話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

パーティーメンバー

「さすが、ご主人様ですっ」




 カタカタと骨を鳴らせて、駆け寄ってくるクリスティーナ。
倒れていたパーティーメンバーの回復は、無事に終わったようだ。


 地面に倒れていたのは、すでに過去のこと。
彼らも今は、元気に立ち上がっている。


 回復魔法って、すげーな。




「クリスティーナもご苦労様、回復魔法なんて使えたんだな」




 スケルトンであるが、よくよく考えてみれば、元聖女様だ。
回復魔法の一つ、使えたところで不思議じゃない。




「いえ、スケルトンになってからは、魔法が一切使えなかったのですが……。あの白い部屋であらわれた輝く球体に触れてからは。少しだけですが、魔法が使えるようになりました」




「それって、呪いが少し解けたってことか?」




「私にも、わかりませんが。もし、そうなら嬉しいですっ」




 スケルトンには、相変わらず表情なんてないが。


 今はきっと、笑顔を浮かべてるはず。
少しづつだけど、感情の機微がわかってきた気がする。




「あの……助けて頂き、本当にありがとうございました」




 そう言ったのは、金髪のイケメン。


 悔しそうに、地面に倒れていた彼だ。


 俺のいた世界であれば、モデルとかしているタイプ。


 それもちょっと、チャラ目のやつ。


 聞いてみれば、このイケメン、ローズの婚約者フィアンセらしい。




「べつに、婚約者フィアンセっていっても親同士が決めたことよっ」




 などと、ローズは言っていたが。


 それとなくローズを気遣うイケメンの感じが、ラブだよラブ。


 許婚なんて、空想上の生き物か何か、かと思っていたけど。
その幻獣を目のあたりにして、なんかこう色々と眩しい。


 俺も、許婚がほしかった。
思春期を経てからの、お互いを意識し始める感じが最高だよな。




「助けて頂いて、ありがとうございます。……この恩は決して忘れません」




 ペコリと頭を下げたのは、クレアと呼ばれていた少女。
短く揃えた、青い髪が印象的だ。


 暴行未遂とはいえ、まだ時間がそう経っていないせいか。
表情は暗いが、それでも美しい顔立ちが見てとれた。


 気になっていた顔の痣も、クリスティーナの回復魔法によって消えている。
傷が残らなくて、一安心といったところか。


 他のメンバーに比べて、特に華奢な感じがする。
雰囲気的に見て、彼女は後衛か魔法職だろうな。


 そして、パーティーメンバー最後の一人は、栗色の髪を後ろでまとめた剣士風の少女。


 これまた、お礼の言葉を頂戴した。


 しかし、前衛三人に後衛の魔法職一人という、何ともバランスの悪いパーティーだ。
こちらの世界には、パーティーロールという概念がないのだろうか。


 それとも単に俺が、ゲーム脳になっているのかもしれないけど。




「あんたが、こんなに強いなんて意外だったわ」




 降下したと思われた、好感度が回復した予感。




「ローズ、助けて頂いたのにそんな言い方してはダメだよ」




 さりげなく入れるイケメンのフォローが、経験値の高さを伺える。
チャいとか言って、ごめんなさい。


 ダメだ、これ以上このパーティーを見ていると、何かが削れていく気がする。
キリの良いここいらで、早々に離脱せねば。


 手遅れになってしまう前に。




「それじゃあ、俺達はここで」




 この場を後にするべく、立ち去ろうとした時だ。


 ローズにガッチリと、袖を掴まれてしまった。


 その目つきは、獲物を狙うような目。




「な、なんでしょう……」




 何かマズイことでも、してしまったのだろうか。
なにせ、異世界のマナーなどこれっぽちも知らない自分である。


 些細なすれ違いが、大きなトラブルに、なんてこともあり得るからな。




「まだ、お礼が出来ていないわっ」




 ああ、お礼ね。


 お礼か……。


 完全に忘れてしまっていたわ。



















「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く