話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

年下御曹司は白衣の花嫁と極夜の息子を今度こそ! 手放さない

ささゆき細雪

Chapter,2_11. 優しい死神は手籠めにされて

 ――朔兄と、逢ったんでしょう? この……裏切り者。

 トサ、とソファのうえに押し倒されながら静かに罵倒された淑乃は、自分が油断していたことに気づき、顔を真っ青にする。
 いままでこうならないことの方が不思議だったのだ。篠塚にも部屋に男を入れるなとさんざん言われていたのに。
 暁だって、男なのだ。体格差で迫られたら、淑乃は呆気なく手籠めにされる。

「ちょ……アカツキく」
「貴女の気持ちが朔兄にあるのはずっと知っていた。朔兄が結婚すれば貴女は俺を見てくれると信じていたから、いままで手は出さなかった。だけどもう限界だよ。篠塚先生も貴女を狙っている。朔兄には一度だけ逢えばそれでいいってよしのさん言っていたよね? どうして俺に黙ってまた逢ったの? トーヤを夜遅くまで預けてまで……」
「く、苦しいようっ……けほっ」

 首に手をかけられ、淑乃の呼吸が細くなる。殺意すら感じられる暁の、哀しみをたたえた瞳が淑乃を射る。
 意識が朦朧としてきた彼女に、なおも激しく言い募りながら、暁はちからを込める。

「どうすればこの昂りを抑えられる? 俺はいつまで兄の恋人に欲情するのを隠しつづけないとダメなの? 俺だってよしのさんのこと……」

 くたりと身体を弛緩させて抵抗をやめた淑乃を見下ろし、慌てて手をはなすと、彼女が酸素を求めて苦しそうに口をひらく。はくはくと艶めいた唇が「それ以上はダメ」と動いていたが、暁は首を横に振って、彼女の両腕をあたまのうえへ持ち上げ、己のネクタイで手首を縛りつける。

「ねえ、朔兄とこういうことしてるんでしょう? 俺のことを朔兄だと思って、おとなしく抱かれてよ」
「やだっ、アカツキく……トーヤ、起きちゃ」
「起きないよ。俺の眠剤飲ませたから」

 なんてことないように衝撃的なことを告げられて、淑乃は愕然とする。
 不眠症で悩んでいた暁が睡眠薬を処方されていたことは知っていたが、まさか息子に薬を盛るなんて……

「学童でよしのさんを待ってた時に、お茶をもらったから半錠だけ溶かして彼に飲ませたんだ。ぐっすり死んだように眠ってたでしょう? トーヤがいるとこうして力ずくでよしのさんを口説くこともできないから、俺なりに考えたんだよ。身体に負担がかかる薬じゃないけど、子どもだから一晩中眠ってるだろうね」
「――な……んで」
「言ったじゃないか。トーヤがいたらよしのさんを抱くことができないって。よしのさんもこれ以上抵抗するなら、俺のお薬飲ませちゃうよ? 意識のない状態でも感じることってできるんだっけ? 俺、前のメンヘラな彼女とけっこうアブノーマルなことしてたんだよね。朔兄が知らないこと、その身体に教えてあげようか?」

 ふふふ、と楽しそうに笑う暁は淑乃の泣きそうな表情を見てさらに嬉しそうな顔をする。

「俺、朔兄が羨ましかったんだよ。みんなみんな朔兄ばっかりもてはやすんだ。寡黙だけど優秀で思いやりのあるカッコいい朔兄。自慢のお兄ちゃんだったよ。よしのさんと出逢うまでは」
「アカツキ、くん」
「朔兄がおかしくなったのは貴女が誑かしたからでしょう? 俺はふたりが幸せになれるなら本気で祝おうと思ったのに。香宮のさいごのひとりだったなんて。復讐のために朔兄に近づいたんでしょう? おまけに子どもを宿しておきながら朔兄の前から姿を消して……それなのに朔兄が婚約者に逃げられたと知ったとたん、復縁を迫って俺の監視を欺いて……なんなんだよ。俺の恋心を飼い殺しにして! 俺だってよしのさんのこと……。ねぇ、一度でいいから朔兄に逢いたいって言って、逢瀬を繰り返したのは誰だっけ?」

 支離滅裂なことを口にしながら、暁は淑乃に口づけようとする。が、彼女が首を振って顔を背けたので唇はふれあわず、暁は彼女の耳たぶにキスすることになる。耳たぶをがぶりと噛まれて淑乃が悲鳴をあげる。

「いっ!」
「いけない女性ひと。俺たち兄弟を無邪気に翻弄して、傷つけて……ねぇ、俺がよしのさんを壊したら朔兄はどうなるかな? 狂っちゃうかな?」

 そのまま耳元で甘く囁かれ、彼の両手が彼女の胸元に迫る。ブラウスごしにきつく揉まれながら、いちばん上のボタンに手がかかる。はずされると、淡い薔薇色の下着が白い胸のふくらみとともに顔を出す。

「……やっ」
「ブラウス破かれてもいいの? 引き裂かれた方がもしかして盛り上がる?」
「ちが……」

 ひとつ、またひとつとボタンをはずされて、前がはだけた状態になった淑乃を見て、暁がうっとりした表情をする。
 淑乃はどうにかして時間を稼がねばと考えを巡らすが、暁に身体をまさぐられて集中できない。

「これは薔薇の花の刺繍? 案外かわいいブラジャーしてるんだね。朔兄にも見せたんでしょう? 俺にも見せて……その先も」
「やだやだ、見ない、で」
「抵抗するなら口移しで薬を飲ませるって言ったよね?」
「ひ、言ってない!」
「――いま言った」

 じたばたする淑乃を押さえつけて暁が片方の手でポケットから薬を取り出す。精神科でよく処方されるタイプの睡眠導入剤だ。飲まされたらすぐに眠気に襲われて、前後不覚に陥って……
 パキッ、と錠剤を歯で半分に割った暁は、慣れた手つきで淑乃の顎をつかみ、強引に錠剤を口内へ押し込んでいく。どうにかして吐き出そうとする淑乃を嘲笑うように、暁が唇を重ね、舌先で抑え込まれてしまう。苦い錠剤が口のなかで溶けて、淑乃は暁の唾液と一緒に飲み込んでしまった。

「ふふ。よしのさんとのはじめてキスしちゃった」
「あ、ぁ……」

 ぽろりと涙が一粒転がり落ちる。じたばたしようとしても、身体が麻痺しはじめている。弟のように思っていた彼が、目を爛々と輝かせて淑乃をいやらしく見つめている。このまま彼に抱かれてしまうのだろうか。

 ――そんなことはない、すぐにサクくんが来てくれる……だからいまは耐えて……あれ、部屋番号教えたっけ? あたし、マンションのナンバーキーだけ書いた紙きれ渡したはずだけど……もしかして彼、迷子になってる? そうだとしたら、この状況かなりマズくない?

 いまさら自分の失態に気づいた淑乃だったが、薬に侵されているからか、顔に出ることはなかった。
 そんな淑乃の内心など知ることもなく、薬の効果を確認しながら、暁はスカートを床へ落としていく。

「このまま気持ちよくしてあげるからね。邪魔な洋服はぜんぶ脱がせて」
「やっ……ッ」

 スカートだけでなくタイツもひといきに脱ぎ捨てられて、ブラジャーと同じ柄のショーツを見られてしまう。はだけたブラウスと淡い薔薇色の下着をつけただけの淑乃の拘束された姿を前に、暁が興奮している。背中にあったブラジャーのホックをプチンとはずされ、レースに隠されていた膨らみがふわりと浮き上がる。
 このまま強烈な睡魔に飲み込まれたら、自分は彼に好き勝手――……

 ――やだやだ、こわいよ、いたいよぉ……!

 暁に首を締められて、身動きを封じられて、薬を飲まされて身体を弄られて……克服したはずの忌まわしい過去の出来事がフラッシュバックする。

「やだっ、助けて、サクくん……ッ!」
「こらっ、暴れるな!」
「イ――ヤ――ッ!」

 ありったけのちからを振り絞って、淑乃は暁に頭突きを食らわせる!
 その音と同時に、玄関の扉が勢いよくひらいて――……


「よしのっ!?」


 淑乃が待ちわびていた唯一のひとが、顔を真っ赤にして駆け寄ってきた。
 あたふたする暁を無視して、ただひたすら自分めがけて走ってきた朔にスプリングコートで身体をすっぽり包まれた淑乃は。
 ようやく来た、と安堵の息をつきながら、眠りの世界へ逃避するように落ちてゆくのだった。

「年下御曹司は白衣の花嫁と極夜の息子を今度こそ! 手放さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く