話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.115

 ようやっと離れた唇から、
「…もう、離さないから」
 攷斗が言葉をつむぐ。
「うん……お願いします」
 嬉しそうに、恥ずかしそうに、ひぃながはにかむ。
「あー、安心したらおなか減っちゃった。作るの手伝って」
「うん」
 改めて手を繋いで、キッチンへ移動する。
「本当に準備してただけでさ……」
 調理器具が並んでいる。食材は冷蔵庫に入ったままのようだ。
「一緒に作れるの嬉しいし、大丈夫。なに作ろうとしてたの?」
 傍らに置かれたタブレットを見てひぃなが言う。
「あ、メインのご飯はもう作ってあって」
 と冷蔵庫を指した。
 冷やして美味しいメインのご飯がパッと浮かばず首をひねると、
「あんまり冷やしすぎてもご飯固くなっちゃうと思うから」
 攷斗が開けて、大皿を取り出した。
「わっ! すごい! 可愛い!」
 そこには色とりどりの具材を使った手鞠寿司が乗っていた。さすがデザイナー作。色彩がとてもいい。
「あと、それ、ローストビーフなんだけど」
 シンクの作業スペースに、アルミホイルの塊が置いてある。
「ソースをいまから作ります」
「えっ、全然“超準備中”じゃないじゃない」
「そう? 全部作ってあと食べるだけ、にしておきたかったんだけど」
「いいよ、手伝う」
「いいよ、ひなの誕生日なんだから、休んでてよ」
「でも結婚記念日でもあるんだから、一緒に作りたい」
 少し拗ねるように口を尖らせたひぃなに、
「かわいいな~」
 と攷斗が軽くキスをした。
「……突然は心臓に悪いです」
「可愛いこと言うからでしょ」
「そんなの知らないし」
「あ、じゃあさ、温野菜サラダ作ろうと思ってたんだ。それの野菜、焼いてくれる?」
「はーい」
 すでに切られた野菜を、フライパンに入れて焼いていく。
 すぐ横で、攷斗がローストビーフのソースを作り始めた。
 さっきまでしおれていた心は、水を吸った植物のようにふっくらと柔らかく膨らんでいる。
「あ、あと、冷蔵庫にケーキあるよ」
「嬉しい、ありがとう」
 ひぃなが買ってきたブーケを花瓶に生けてテーブルに置く。
 攷斗が作った料理と、二人で一緒に作った料理とをテーブルに並べる。
 中央に置かれた大皿には手鞠寿司、それぞれの前にローストビーフと温野菜サラダが乗った平皿。
 大きめのお椀に入っているのは白菜のすまし汁だ。
「なんか和洋折衷になっちゃった」
「美味しそうだし問題ないよ。私の献立もそんな感じだし」
「そっか、そうだね」
 ひぃなの生まれ年のワインで乾杯して、久しぶりに囲む二人の食卓を満喫した。
 ケーキはホールではなく、大ぷりなプチケーキだ。白鳥の姿を模したものとキノコの家を模したものを、ひぃなが気に入っているティーソーサーに置いて、
「お待たせいたしました」
 運んだ攷斗が執事のようにうやうやしくテーブルに置いた。
「うわぁ! なにこれ可愛い~!」
「好きそうだなーと思って」
 味の説明をして「選んでいいよ」とひぃなに決定権を委ねるが、案の定迷ったので二人で半分こすることにした。
「ひなってさ、普段すごい即断即決なのに、食べ物がらみだと迷いがちだよね」
「食いしん坊なんだよね。できるだけいろんな種類の美味しいものを食べたいというか……。だから、手鞠寿司すごく嬉しかった」
「それは良かった。単純に寿司が食べたかったんだけど、握る技術はないからさ」
「手間かかったでしょ? 美味しかった。ありがとう」
「喜んでくれたんだったら良かった……って、ひなっていつもこんな気持ちなのかな?」
「うーん、正確にはわからないけど、おそらく同じ気持ちではあると思う」
「そっか。だったら嬉しい」
「うん」
 二人で笑い合って、ディナーを終える。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く