話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

冒険者の少女3

 バットをクルリと回した後、男達に向ける――




「俺か……俺は、お前達をぶっ飛ばす男だ!」




 言ってしまったぞ。


 まさか俺の人生で、こんなセリフを言ってしまうとは。


 ダンジョンの雰囲気、やばい。
完全に当てられてしまっているわ。




「てめぇ、正気か? 俺達に勝てるつもりでいやがるのかっ」




 厭らしく口角をあげて、嘲笑のを浮かべる無法者アウトローA。




「そのつもりだ」




 言ってしまったものは、仕方ない。
このノリを貫き通してしまおう。


 変に恥ずかしがるから、いけないのだ。
今の俺は、ピンチに駆けつけた謎のヒーロー。


 これだ、これでいこう。




「はっははは、俺達は元、『赤鉄』級の冒険者よぉ。お前みたいなヤツに負けるはずがねぇ」




 それに釣られて、無法者アウトローBも笑いだす。


 さっそく、笑われてしまったぞ。


 何だソレ、知らないよ。


 冒険者に階級あるなんて、初めて知ったわ。
で、『赤鉄』級とやらのステータスは、どんなもんよ。




名前:ゲレレ
性別:男
種族:人間
ジョブ: 無法者
レベル:16
HP:155
MP:0
STR:31
VIT:33
INT:0
DEX:19
AGI:29




 見てみれば、ダンジョン推奨レベルギリギリ。


 ネトゲであれば、パーティに入った途端キックされても、文句言えないレベル。
曰く、「募集内容は、ちゃんと見てくれましたか? すみませんが、キックしますね」


 基準を満たしていない者に対して、世間の風は冷たいのだ。


 もう一人はどうだ?




名前:モッスル
性別:男
種族:人間
ジョブ: 無法者
レベル:14
HP:147
MP:0
STR:29
VIT:25
INT:0
DEX:33
AGI:35




 こいつに到っては、レベルが下回ってるぞ。
逆に、心配になってしまうわ。


 そして、これが俺のステータス。




名前:ヤマダ タケシ
種族:人間 
性別:男
ジョブ:冒険者
レベル:37
HP:750
MP:590
STR:255
VIT:309
INT:248
DEX:225
AGI:370
ストックHP:10
スキルポイント:165




 その差は、まるで大人と子ども。
我が戦力は、圧倒的じゃないか。


 ふふっ、と笑いが漏れてしまったわ。




「何が可笑しい? 笑うんじゃねぇーよっ!」




 不機嫌そうに、言葉を吐き捨てると向かってくるモブA。


 自身は嘲笑したのに、理不尽な事を言うやつだ。


 それを、向かい撃つべくバットを持つ手に力をこめる。


 あれ、遅くないか。


 モブAの動きが、まるでスローモーションのようだ。
いや、これはきっと上昇したステータスがそう見せているのかもしれない。


 切り込むモブAの剣を、バットで打ちつける。


 金属の甲高い音が響く、厚い刃が粉々に割れた。


 それを見て驚愕するモブA。


 俺も、ビックリだ。まさか、粉々になるとは思わなかった。
しかし、今は驚いている場合じゃない。


 すかさず、腹にバットを打ちつける。




「ぐはあっ」




 モブAは、その場に倒れて動かなくなった。


 続けて、モブBに向けて駆ける。


 まさか、モブAが倒されてしまうとは、思っていなかったのだろう。
剣すら抜いていない、隙だらけもいいとこ。


 このまま、打ち込んでしまえ。


 モブAと同じく腹部へ。


 打ち込まれたモブBは、への字に体を折りながら、そのまま地面に倒れこむ。


 ふう、終わったぞ。ミッションコンプリート。
これだったら、まだゴーレムさんのほうが強かったな。




「す、すごい……あなたは一体……」

「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く