話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄されたので暗殺される前に国を出ます。

なつめ猫

婚約破棄されました。




「アリーシャ・フォン・ハイデンブルグ公爵令嬢! 貴女との婚約を破棄する!」

 ラッセル王国、高等貴族院の卒業パーティ会場は、カイル王太子殿下の宣言に静まり返る。
 そして、一斉に卒業パーティに集まった貴族の子弟たちの視線は、婚約破棄を言い渡された私へと注がれてくる。
 私は、婚約者であるラッセル王家の第一王位継承権を持つカイル王太子殿下の発言に首を傾げ、ようやく自分自身の身に降りかかった事実を理解してしまう。

「カイル様、あの……」

 私は自分が持つ力を自覚しているので、それだとカイル様は困るのでは? と、思ってしまうのだけれど……。

「アリーシャ、君が何を弁論しようと事実は変わらない。ハイデンブルグ公爵家令嬢であるアンネ・フォン・ハイデンブルグが、俺の婚約者として決まったことは!」
「え?」

 思わず、私の頭の中は突然のことに驚き固まってしまいます。
 そうしている間にも、本日、卒業である私の身内として参加していた妹は、カイル王太子殿下に手招きされて、近寄っていく。
 そして、まるで恋人のようにカイル王子に寄り添った。
 まるで、私に見せつけるようにして――。
 さらに私に向けて勝ち誇ったように微笑む。

「お姉さま。カイルの婚約者は、わたくしになりましたの! これは、お父様も許可されていることですわ!」
「そうなの? 本当に?」

 あまりの事に私は、二の次というか言葉が出てこない。
 
「本当ですわ! そうですわよね? カイル」
「ああ、本当だ!」 
「それと、お姉さま。お父様が、すぐに実家へと戻ってくるようにと言っていましたわ」
「そう……なのね……」

 あの妹には甘々なお父様なら本当に許可を出しそう。
 それよりも……、本当にいいのかしら?
 でも、お父様の許可を取ったのなら問題ないわよね?
 国王陛下や王妃様には良くしてもらったけれど、正直、5年の王妃教育は大変だったし、これからも王妃として色々な政務や夫を支えることを考えると大変な未来しか見えない。
 それなら、妹にその役目を任せた方がいいかも知れない。
 本人は地獄のような王妃生活を望んでいるのだから、私は自由にさせてもらうから。
 ただ、私のことを一方的に邪魔に思い殺しに来る可能性もあるので、国からは逃げた方がいいかも。
 
「分かりました。どうかお幸せに――」

 妹の高笑いの声が背中越しに聞こえてきたけど、私は失意の内にパーティ会場を出て行く風を装い、会場を後にした。
 会場を出たあとは、すぐに公爵家令嬢であり次期王妃として宛がわれている一人としては広すぎる部屋へと急いで戻る。
 お父様は、基本的に私のことを好いてはいない事は、私は理解をしていた。
 それでも、ここまで非常識だとは思わなかった。

 ――だけど、実家の当主が決めたことに逆らうことなんて出来ない。
 それに、お父様が妹を王太子殿下の婚約者にしたのは、きっと私の力を知らなかったからかも知れない。
 
「いけない。もしかしたら私のことが邪魔になって消しに来る可能性もあるわよね」
 
 思考を一端中断して、これからの起きる最悪の事態を考えつつ、町娘が着るようなワンピースへと着替えたあと、アイテムボックスの魔法を発動し部屋中の物を調度品含めて全部入れていく。

「公爵家や王家が未来の王妃の為にと用意してくれたモノだもの。これを売れば、当面の生活費は何とかなるわよね?」

 一人考えながら、1分も掛からずに丁度品からクローゼットまで綺麗にアイテムボックスの中に仕舞いこんだあと、私は宿舎の窓から飛び降りる。
 用意された宿舎は2階だったけれど浮遊魔法で、着地の衝撃を打ち消して、フワリと着地したあと、身体能力強化魔法を使い、学院を脱出する。
 まずは自分の命を大事にしないと。






「婚約破棄されたので暗殺される前に国を出ます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く