話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.105

 小さな子供が泣いている。そのすぐそばに、怒りに支配された男が立っている。握った拳を震わせて、いまにも爆発しそうなほど怒りをたぎらせている。
 ――泣いてもダメだよ。もっと怒られちゃうよ。
 その声は少女には届かない。届いても通じないかもしれない。まだ幼くて、言葉の意味を理解出来そうにない。
 男は怒りに身を任せ、何か訳のわからない言語で喚き散らしている。顔がマジックで黒く塗りつぶされていて良くわからないが、どうやら泥酔しているようだ。
 その声に怯えた少女がますます大声で泣く。
 ――泣き止んで。でないと――
 大きく振った男の手が、少女めがけて飛んでいく。体に当たる寸前で、少女の近くに倒れていた人影が身を挺してかばった。振り降ろされた拳は、強かにその人影を打つ。
 ――お願い、泣き止んで。でないと、また殴られる。
 男の手をその身体に受けると予測した人影が身を固くする。しかし、男は光に照らされた影のように、一瞬で姿を消した。
 ――もう、大丈夫。
 男性とも女性ともつかない“声”は、二人の音が混ざり合って出来ているよう。
 少女の頭上に、あたたかな光が頭に降り注ぐ。中から伸びた腕が、少女の身体に触れようとした。反射で身を固くする少女に、
「ごめんね」
「大丈夫。ぶったりしない」
 人影と声がそれぞれ語りかけた。
 光から伸びた温かい手のひらが、そっと少女の頭を撫でる。
 ――俺がひなの頭に手を近付けるときは、ひなの頭を撫でたり、抱き寄せたりしたいときだけ。絶対だから、覚えておいて――
 その優しい声の主は…いつもそばにいてくれる……


「――…こうと……」
 ひぃなが目を覚ます。目の前に、人の身体。反射でビクリと身体を固くする。
「ひな……?」
 声の方向に視線をずらすと、そこには攷斗がいた。安堵し胸を撫でおろすひぃなの目から、涙が溢れ出していた。
「どした? 怖いユメ見た?」
 なだめるように抱き寄せて頭を撫でる攷斗にすり寄り、その体温を確認する。
 夢には、幼い頃の自分と母親、かつて父親だった男と、そして……
「…だいじょうぶ……」
 先ほどまでおぼろげだったその身体は、目の前に確かに存在していた。
「そう?」
 言いながら、頭を撫で続け、厚い胸にひぃなを抱き寄せた。
 本当に大丈夫、という言葉が出てこない。
「…今日は二人とも休みだしさ、ずっとそばにいるから。泣きなよ、たまには。そんで、思う存分なぐさめさせてよ」ね、と穏やかな声でひぃなに笑いかける。
「――――――」
 攷斗の胸の中から嗚咽が聞こえた。
 泣いたらぶたれる。だからもう、人前で泣くのはやめよう。
 幼心に誓ったその自分への約束。破ることは決してないと思っていた。だけど。
 それは守らなくてもいいんだよ、と言ってくれる人がいた。
 その優しい手のひらは、これまでも、いまもなお、ひぃなを安心させるように差し伸べられている。
 こんなにも愛おしいと思える相手はもう現れない。だから、離したくない。なのに何故、それが言えないのだろう。
 泣いている理由がごちゃまぜになって、頭がボウッとしてくる。
 口から漏れ出す声を抑えることもせず、ひぃなはただ、泣いていた。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く