話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです

静内 燕

第73話 元魔王、「カローヴァ」の強さに驚く

冒険者も、その種族値の高さに驚く。すると、ルシフェルがローザとセフィラの服のすそをつかみ、戦場へと引っ張って行った。


そして戦場へ。そこでは強力なパワーで冒険者たちをなぎ倒していくカローヴァの姿があった。

「なんだこいつ、強すぎだろ!」

「だれか、早くこいつを倒してくれ!!」

悲鳴を上げる冒険者たち。しかしそんなことはつゆ知らず、カローヴァはジャンプして、サッカーボールのように丸くなり始める。

「まずいわ、みんな、よける準備をして!」

それを見たルシフェルが、目を丸くして叫ぶ。そしてカローヴァはゆっくりと草原を転がり始める。


ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ──!

最初はゆっくりだったが、見る見るうちに速度は速くなる。10秒ほどで目にも見えない速さにまで一気に加速していったのであった。

ある者は吹き飛ばされ、ある者は逃げ惑う、そんな地獄絵図がルシフェルたちの眼前に広がる。


そして──。


ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ────────!!!!

当然他人事では終わらない。カローヴァは高速で転がりながらこっちに向かって来たのだ。

慌ててよけるローザたち。何とか彼女たちは攻撃の回避に成功。
カローヴァは転がる先の民家に激突。民家を破壊しやっと立ち止まる。

「こいつ、転がり始めると本当に止まらないのよ……」

呆れ気味にルシフェルがささやく。しかし、カローヴァの様子を見てローザが一つの事実に気付いた。

「けど、あれで牛さん自身もダメージを受けていません?」

「私もローザ様の言う通りに思えます」

するとルシフェルは険しい表情で、2人の質問に答え始める。

「そこまで間違っていないわ。確かにあいつは転がり始めると壁に激突するまでスピードを上げて、どこ兄衝突するまで止まらない。そして衝突するとダメージを受ける。けど見てみなさい!」

そして、ルシフェル達は視線をカローヴァに向ける。すると衝撃的な行動をとり始める。



「モ~~ッ、ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ」



なんと自分のおっぱいを口に入れたのだ。そして自分の乳をごくごくと飲み始めたのである。唖然とする冒険者たち。

「えっ? あの牛自分のミルクを飲むんですか?」

「そうよ、それで、ダメージを受けてもあれで回復されちゃうのよ。だから、倒したかったら回復させる暇を与えずに大ダメージを与えて倒すしかないの」

ルシフェルが額に手を当て言葉を返す。そしてカローヴァ……。


モッ、モ~~~~~~ッ!!

カローヴァ自身のミルクを飲み終え、元気を取り戻す。周囲はその姿に唖然とし始め、絶望感が広がっていく。

「こ、こいつ回復し始めたぞ──」

「マジかよ、どうすればいいんだよ」

そしてカローヴァは周囲の冒険者に襲い掛かり、1人、また1人となぎ倒していく。
その姿を見たルシフェルは腕を組みながら感じる。

(やみくもに戦っても、勝てる気がしないわ──)

そしてローザとセフィラに話しかける。

「ローザ、セフィラ、ちょっといい? 頼みごとがあるんだけれど」

「な、なんでしょうか?」

「この魔獣は一人でどうにかできるものじゃないわ」

「そ、それは、私も見て思った」

ローザも、セフィラも理解していた。単独で戦っても、苦戦は必至だと──。

「だからね、作戦があるの。まずは私とセフィラが──」

数分ほどで作戦会議は終了。改めて今の戦場を視界に入れる。

「た、た、助けてくれ~~」

「こ、こいつ強すぎるだろ!!」

真剣な表情のルシフェル。彼女に、あきらめの意志などさらさらなかった。
あまりの強さにパニックになっている
冒険者たち。彼らを見てルシフェルがただ一言。

「まるで地獄絵図ね」

「でも、3人で力を合わせれば何とかなるともうです!」

ローザの言葉、カラ元気かもしれない言葉だが。前向きな言葉が彼女たちの身を引き締まらせる。

「そうです。ローザ様の言う通りです。行きましょう!!」

そして3人はその作戦通りの陣形につく。


数分後。



カローヴァは相変わらず、冒険者と戦闘を続けている。まるで大人と子供のように、冒険者達を、一歩的にいたぶる戦い。するとそこに……。



「牛さん。牛さん。こっち、こっち、こっちです~~」

ローザはカローヴァにむかって両手を振り、大声で叫ぶ。
カローヴァはふっと、その方向へと視線を変える。

すると、なんとローザは舌を出して挑発してきたのだ。カローヴァは自分がバカにされていることを理解し、飛び上がる。そして──。

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ──!!

再び丸くなり、ローザに向かって突進し始めたのだ。

「おい、何やってるんだよあの女の子」

「無茶苦茶だ。死んじまうぞ?」

周囲の冒険者が思わず叫ぶ。

(大丈夫です。牛さんは、罠にかかったです!)

ローザは、こぶしを強く握り、勝利を確信する。


ローザは両足に力を込め飛び上がる。

そして両手に魔力を込め、前方の地面にむかっれビーム上の攻撃を繰り出す。

攻撃は、地面に直撃し爆発。

大きな爆発音を挙げたその場所は──。

「よし、狙い通りです」

爆発した場所の地面が抉れ平坦だったこの地は凸凹に。
カローヴァはそのままクレーターの中に突っ込み、その坂道を駆け上がって飛び上がる。
宙を舞うカローヴァ。

「今よ、セフィラ!」

「はい!」

「【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く