話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.34

 リビングで一休みしつつ、次の算段を考える。
「まだこまかいとこ片付けるよね?」
「うん。でももう一人でできるよ」
「そっか。じゃあ、家は一旦落ち着いたし……お茶飲んだら結婚指輪買いに行こうか」
「えっ、いいよそんなの」
「ダメだよ。リアルにしとかないとバレるじゃん」
「う……」
 確かに黒岩に指摘されたなと思い出す。
「なーんてね。単純にひなとおそろいの指輪が欲しいだけなんだけど」
 なんで? もう何十回と抱いた疑問。攷斗の本心がどこにどういう形であるのか、ひぃなにはまだわからない。
「あと、誕生日プレゼントの追加も兼ねてさ」
 一瞬なんのことかわからずに、無意識にテーブルの上の花を見やる。
「……あぁ、いいのに。お花、長持ちしてるし」
 それを受け取ったときの会話を思い出して、気にしないでいい旨を伝えるが
「俺があげたいの。いいでしょ?」
 攷斗が人懐っこい笑みで顔を覗き込んだ。
 ひぃなはこの表情かおに弱い。
「……うん」
「やったー。じゃあ、俺デザインするわ。作ってもらいに行こ」
「えっ」
 思っていたより大げさな話になって、思わず声をあげてしまう。
「これでもデザイナーの端くれなんで、デザインできるし作ってくれる人脈だってあるんですよ」
 確かに攷斗が被服以外のデザインが出来るのは初耳だが、
(驚いたのはそこのポイントじゃないんだけど……)
 言葉には出さず、思ってみる。
 攷斗はご機嫌で鼻歌を歌いながら、ソファの傍らに置かれたマガジンラックからA5サイズの小さなスケッチブックと色鉛筆一式を取り出した。
「どんなのがいい?」
「えー……」
 急な話でイメージが湧かず、テーブルの上に置いてあったスマホを手に取った。【結婚指輪】と入力をして検索をかける。
「婚約のほうは調べないの?」
「婚約してなくない?」
「……したよ……二時間くらい」
 二人で思い返して、笑ってしまう。
 攷斗が内心思っている“男避けの結界”という意味合いには及びもつかないひぃなは、
「ほんとは気持ちだけで充分なんだけど……」
 言いながら検索結果の画像をスクロールさせていく。
「けど?」
「いや……聞かれちゃって…。指輪してないんですねって」
「誰に?」
「黒岩さん」
 名前を聞いた瞬間、攷斗の顔がこわばる。けれど、小さな画面に集中しているひぃなはそれに気付かない。
「…そういえば聞いてない」
「なにを?」
「社長がどんな風に報告したのか」
「どんなもなにも……」
 と、かいつまんで当日の出来事を説明した。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く