話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

偽装結婚を偽装してみた

小海音かなた

Chapter.1

「家借りるときさぁ、保証人が必要だと困るとき来そうで不安なんだよね」
 酒の席で元後輩にそんなことをグチったら、旦那が出来ました――

 ――ことの発端は数時間前。
「久しぶり」
 居酒屋の個室にひょこっと現れたのは職場の元後輩・棚井タナイ攷斗コウトだ。
「おつかれさま」
 スマホをいじる手を挙げ、時森トキモリひぃなヒィナが挨拶する。
「なんか頼んだ?」席に着くや聞く攷斗。
「ううん? まだ。決めてはある」
「ん」
 攷斗は短く返事して、二人掛けシートの空きスペースにバッグと紙袋を置き、オーダーパネルを操作した。
「どれ?」
 向かいに座るひぃなにパネルを見せる。ひぃなは画面を数回押して、注文リストに飲み物を追加した。
「食いもんは?」
「先たのんで~。足りなかったら追加する」
「はーい」
 攷斗がひぃなに見せながら食事を選び、自分が食べたいものと、ひぃながいつも注文するものを合わせて数点【カート】に入れた。
「こんなもんかな。追加ある?」
「ううん、だいじょぶ。ありがとー」
 その返事を受けて、攷斗が【注文する】のボタンを押す。
「あ」パネルを充電器に戻しながら小さく言って「はい、これ。誕生日おめでとう」マチが広めの紙袋を差し出す。
「わぁ、ありがとう」
 袋に印刷されているのは、有名なフラワーショップの名前だ。
「一応、ひなのイメージ伝えて作ってもらったやつだから」
「えー、うれしい。部屋に飾るね」
 袋の中から小さなブーケを取り出す。ピンクと白が基調のそれを、ためつすがめつ眺めてみる。ひぃなは嬉しそうにへへーと笑って
「ありがとう」
 改めて礼を言った。
「うん」
 頬杖をついて微笑む攷斗に
「毎年毎年律義だよね。ありがとね」
 ひぃなが何度目かの礼を伝える。
「好きで祝ってんだから気にしないでよ。それより、なんか取って付けたようなもんでごめん。ここんとこちょっと忙しくて……」
「大丈夫なの?」
「うん、さっき終わらせてきたから、もう来年の始めくらいまでは余裕。だから、今度一緒になんか見に行こう」
「えー、いいよ、悪いよ」ブーケを紙袋にしまいながら、「嬉しいよ? お花。あんまりもらう機会ないし」傍らに置きつつ笑顔で返す。
 照れながらプレゼント用の花束を買う男性を見ると、思わずほっこりしてしまう。
 普段、洒落たことをこともなげにやってのける攷斗のことだから、照れつつオーダーするようなこともなかっただろうが、それでも嬉しいものは嬉しい。
「女子はみんな単純にお花もらうの嬉しいよ」
「そう? なら良かった」
「失礼しまーす」
とふすまの向こう側から声が聞こえて、ふすまが空いた。店員が酒とつまみをテーブルの上に置く。
「じゃあまぁ」
 と攷斗がビールのジョッキを掲げる。
「「おつかれさまー」」
 グラスを当てて、仕事終わりの身体にアルコールを流し込んだ。
「んんー、んまいっ」
 おっさんみたいな声を上げて、ひぃながグラスをテーブルに置き
「お仕事順調なんだね」
 言った。
「んー、まぁ、ぼちぼち?」
 人好きしそうな笑顔で攷斗は首をかしげた。

「偽装結婚を偽装してみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く