧くとされる霊泉。
使用者のあらゆる状態異常を消し去る効果を持つ。




 ……これは。


 ついに、きちゃったか。


 【アブダラの霊泉】を使えば、クリスティーナの呪いを解けるじゃないか。
レベルを10アップも確かに魅力的だけど、これを使わないと上がらないわけではない。


 しかし、【アブダラの霊泉】に関しては、これを逃がしたらいつ手に入るかわからないし。
もしかしたら、二度と手に入らない可能性だってある。


 もう、これは【アブダラの霊泉】一択しかないだろう。




「クリスティーナにも見えてるか?」




「はい、見えています。ご主人様、どうぞ、【セリシアの息吹】をお受けとりください。
使った者に大きな力を与えると、そう書いていますので、ご主人様に相応しいかと思います」




 あれ? 見えている説明文が違うのか。
まぁ、いい。今はそんな場合じゃない。




「これじゃなくても、力はつけられる。だけど、呪いは違うだろ?」




「しっ、しかし……私は後をついて行くばかりで。ほとんどがご主人様の成果ではありませんか」




「俺がそうしたいんだ、クリスティーナは何も気にしなくていい」




 と言うと、【アブダラの霊泉】の表示がされている球体に触れる。


 すると、眩い程に光を放ち、液体の入ったガラス瓶に姿を変えた。
手の平大のガラス瓶に、澄んだ青色の液体が並々と入っている。




「ご、ごしゅじんさまぁ……ぐすっ、あ、あ、ありがとう……うっく、ございます」




 振り向くと、真っ赤に目を腫らしたクリスティーナの姿が。


 その宝石のような瞳から、ポロポロと涙が零れ落ちる。




 「ごっ、ごめん。だ、大丈夫か……」




 何で謝っているのかわからないが。


 俺は、焦りながらも言葉を探す。




「ぐすっ、……い、いえ、うっく、……これは嬉し泣きですっ」




 そう言うと、クリスティーナは、首を小さく傾げて笑顔を見せた。




 そうやって見せた笑顔は、破壊力抜群だった。


 童貞の俺としては、オーバーキルもいいところ。


 最高にあたふたとしてしまうのが情けないわ。










 ピッ。




『規定レベルに達しました。彼の地への滞在制限を解除します。』




 ピッ――。








 

「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く