話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです

静内 燕

第75話 元勇者 元仲間と死闘を繰り広げる

「ああ、無駄だとわかっているからな。戦ってお前をねじ伏せる以外、解決するしかない。さあ、行くぞ!」


やることは1つだけ。全力で戦って、こいつに勝つ。
そして再び剣を構える。幸いなことにカイテル戦ではそこまで魔力を消費していない。

両者にらみ合い──。

俺はダッシュでエミールに詰め寄っていく。

遠距離戦では圧倒的に俺は不利。俺の魔法攻撃は70、エミールは110。勝ちたかったら俺は前に出るしかない。

そしてエミールの槍は俺の剣の、1.3倍ほどある。
いかにエミールの槍の合間をかいくぐり、剣の間合いに持ち込むかが勝利のカギになる。

一般的に、槍の強さは、そのリーチにある。俺の剣よりずっと長い。距離を取ろうとすればするだけ俺は不利になってしまう。だったら前だ。たとえリスクを背負ってでも、相手に懐に飛び込めば、長いリーチは足かせになってしまい小回りの利く俺の方が有利をとれる。

当然エミールもそれを理解している。高い素早さを生かし、俺が間合いを詰めるのを何としてでも阻止しようとする。

「さすがに、すんなり間合いには入らせてくれないか」

目にもとまらぬ速さと、力任せのパワー。
一撃一撃が、粗暴に見えながらも恐ろしく速い。

俺は何とか前に出て、間合いを詰める。

「ッ!?」

が、その行動をすぐにやめ、すぐに後ろへ逃げる。
直後、俺がいた場所に、エミールの攻撃がたたきつけられ、衝撃波が襲い掛かる。綺麗によけようとしてたら、今の攻撃で致命傷を食らっていただろう。

「惜しかったぜ。でも次は逃がさない!」

エミールは、それでも俺に向かって強く踏み込んで攻め続ける。
その攻撃の速さと強さ。周囲にいる冒険者はその攻撃に思わず声を上げる。

「なんだよあれ。見たことない速さだ」

「速さだけじゃねぇ。強さもだ。あいつが槍をふるうだけでこっちに風が伝ってきやがる」

「元勇者、勝てるのかよ……、あんなバケモンに──」

彼らの言葉は、何も間違っていない。戦っているからわかる。今も烈火のごとく、苛烈に俺に猛攻を加える。

俺は隙なく飛来するエミールの攻撃を防ぐだけで手いっぱい。後ろへ後ろへと、後退。

──に見える。

「やっぱり、押されてるよ」

「負けるのも、時間の問題だよな──」

だが俺は感じている。



エミールが、心の中に焦りを抱えていることを。それが、攻撃するたびに大きくなっていることを。

(こんなに押してるのに、どうして押し潰せない──)

そんなふうに考えているんだろうな。額に汗が浮かんでいる。表情にも少しずつ出てきているぜ──。

エミールは、目の前の敵に一方的に攻め立てる。
俺はその攻撃を、受けきらずに、受けた衝撃を後ろへ進む力として後退。

周囲から見れば、エミールの攻撃に俺が押し込めまれているように見える。
しかし、現実は違う、エミールのパワーと速さを生かした攻撃が、俺の受けの前に封殺されているのだ。

圧倒的なパワーを受け流す防御。口で言うのはたやすいが、実行は困難。少しでもタイミングがずれれば、攻撃を受けきれず、致命傷を浴びそのまま押し切られてしまうだろう。

綱渡りのような俺の戦術。その中で得たものはある。


まず、テンポがつかめてきた。3拍子で攻撃してくる。

それも最初の2発はジャブに近い そして3発目が本命で強い威力。
さらに、以前からそうだが突きの攻撃を中心に攻めてきている。

突きの攻撃は、払いや打ち下ろしと比べて威力が桁違いに強い。特にエミールの場合はなおさらだ。

特に本命の3撃目の突きは、直撃すれば即致命傷だ。それも、軌道が見えないくらいの速さ。

だが、完ぺきというわけではない。攻撃範囲が狭いという欠点がある。

つまりかわしやすい。そしてかわしたところで一気に踏み込めばエミールは無防備となり、俺の攻撃が通る。

そしてエミールが再び接近。その長槍を一気に俺を向けてくる。


1発目、2発目、目に見えない速さ。俺はその攻撃をなんとかかわす。

よし、反撃のチャンスだ。俺は一気にエミール接近するために踏み込む。

その瞬間──。

俺の脇腹に、強烈な痛みが走る。反撃をやめ、体制を崩しながら後方に下がる。
こいつ攻撃の瞬間、俺が反撃に出ることを読んで突きの軌道を無理やり変えたのか。

「惜しかったぜ。今度は仕留められると思ったんだがな」

「俺が、今反撃に出ることを読んでいたのか?」

「ああ、表情を見て、確信してたぜ。お前なら、絶対このタイミングで仕掛けると思っていた」

「なぜ、それがわかる」

「お前の目つきが、そう叫んでいたからな」

マジかよ。動きが読まれていたとは。
本当に、今まで戦ってきたどんな敵よりも手ごわい。

これだけパワーも魔力もあるなら、もっとシンプルに行ったっていいはずなのに。
とんだ罠を張っていたとはな。
勝つためには手段を択ばない。用意周到な奴だ。

そして、俺は再びエミールに目を合わせる。

「何かが、変わった」

目を見ればわかる。スイッチが入ったような、覚悟を決めたような、そんな目つき。

そして、その表情のままフッと笑みを浮かべる。

「陽平。やっぱりお前強いな。俺が戦った中で1番だぜ」

「お前もな。ここまでギリギリの戦いなんて魔王との戦い以来だぜ」

「そうだな。だから──。俺の最高の攻撃で、お前をぶっ倒してやるぜ!」

「【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く