話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。

華音 楓

五日目③ 成敗!!

「まあ、簡単に言えばそうなるな。ウソの申告による依頼達成は厳罰だ。お前さんは最低ランクだから資格の一発停止だ。」

 このおっさん…調べもしないで俺を悪者にしやがったぞ…

「なるほどね…。つまりギルドはあいつらの言い分のみ信用して、俺の説明は無視するってことでいいのかな?」

 そう、俺はNOといえる日本人だ!!

「そうは言わんが…。つまりは、あいつらがウソの申告をしているってことか?」
「それにだ、俺はあいつらからモンスターを擦り付けられて、いきなり5匹と戦う羽目になったんだ。どっちに非があるっていうだ?」
「確かにその通りだな。お前さんが言うと事が”真実なら”って条件付きだがな。」

 おっさんは少し考えこんでいた。
 ちゃんと調べないからそうなるんだって話だ。

「それに、あいつら…下にいる3人は自分の仲間が二人倒れたのに逃げ出したんだぞ?その2人その後どうなったんだろうな。」
「そうか…わかった…。すまねぇ、ちょっと下へ行ってくる…このままここにいてくれ。」

 おっさんはそのまま下に向かっていったんだが…
 その雰囲気はまじちびりそうだった…
 だって、額に青筋が立つってどこの漫画だよってくらいくっきり出てたし。

「ああなると、止められないわね。カイト君、戻ってくるまでお茶にしましょう。ギルマスのとっておきのお菓子を出すわね。」

  なんて言っていいんだろうか…
 キャサリンさんの肝の座り方が半端ない。
 むしり、ただの受付嬢ですって言う方が無理がある気がしてきた。

「キャサリンさんのお茶、めちゃくちゃうまいですね。」
「ありがとう。お世辞でもうれしいわ。お替りいかが?」

 キャサリンさんが入れてくれたお茶はめちゃくちゃうまかった。
 しばらくキャサリンさんのお茶を堪能していた時だった。

ガシャーーーーン!!
ドガン!!
ズガ~~~~ン!!
グシャ!!

 一階から大きな破壊音やら聞こえてはいけない音が聞こえてきた。
 ぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあと騒がしいな。

 あ、音がやんだ…
 叫び声も聞こえなくなった。

カチコチカチコチ

ガチャ

「待たせたなぁ。」

 またしても渋い声って、もおええよ。
 それにしてもおっさんは…真っ赤だった。
 出ていったときは真っ青だったんだけどね…
 なんで赤いんだろうか…
 鉄さび臭いのは気にしてはいけないんだと思った。

「悪かったな。おまえさんは無罪放免だ。」

 どうやら俺の冤罪は晴れたようだった。
 むしろあいつらがウソついていたんだから、当たり前って言えば当たり前だったんだけどね。

「それで、あいつらどうなったんです?」
「あのパーティー全員降格だ。」

 ざまぁwwww

 それからギルマスと2・3話をしてやっと解放された。
 執務室から1階フロアに戻ると…
 見てはいけないものが広がっていた…
 ってほどではなかったんだけど、ギルドスタッフ総出で後片付けをしていた。
 穴をふさいだり、机を直したり。
 とばっちりに近い状況で、飲みに来ていた冒険者も処理の手伝いをさせられていた。
 さすがにそのまま素通りができる雰囲気ではなかったので、俺も片づけを手伝った。
 その際に見た真っ赤な液体の跡は…気にしないことにした。



 全部の処理が終わった頃には昼を過ぎていた…
 さすがに今から東の森に行っても依頼が達成できるか怪しい。
 今日は依頼を受けるのを諦めるしかないかな…
 はぁ、今日もまた依頼をこなせなかった…

 俺はそのまま宿舎に帰ったのだった。

★★★★★★★★★★★★★★

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ざまぁ~wwww
てのもテンプレですね。

では、次回をお楽しみください。

※ほかにもちょい読みシリーズ他作品掲載中です。頑張って毎日掲載しています。

「とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く