話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

静内 燕

第47話 唯一王 限界へ挑む

ぼとり──。
そしてウェルキの二つに割れた亡骸が地面に落下。
白目をむき、切断された彼の胴体から、噴き出す様に血があふれ出す。

騒然とするこの場。

ミュアとキルコは、ショックで言葉を失っている。



しかし、戦いは終わったわけではない。


グォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!

ウツロは今までにないくらいの雄叫び声を上げながら、こちらに視線を向けてきた。
恐らく、こちらへの敵意を丸出しにしているのだろう。

ミュアとあまりの恐怖と、絶望のあまりなのか目を見開いたままこの場を動かない。


キルコもだ。最初は立っていたが、目に見えるくらい足をがくがくと震わせ、しまいにはぐたりとへたり込んでしまった。


両足が恐怖のあまり竦んでしまい、まともに立つことさえできていない。


おそらく、ここから逃げきることはできないだろう。


キルコも、ミュアも俺に罵詈雑言を浴びせ、切り捨てたことに変わりはない。


それでも、俺は見捨てることができない。
俺、それに続いてフリーゼもウツロと彼女の間に立ちふさがり追撃を許さない。

精一杯にらみを利かせているせいか、ウツロはそれ以上攻撃するのをやめた。

そしてまだ動けそうなアドナとトラン。

もはや勝てないと悟ったのか、鬱屈そうな表情で顔を見合わせる。

そして──。

「こんな化け物。逃げるが一番だ!」

「ああ」

トランは尻尾を巻いてこの場から去っていく。それに続いてアドナも悔しそうに舌打ちをした後、この場から去っていった。

守るべき仲間を置き去りにして。

「待てお前たち、故意に仲間を置いて逃げたらギルドの規約違反──」

「俺はもうギルドとは無関係だ。あとは適当にやってくれ」

確かにトランはそうだが、アドナは違う。ただでさえ以前の見捨て行為でランクが下がっているのに…。
俺が叫ぼうとしたときにはすでに二人の姿はなかった。

「フライさん、二人への気持ちはわかりますが……」

フリーゼの言葉に、俺は現実に帰った。
目の前には、敵意をむき出しにしたウツロ。

ミュアとキルコは、仲間を失ったショックでいまだ呆然としている。おそらく、もう戦うことはできないだろう。

「さすがに二人を背負いながら、こいつから逃げるなんてできないわ」

レディナの言うとおりだ。もし追ってきたら確実に追いつかれる。
けれど、二人を見捨てるなんて選択、絶対に取りたくはない。


相手は強いけど、戦うしかない。

「みんな、戦うぞ。準備はいいか?」


「了解です」

「こうなることは、わかってたわ」

「まかせろフィッシュ。みんなまとめて片づけてやるでフィッシュ」

三人とも戦ってくれるみたいだ。本当に良かった。


俺たちは再びウツロと対峙した。


するとウツロは右手を上げる。
右手が強く光り始めた。


そして、目の前にいる倒したはずの兵士、デュラハンに異変が起きた。

「え……、なんでよ。せっかく、倒したのに……」

キルコが目を見開きながらささやく。彼女の言葉通りだ。せっかく倒したデュラハンたちが復活し始めたのだ。
そして倒したはずのデュラハンの集団は再び立ち上がり始める。

「ただ復活しただけじゃないわ。魔力もさっきより強くなっているわ」

たしかにレディナの言葉通りだ。トランたちと戦っていた時と比べて、身体から出ている魔力の強くなっている。ざっと半分くらいか?

あの魔力からして一人で戦うのはきついかもしれない。しかしウツロとも戦わなければならない。どうするべきか──。

「では、私が周囲の雑魚を片付けます」

手を上げたのはフリーゼだった。

「待て、いくらフリーゼでもさすがに一人では……」

さっきのデュラハンとアドナたちとの戦い。勝ちはしたものアドナたちのコンビネーションが合ってものだった。

いくらフリーゼでもそれを一人で、それもさっきより強化された相手をだ。

「無茶じゃないか?」

「しかし、そうすればあなたたち三人はウツロとの戦いに専念できます。私なら大丈夫です。あの魔力とフライさんの加護なら、十分勝てます」

大丈夫かな。まあフリーゼはこんなところでハッタリを言うやつじゃない。ちゃんと自分の実力を理解し、その中で戦いに勝つための最適解を導き出せる人だ。

信じよう。

「わかった。じゃあフリーゼの事信じるよ」

するとフリーゼはぺこりと頭を下げた。

「ありがとうございます。では、行ってまいります」

そしてフリーゼは復活したデュラハンへと立ち向かっていった。
彼女への加護は、絶対に途切れないようにしなきゃ。


無事を祈ってるよ。フリーゼ。


するとレディナとハリーセルが俺の元にやってきた。

「ちょっと、話があるんだけどいい?」

レディナはひそひそとその内容を俺に耳打ちしてきた。

「なるほど。それはいいね。そうしよう」

「ほんとうにいいの? 加護をしながら戦うのよ。魔力切れとか大丈夫?」

そう、二人が考え付いた案は俺に加護と戦闘の両方を強要するものだ。もちろん三人全員。

「大丈夫。三人とも信じているから」

自信のある表情に、レディナも納得。

「じゃあ、信じるわよ」

「~唯一王の成り上がり~ 外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く