話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.11

「やばい、さいご緊張するな」
 手の汗をジーンズで拭って、攷斗がバッグからさっき取ったばかりの住民票を出したところで、
「コーヒー淹れてくるかぁ。湖池手伝ってー」
「はーい」
 堀川が湖池を連れて休憩スペースへ移動した。
 ひぃなからペンを借り、ひぃなと同じ順序で空欄を埋めていく。自分の情報を全て書き終え、ひぃなが残していた項目に取り掛かった。
「届出日は今日でしょー? あれ、これって結婚記念日になるのか」
「そう、じゃないかな?」
「そうだよね」
 年月日を書き入れ、
「今日だったら絶対忘れないな」
 攷斗が口の中でつぶやく。残念ながらひぃなには聞こえていない。
「名字、俺のでいい?」
「うん」
 躊躇ないひぃなの回答に攷斗が相好を崩し
「ありがと」
 子供のような笑顔で礼を言う。
「【新しい本籍】だって。どこにしようか」
「んー、特にこだわりはないけど……」
「便利だろうし、俺の家でいい?」
「うん。大丈夫だよ」
 はーい、と返事して、攷斗の自宅住所を記入した。
「同居も結婚式これからだから空欄ー、と」
 連絡先も俺のケータイ番号でいいか、と記入する。
「これで大丈夫かな」
 と、ひぃなに問う。
 ひぃなは一通り書類を確認して、必要事項欄に書き漏れがないかを探す。
「……うん。大丈夫、だと思う」
 専門外なので自信はないが、おそらく問題ないだろうと判断する。
「よーし。じゃあ、あとは押印だけ」
 はい、とひぃなに書類を差し出す。それを受けて、先ほど作ったばかりのハンコを持ち届出人の欄に【時森】印を押した。続いて攷斗。
「……うん、できた」
 攷斗の言葉に、どちらからともなく顔を見合わせ、
「よろしくお願いします」
「こちらこそ」
 はにかみながら会釈などしてみる。
 少し気恥ずかしくなって、
「しまってくるね」
 机上に置いてあった自分の住民票を手に取り、ひぃなが席を立った。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く