話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです

静内 燕

第87話 元勇者 ローザをエスコートする

そして俺たちは外へ。


昼前にしてもらった理由は、一緒に店に入ることからだ。
それもただの店ではなく、貴族たちなどの上流階級の人が入る店だ。

しばらく歩く。辿り着いたのは行ったことがないいかにも高級そうな店。
そんなかしこまった感じの店の中に入る。

「いらっしゃいませ」

高級店という感じで、タキシードを着た紳士のような人が出て来た。すぐに机へ案内。

テーブルクロスが敷かれた上品な机に、高級そうな金属でできた椅子。


周囲を見渡すと、落ち着いた様相で食事を堪能しているマダムや、上品なそぶりをしたセレブの人がいて、さすがはお金持ちの貴族御用達の店だと感じた。

そしてタキシードを着た店員の人がメニューをこっちの方向に向けて渡してくる。1つ1つの仕草が丁寧。とても気遣いができている店だと感じた。


とりあえず、一番安いコース料理を頼む。
この店は貴族御用達だけあって、値段も高級感がありすぎる。少し恥ずかしいが、仕方がない。

注文を取ると、俺はローザと一緒に会話をする。

日頃の生活で困っていること。セフィラとのこと。それからパトラさんと行動していた時のこと。

「セフィラちゃん。最近笑顔が増えて本当に嬉しい。昔は、私のことばっかり考えていて、どこか楽しそうじゃなかった。けど、今はどこか自分に自信を持っていて、明るくなってる。陽平君のおかげだと思う」

そ、そうか。セフィラ、いつも真剣な表情でかしこまっていたからな。それはよかった。
心なしか、ローザの表情も以前より明るくなっている気がする。きっと自分の居場所ができたからなのだろう。それは、本当に嬉しい。

「俺を感じていたよ。2人とも、俺と出会った時より幸せそうな気がする。それが、本当に嬉しいよ」

「う、うん。陽君と出会って、私幸せ。ありがとうね……」

ローザの顔がほんのりと赤くなる。このまま、幸せになるといいな。

そんな話をしていると、コース料理が出てくる。
最初に出て来たのは小さい皿に盛られた野菜サラダ。

ローザがフォークを取り出し、出されたサラダを口にする。

「おいしい。初めて食べた。こんな味!」

確かの、ローザの言う通りだ。野菜はどれも、味が市場で買ったものよりもおいしいし、ドレッシングもとても野菜にマッチしている。さすがは高級店だ。


それから、前菜やパンなど、小皿に入った1つ1つの料理を食べていく。味はどれもおいしく、値段を出し他だけのことはある。


そしてメイン料理が出て来た。

脂身が乗っていそうな高級ステーキ。ローザのテンションが上がり、喜んでいるのがわかる。

「うわ~~。おいしそう!」

俺もそう思う。早速俺はナイフとフォークを手に取り、食事を始めようとするが──。

ローザがきょろきょろとして、困っているのがよくわかる。
「ローザ。どうしたんだ?」

「これ、ナイフで切るんだよね」

「そうだけど、習ったことないの?」

ローザが困った顔で首を縦に振る。さらに聞いてみると、ローザは昔の王家でも見捨てられた存在で、そういう作法を習ったことがなかったのだ。

俺も、やり方は知っているけど、どう口で説明すればいいかちょっと迷う。どうすれば……。

「仕方ない。ちょっとびっくりするだろうけどこれしかない」

「ど、どうするの?」

「一回体で教えるから、覚えてね」

そして俺はローザの背後に立ち、両手をぎゅっと握る。彼女の柔らかくて少し冷たい体の感触が俺の腕を包む。
ローザが理解できるように、ゆっくりとステーキを切っていく。

できるだけ丁寧に説明を加えながら。

「よ、陽君──」

ローザの顔が真っ赤になっているのがわかる。

「まあ、口で言うのは難しいけど、こんな感じだ」

そして俺はローザの手を使ってステーキを切り終えた。正直恥ずかしいい。

「ど、どうかな……?」

「あ、ありがとう陽君。なんとなく、わかったかもしれない」

ローザは顔を真っ赤にしながら、視線をきょろきょろとさせ答える。またみんなでこんな店に来て、やってみよう。

そして俺たちはメインディッシュのステーキをいただく。

「すごい、柔らかくておいしい」

ローザの言葉通りだ。ちょうどいい柔らかさ。それでいて脂身が少なくてくどくない。高級なものを使っているのがよくわかる。

ローザは、話すことも忘れ、夢中になってステーキをほおばっている。
元気よく、笑顔で。

「やっぱりローザには、こんな感じの方がいいな」

「ど、どういうこと?」

「変にお行儀よくするより、元気いっぱいで無邪気な方が似合ってるよ」

「あ、ありがとう……」

ローザの表情が、ほんの少し明るくなる。
ローザには、堅苦しいマナーに固執する姿より、元気いっぱいに食べている姿が似合う。今のローザ、明るくて、本当にかわいいと思う。

これで少しは、明るさを取り戻せばいいんだけどね。

そして食事の再開。
食事をしながら、さっきの感触を思い出す。

今でも残るローザの手を握った時の感覚。柔らかくて、髪の毛からは香水のにおいがしてドキッとした。思わず少しかいでしまった。

あの匂いを思い出すだけで、顔が赤くなり、胸がドキドキする。子供っぽい姿をしながら、大人の色気もあるローザの魅力に、気付いてしままう。

そんなことを考えながら、メインディッシュを食べ終え、デザートのフルーツが出て来た。
柑橘類のような、見たことがないフルーツ。

「フルーツ、おいしいよ」

満面の笑みのローザ。俺もフルーツを口にする。オレンジのような、レモンのような甘酸っぱい味。

「うん、おいしい」

そしてデザートを間食すると、俺たちは会計を済ませて外に出る。

「う~~。お腹いっぱい。おいしかった」

「そうだね、ローザ」


ちょっと高かったけど、いっぱいクエストをこなして、大金を得たらみんなで来よう。

「【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く