話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

冒険者ギルドの反乱3

「黒鷹のリーダー出て来なさい。この私が、相手するわっ!」




 ギルド会館に向かって叫ぶローズ。


 それを受けてか、野次馬たちもヒートアップだ。


「早くでてこいっ!」「女一人にビビッてるのか」「ギルドが使えなくて迷惑なんだよ」「そうだ、そうだ」「お前達のせいで依頼が受けれねーだろうが!」「ハゲマッチョ」


 などなど。


 すっかりと、同調する声はなりを潜め、野次馬からは罵倒する声ばかりに。


 ちなみに、最後の野次は俺のだ。




「あんた達も冒険者なら、そんな所に立てこもっていないで。冒険しなさいっ!」




 煽っていく、スタイルのローズさん。


 そういえば、ステータス見たことなかったな。


 どれ、どれ。




名前:シャーロット・T・グレース
種族:人間 
性別:女
ジョブ:冒険者
レベル:7
HP:49
MP:35
STR:11
VIT:17
INT:19
DEX:12
AGI:15




 誰だよ、お前。


 どうやら、ローズさんは偽名だったようだ。


 しかし、このステータスはどうなんだろう。
今まさに、叫んでいるように相手が出てきちゃったらヤバイのではないか。




 ステータスを確認している途中も、ドンドンと煽っていくローズさん。


 それを受けてか、




「うるせぇ!」




 と、怒鳴りながら『黒鷹』のメンバーと思われる数人が飛び出してきた。


 一応、『黒鷹』のステータスを確認してみる。




名前:バルボン
種族:人間 
性別:男
ジョブ:冒険者
レベル:10
HP:88
MP:12
STR:23
VIT:19
INT:7
DEX:15
AGI:14




 他も、似たような数値だ。


 それが、数えてみれば三人ほど。


 これは、アレだ。ローズさん負けてしまう。




「ようやく出てきたわね。いいわ、その性根叩き直してあげるわっ」




 などと、剣を抜いてローズさんは、やる気マンマン。


 一方、『黒鷹』のメンバーは青筋を浮かべ、頭に血がのぼっているご様子。


 まさに、一触即発。


 ……どうしよう。


 助けに入れば、絶対に面倒なことになるの目に見えている。
しかし、助けなければステータス的に見て、負けちゃうだろうな。


 負けるだけならいいが、下手したら大怪我。
もしかしたら、死んでしまうかもしれない。




「ご、ご主人様。ローズさん大丈夫でしょうかっ?」




 大丈夫じゃないよ、大変だよ。




「やっぱ、助けないと目覚めがわるいよな」












「おいっ、このうるせぇ小娘やっちまうぞ!」




 『黒鷹』の一人が叫ぶ。
見た感じ、冒険者というよりも山賊と言ったほうがしっくりくる。




「来なさいっ、お仕置きしてあげるわっ!」




 『黒鷹』の男達は剣を抜き、ローズへ向かう。


 俺も野次馬を抜けて、ローズの元へ。


 アイテムパックから、『始まりの剣』と言う名のバットを取り出して、『黒鷹』の一人に打ち付ける。
打ちつけられた男は、残りの二人を巻き込んで吹き飛んだ。


 どうやら間一髪、間に合ったようだ。




「あ、あなたは……」




「ローズさん、俺も手を貸します」




「っ……、ありがとう」




 もういいや、ちゃっちゃっと『黒鷹』をやってしまおう。









「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く