話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

静内 燕

第55話 ハリーセルとの一日

平謝りする商人の顔を、ぷくっと膨れた顔でハリーセルは見つめている。

「さっきの短剣、九割引で売ってくれフィッシュ」

「さすがにそれは──」

ハリーセルの言葉にあたふたしながら否定する商人。しかし。

「──言いふらすフィッシュ」

「待ってください。そんなことしたら商売になりません」

ハリーセルは横に視線をそらし──。

「冗談フィッシュ」

そう言い放つ。おじいさんは安心したのか肩をなでおろした。

「じゃ、じゃあ別の店に行こうか」

これ以上ここにいてもいいことはないだろう。気を取り直して次へ行こう。


「そうフィッシュ。もっといろいろ回りたいフィッシュ」

ということで俺たちは他の店を回る。
珍しい昆虫の専門店や、ドライフルーツの店なども回る。

ドライフルーツはフリーゼとレディナのお土産も兼ねていくつか購入。
あじは、そこそこおいしいい。

それから、おしゃれな飾り物の専門店を発見。

「ちょっと、ここに寄ってみようか」

「いいフィッシュ。綺麗そうフィッシュ」

「いらっしゃい。見ていってよ」

長身で綺麗なお姉さんが店主だ。大きな机の上には珍しく光る宝石で作られたネックレスや指輪、飾り物などが所狭しと陳列されている。

どれかハリーセルに似合うものはないかな? そう考え商品を眺めていると一つの商品が視界に入る。

青色で星の形をした、きらきらした首飾りだ。
可愛い絵柄、これがいいかもしれない。

「これなんかどうかな。ハリーセルに似合ってると思うけど。青っぽくて、ハリーセルに似合うと思うんだけど」

ハリーセルがその首飾りを見た瞬間、瞳をキラキラと輝かせる。

「おおっ、綺麗フィッシュ。私に似合いそうフィッシュ」

そこまで喜んでくれると俺も選んだかいがある。嬉しい気持ちだ。

「お姉さん。この首飾りが欲しいんだけれどいいですか?」

「分かりました。お値段はこちらです」

お姉さんが提示した値段。金貨二枚。結構するな。けれど、せっかくのデートだし、ハリーセルにはいい想いをしてほしい。

お金は、また頑張って貯めよう。

「了解です。それを売って下さい」

「わかりました」

そして会計をしようとするとハリーセルが一つの商品をお姉さんに手渡す。

「これはフライの分フィッシュ。私が払うフィッシュ」

「俺は、別にいいよ」

そうだ。これは、ハリーセルをエスコートするための時間。俺が楽しむ時間じゃない。
しかしハリーセルは納得いかなようで顔をぷくっと膨らませる。

「私だけ買ってもらうなんて嫌フィッシュ。フライも喜んでほしいフィッシュ」

う~ん、ハリーセルはこういう時頑固になり引かないことがある。断り切れるとは思えない。
すると彼女はさらに言葉を進める。

「フライは、いつもみんなを気遣ってるフィッシュ。大切にしてくれるフィッシュ。でも、一方的に大切にされるのは嫌フィッシュ。私も、フライに何かしてあげたいフィッシュ」

その言葉をはしながらのハリーセルの目つき。
強い想いを感じる。断り切れる気がしなかった。

「俺のことをそこまで気遣ってくれたのか。本当にありがとう。じゃあ、ここは言葉に甘えて──それ、いただくよ」

その言葉にハリーセルはフッと微笑を浮かべる。

「よかったフィッシュ。うれしいフィッシュ」

ハリーセルの、嬉しそうな顔。演技ではない心の底からの表情。

それを見て、俺は考えた。

今まで俺は人の好意を受けるのが苦手だった。裏があるんじゃないかと疑ってしまったり、こんな俺が認められるなんておかしいと思い込んでしまったり。

バーティー仲間から罵倒され、存在を否定され。その中で好意というものを素直に受け取れなくなってしまった。

けれど、たまには人の好意に素直に甘えてみるかもしれない。
少しずつだけど、変われるようにしよう。

「ありがとう、ハリーセルと一緒にいることができて、俺とても楽しい、またこんなことハリーセルとしてみたいな」


それからお会計を済ませる。

「はい、ありがとうございました。お二人とも、幸せに──」


「ありがとうございます、って私たちそんな関係じゃないですから!」


そして俺たちは闇市を去っていく。日も落ちて来る頃、そろそろ買い出しをしないと。
しかし、やっぱり女の子のエスコートって難しいな。どうしても脳裏によぎってしまう、これは失敗なのかな、もっと自信を持った方がいいのかなとか考えこんでしまう。

比較的単純なハリーセルとはうまくいったけれど、他の子でうまくいくかどうかはわからない。
けれど雰囲気は体験できたし、二人で行動した経験は積むことができた。

りんご飴をペロペロと舐めながら道を行くハリーセルに話しかける。

「あまりいいおもてなしができなかったけど、どうかな?」

ハリーセルは満面の笑みで答えた。

「そんなことないフィッシュ。フライと一緒にいる時間は楽しかったフィッシュ」

彼女の笑顔からしてお世辞ではなさそうだ。
彼女が喜んでくれて、本当に嬉しい。残り二人、レディナとフリーゼ。

二人にも、これくらい喜んでもらいたいな……。

そんなことを考えながら、俺達はホテルへと帰っていった。

「~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く