話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.114

 ソファを背もたれにして、二人で床に座る。ホットカーペットの温もりが冷えた足先に沁みる。
「落ち着いた?」
「…うん」
 玄関先で取られた手は繋がれたまま。
「けっこう何回も伝えたと思うんだけどなー、好きだよって」
「それは……ライクの意味だと思ってたから…」
「そう思ってるかなーとは思ってたけどさ」
 ひぃなの手をもてあそびながら攷斗が笑う。
「好きでもない相手としないでしょ、結婚」
「だって…それは…ただの救済措置なのかなって」
「だってあのタイミングじゃなきゃ俺としてなかったでしょ? 結婚」
「それは…そうかも、しれないけど……」
「俺、めちゃめちゃドキドキしてたんだからね? さりげなく言って、もしダメでも、関係続けて次のチャンス掴めるようにって」
 ひぃなが腑に落ちない顔をする。
「好きでもない人の誕生日、毎年わざわざ呼び出してまで祝ったりしないよ」
 その言葉にひぃなが顔に疑問符を浮かべた。
「いつ、から…?」
「え? 好きになったの?」
「うん」
「そりゃーもう、最初っから。だから、もう十年以上前?」
「えっ…だって…彼女いたとき結構あったじゃん」
「うん、あった。出会ったとき、ひなにはもう相手いたみたいだし、いつまでも後輩扱いされて、もう望みないのかなって思ってたし。でもやっぱり申し訳なくて。ちゃんと真剣にお付き合いしてたけどね? 会いたいなって思うのは消せなくて……あ、ひなにね? 会いたいなって、誰と付き合っててもずっと思ってた。だから、長続きしなかった…。サイテーだよね」
 攷斗が苦笑する。
 それが最低だとしたら、いまその気持ちを聞いて嬉しい自分も最低だ、とひぃなは思う。
「婚姻届出したのはその場の勢いみたいなのもあったかもだけどさ、ひなと結婚したい、独り占めしたいって気持ちはずっとあって……恋人関係とか全部飛ばしちゃったし、色々…辛い思いもさせたけど…」握っている手に力を籠める。「この一年一緒に暮らしてきて、ひなのこと、もっと好きになった。もっと大事にしたいと思った。それだけじゃ、ダメかな」
 ひぃなが首を振る。
「私も……一緒に暮らしてて、すごく安心できたし、楽しかったことのが多いし、それに……」小さく深呼吸をして「好きでもない相手と、たとえカッコカリだっとしても、結婚なんてしない……」
 ひぃなの口から初めて聞くその言葉に、攷斗が顔を緩めた。
「きっと…私もけっこう前から…好き、だったよ。コウトのこと……」
「過去形なの?」
「今は…もっと、好き……」
 照れたような怒ったような口調の告白に、攷斗が笑った
 繋いだ手を離して、攷斗がひぃなに向き直り正座する。
「俺は、出会ってすぐの頃から、ひなが好きです。この先もずっと、隣にいてほしい。だから…俺と、結婚してください」
 頭を下げる攷斗に、
「…はい…。ずっと、隣にいさせてください」
 ひぃなが優しい声で言った。
 頭をあげた攷斗に
「これからも、よろしくお願いします」
 ひぃなが微笑みかけて、涙目で頭をさげる。
「こちらこそ」抱き締めて、「……大事にするから」攷斗が言う。
「わたしも……」
 ようやっと言えたその四文字の言葉に、自然と笑顔が浮かぶ。少しの間抱き合って、身体を離した。
 絡まる視線、近付く距離。
 ゆっくり、遠慮がちに重なる唇。

 これまでの物足りなさを埋めるように、口づけはしばらく続く。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く