話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~

私は航空券A

ダンジョン攻略1

『レベルアップ。スキルポイント15を獲得しました。』


 ピッ。


『スキルポイント獲得につき、スキルが開放されました。』


 ピッ。


『スキル、フルスイングLv1を取得しました。』




取得可能スキル一覧: 消費スキルポイント


 ・ビギナー支援パック: 5
 ・HPストック: 10
 ・火属性魔法Lv1: 5
 ・土属性魔法Lv1: 5
 ・戦士の雄叫び: 10
 ・ステータスアップLv1: 10




 お、おおっ! ついにきてしまったスキルが。流れるログを目にして、興奮が抑えられない。
思わず、ガッツポーズをしてしまう。


 魔法が使えちゃったりするのだろうか。
取得可能スキルの中に魔法の文字があるから、使えちゃうんだろうな。


 亡くしたはずの中二的な何かが、コンニチハしてしまいそうだ。


 ステータスの要領で、表示されたスキルに意識を集中させると、その説明が浮かびあがる。




【ビギナー支援パック】


新米冒険者に対してささやかな、はなむけ。
初回スキル取得時のみ選択可能。


【HPストック】


HPがゼロになったとき、ストックされたHPが加算される。
ただし、ストック分のHPは最大値HPを減少させる。


【火属性魔法Lv1】


初級火属性魔法を取得。
スキルポイントを使用することでLvアップが可能。


【土属性魔法Lv1】


初級を土属性魔法を取得。
スキルポイントを使用することでLvアップが可能。


【戦士の雄叫び】


STR値を5%アップ。
MP消費で発動可能、効果時間は30分。


【ステータスアップLv1】


全ステータスを10アップ。
スキルポイントを使用することでLvアップが可能。




 で、先ほど覚えたスキルはどうかと言うと。




【フルスイングLv1】


渾身の一撃。
MP消費で発動、STR値を10%アップ。
スキルポイントを使用することでLvアップが可能。




 なるほど、結構強そうじゃない。


 これを使用すれば一角豚も、一撃で倒せたりしちゃうんだろうか。
ありがたく、使わせてもらおう。


 さて、次へ進む前にスキルをとっておくか。


 一通り目を通したところで、
やはり【ビギナー支援パック】が気になるな。


 説明文に書いてある通り、初回スキル取得時のみ選択可能ってことは。
今しかとれない限定品ってことになる。


 もう、これは取得するしかないだろう。


 【ビギナー支援パック】に意識を集中させる、




『【ビギナー支援パック】を取得しますか? はい/いいえ』




 よし、できた。「はい」を選択するように意識を向けて。




『【ビギナー支援パック】を取得します。スキルポイント5消費されます。』




『スキル取得に成功。以下のスキルが付与されます。』




【アイテムパック】


 アイテムを無制限に収納することが可能。
ただし、生物は収納不可。


【マップ】


 周囲のマップを表示。
ただし、未踏破ダンジョンの表示は不可。


【言語】


 未知の言語を習得することができる。


【成長速度アップ】


 取得経験値を大幅アップ。




 色々と便利そうなスキルいっぱいある。
確かに、【ビギナー支援パック】の名に相応しい品揃えだ。


 しかし、どう使えばいいのだろうか。
ステータスの要領で、発動させればいいのかな。試してみるか。


 【マップ】を発動するように意識を向ける。


 お、視覚の左上にゲームで御馴染みの簡易マップが表示された。
そこに映しだされていたのは、今まで進んできた道のり。


 その先は説明にあったように、表示されていない。これがあれば、迷子にならないで済む。


 せっかくだから、【アイテムパック】も使ってみる。何もないハズの空間に歪みがあらわれた。


 ここに入れればいいのか? おっかなビックリ、手を入れてみるとスッと手首から先が消える。


 どうやら、歪みの先が【アイテムパック】に繋がっているらしい。
リュックをアイテムパックへ収納する。


 これで、身軽になったぞ。


 荷物の重量や大きさを考えずに持ち運べるのは、すごく便利なスキルかもしれない。
無限の可能性が見えてくる。


 残ったスキルポイントは、どうしようか。


 魔法を使ってみたい気持ちは大きいが、ここは涙を飲んで魔法はあきらめよう。
安全第一、いのちを大事に、だ。


 次は、絶対に魔法をとってやるんだ。だって、使いたいもん魔法。


 よし、【HPストック】、キミに決めた。




 スキルを取得して、HPをストックと、




名前:ヤマダ タケシ
種族:人間 
性別:男
ジョブ:冒険者
レベル:3
HP:45
MP:27
STR:9
VIT:7
INT:8
DEX:9
AGI:5
ストックHP:10
スキルポイント:0


アクティブ:スキル 
HPストック:LvMax
フルスイング:Lv1


パッシブ:スキル
アイテムパック:LvMax
マップ:LvMax
言語:LvMax
成長速度アップ:LvMax




 一つだと思っていたレベルが、二つもあがっていた。
経験値取得にボーナスがつくって、表示されていたしそのせかいもしれない。


 よし、スキルもとり終えたし、先へ進むとするか。


 と、思って置いていたバットに手を伸ばした時だった。


 背中に棒で打たれたような強い衝撃が走る。


 倒れながらも、その主を視界に捉えた。


 子どものような姿に、緑色の肌をした醜悪な容姿。




種族:ゴブリン
性別:男
レベル:1
HP:37
MP:0
STR:6
VIT:6
INT:0
DEX:1
AGI:4




 ゴブリンだ。それも同時に三体。











「現実世界にダンジョン現る! ~アラサーフリーターは元聖女のスケルトンと一緒に成り上がります!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く