話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです

静内 燕

第32話  元勇者 何とか無罪を勝ち取る

「だからごみを見るような目つきはやめてくれ」

「やめて? ゴミを見ているんだからゴミを見るような目つきになるのは当たり前でしょう?」

「セリカ、正直に言っていいのよ。この男に性欲にまみれたことをされたり少子化対策を強要されたりしたんでしょ?? 私が本当の姿になってハンバーグの原料にしてあげるわ」

本当の姿? おいまてこんなところでやめてくれ。セリカ、誤解を解いて!!

「まて、何か勘違いしていないか? 私はこの男になにもされていないぞ」

セリカは首を傾げ頭に?マークを浮かべながら話す。



「着替えようとしたらこの男が急に迫ってきて脱ぐのを妨害してきた。そのタイミングで貴様が割り込んできた。それだけだ」

「それだけ? っていうか彼の目の前で服を脱いだの?」

真顔での反論、ルシフェルはポカンとなる。

「そうだが何の問題がある。シャワーを浴びるのだから服は脱ぐものだろう。どこかおかしいことでもあるのか?」

セリカ、確かに少年兵として育ち一般的な常識や倫理を理解していないのは分かった。でもこれはさすがにまずいぞ。
ルシフェルも彼女の性に関する感覚を理解、右手で頭を抱え始めた。

「あんた、もうちょっと恥じらいってものを知りなさい。このままじゃ性欲にまみれた男たちにめちゃくちゃにされちゃうわよ」

「……そんなもんなのか?」

「確かに、一緒に行動している男がやたら足や胸に視線を送ったりしたり、私が着替えのために服を脱ぐと体を凝視したりしていたな」

表情から察するに演技をしているわけではない。
つまり彼女は一般的に女性が持っている恥じらいや、性に関する知識も身に着けていないということだ。
こりゃ苦労しそうだ。

「そういうことはこれから学んでいこう。学んでないんだから知らないのは仕方ない」

俺が優しくそう言うと、セリカは服を着てタオルを持ちこの場所を後に。

「わかった、ではシャワーを浴びてくるぞ」


そしてセリカがいなくなったのを確認すると、ひそひそと話しかける。

「ルシフェル、何とか俺たちの言葉、つながりそうだな」

「そうね陽君。セリカには良心があるってことよ。それがあるなら、まだ救いようがあるわ。」

良心か、確かにセリカは申し訳なさそうな表情をしていた。根っから悪いやつじゃないということは俺にも理解できる。

「陽君。魔王軍に入るやつってね、大体どっかしら心に闇を抱えていたり、育ちに悲惨な過去を抱えていたりしているわ。彼女のように」

「そうか、じゃあ更生する見込みはあるんだな?」

ルシフェルは目を細めうつむきながら答える。

「ある、けれど絶対とは言えないわ。そのまま悪の道を進んでしまうケースだっていっぱいあるわ」

まあ、それが現実だよな……、甘くはないってことか。

「まあ、最善は尽くそう。セリカが、いや彼らが悪い道から抜け出せるようにな──」

「ええそうね。でもそれはある意味世界を征服するより難しいわ──」

ルシフェルの意味深な言葉、妙に説得力があるし俺も共感できる。俺も一理あると思う。でもやらなきゃ、絶望も喜びも知った俺たちなら、絶対気持ちは伝わると思う。

俺だって国王など、周囲から無理だと言われるような戦いをした事はあるけど必ず勝って来た。
今回だって一緒。彼らに届かせるだけだ。


(とりあえず今日はもう寝よう──)

俺は夢の中に入る。明日も頑張ろう、お休み。




まだ日が開け始めたころ、俺は眠りから覚めそっと目を開ける。いつものホテルよりは寝心地が悪いのか、どこか疲れが残っている。
そして、まだ眠っているルシフェルの肩をさすり優しく起こす。

「ちょっといい考えがあるんだけど、どうかな」

俺はルシフェルの耳に顔を近づけ囁く。すると──。

「いいんじゃない。その方がみんな喜びそうだし」

「おい、何を話しているんだ?」

俺の意見が通った。するとそのやりとりでセリカが起きたようだ。寝ぼけたような表情で俺達に話しかけてきた。
提案してみるか──。

「セリカ、おはよう。ちょっと聞きたい事があるんだけどいいかな?」

「……何だ?」

寝ぼけているせいか、間の抜けたような表情をしながらセリカが言葉を返す。

「朝食とかどうしているんだ?」

「朝食か、金がある時は市場で何か買っているがあいにく今は持ち合わせていない。我慢するしかないな」

セリカが仕方ないと言いたげな表情をしながら言葉を返してきた。

「とりあえず俺達が泊まっているホテルに案内するよ。そこで朝食も一緒に取ろう──」

「ホテル、いいのか?」

これがルシフェルと一緒に考えた案だ。
ローザとセフィラも喜ぶと思う。流石にセリカの食事代は別料金だろうけど、この前クエストで手に入れた報奨金が結構あるし、そのくらいは出してあげてもいいか

「じゃあ、よろしく頼んでもいいか?」

「──決まりね。じゃあ行きましょ。今からホテルに向かうからしたくしてね」

「ああ、わかった」

その言葉で俺達はすぐに支度をする。
そしてしばらく街を歩き泊まっていたホテルにたどり着く。

「【完結】~追放された「元勇者」がゆく2度目の異世界物語~ 素早さ102、600族、Sランクで再び勇者になるようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く