話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。

華音 楓

四日目② あと4回…

 俺は初めて生き物?に手をかけた…
 モンスターを殺した…
 手には嫌な感触が残る。
 その感触は何とも言えず、ぬるっともずるっとも言えない……
 そんな感じだ。
 ゴブリンの血は青いんだな…赤くないだけまだマシなのかもしれない。

 俺は何の気なしに自分の手を見つめていた。
 そして、俺は気が付いた…

 これ…解体しなきゃダメ?

 そして俺は頑張った。
 めちゃくちゃ頑張った。

 右手に嫌な感触を感じながら、ゴブリンの左耳を持ち上げそぎ落とした。
 それに解体用のナイフなんか持ってないから、剣で切ったんだが…
 ものすごく切りづらかったとだけ言っておこう。
 冒険者の皆様に敬意を表します。
 スゲ~よマジで。

 剥ぎ取った後、しばらくすると不思議な現象が発生した。
 ゴブリンは黒い靄に覆われたかと思うと、跡形もなく消え去った。
 どういうこと?
 そういうもんなの?
 だったら教えてくれてもよかったよね?
 でもこれで、あいつらが普通の生き物じゃないってことは理解できた。
 むしろゲームじゃないのかって思えてしまうくらいだ。

 それにしても…
 はぁ…あと4回か…
 本気でテンションが下がっていった。


 しばらくテンションが下がっていたが、こうしてもいられない。
 よし、気を取り直して周辺の探索だ。

 俺はゴブリンの探索中、ヒール草を見つけたので採取していた。
 ヒール草は追加分を引き取ってもらえるって言ってたし。
 いくら探してもゴブリンが見つからない。
 仕方がないので、俺はヒール草の採取に勤しんでいた。

 しばらくヒール草を探しながら歩いていると、少し遠めの前方にゴブリンの集団がいた。
 数は…おそらく5匹。
 まだ距離があったため、ばれてはいないようだった。
 少し観察していると、なんだか様子がおかしい。
 
 気付かれないように、少しづつ距離を詰めていく。
 
 状況を確認できるまで近づくと、戦闘音も一緒に聞こえてきた。
 すでに、別グループと交戦状態だった。

「グギャガギャガガギャギャ!!」
「くそ!!こいつらつえぇぞ!!」
「おい何やってんだ!!邪魔すんじゃね!!」
「うせぇ!!俺の邪魔すんな!!」

 叫びながら戦闘って意味あるのか?
 俺は気付かれないようにさらに距離を詰め、木の陰に隠れるようにして様子をうかがった。

 あれは…おそらく昨日の酔っぱらいだ…
 5人くらいのパーティーだったのか。

ガン!!ゴン!!ドガン!!
 
 一人が大盾を構えて、単調に突進してくるゴブリン達の攻撃を防いでいた。
 あれがタンクってことか?
 残りの4人はって…
 ただがむしゃらに剣を振り回していた。
 あぁ、騒いでいるのがその4人か。
 盾持ちは支えてるだけで手いっぱいって感じか。

「おいこら!!人の獲物にてぇだすんじゃね~よ!!」
「うっせ!!俺の方が近かっただけだろうが!!」
「黙って攻撃しやがれ!!死にてぇのか!!」

 おいおい、連帯なんてあったもんじゃないな。
 盾持ちがゴブリンを無理やり抑え込んで、あとの連中がただやみくもに攻撃しているだけだった。
 それじゃあ、勝てるものも勝てない。 

 それにゴブリンの数も5匹だ。
 だんだん盾持ちが押し込まれていく。

ガンガンガン!!

 どんどん盾持ちが押し込まれる。
 そりゃそうだ。2・3匹なら通用するかもしれない。
 でも、あれだけ数が多けりゃ、力負けしてしまうのもうなずける。
 その他のメンバーがゴブリンの邪魔ができれば問題ないんだろけど、ほとんど役に立っていなかった。

「グギャ!!」
「ぐわ!!」
 
 あ、一人吹っ飛ばされた。
 ほら言わんこっちゃない。
 まだ、少し動いているから死んではいないだろうけど…。
 早めの治療が必要になるはずだ。

ガコン!!

「ぐうぉわああ!!」

 あ、盾持ちも結局耐え切れなかったか。
 大分吹っ飛ばされたな。
 これは本格的にやばいそうだな。
 完全に戦線崩壊だ。
 ここまでくれば、倒れた仲間を担いで逃走。
 1名が殿を務めて時間稼ぎ。
 これが定石だろうか。

 しばらく状況を見守っていると…

 あ、目が合った。
 昨日の自称先輩が、何かを仲間に伝えてる?
 状況打開の名案でも考え付いたのかもしれない。

 あ、残りのメンバー全員で走り出した…
 どっちに向かう気なんだ?って!!!!

 こっちくんなし!!

★★★★★★★★★★★★★★

ここまでお読みいただきありがとうございます。

モンスタートレインはまじめに迷惑ですよね?
作者もMMOとかよくやりますが、戦闘準備とかしてない状態であれやられると本気でしんどい。
仲間との連携が取れないし、無駄に被害は広がるしでてんやわんや。
モンスタートレイン。だめ!!絶対!!

では、次回をお楽しみください。

※ほかにもちょい読みシリーズ他作品掲載中です。頑張って毎日掲載しています。

「とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く