話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。

華音 楓

四日目① 初めての殺害

 朝起きて、食堂で食事を済ませて、ギルドへ向かう。
 変わらない朝のルーティンだ。

 うん…まだ体が痛い…
 昨日の訓練の後遺症がいまだに残っているんだと思う。
 あのおっさんに文句言ってもいいよね?



 ギルドに入ると朝から酒を飲んでいる冒険者以外で払っていた。
 やはり争奪戦の後は即行動なのかもしれない。
 さすがにゲームみたいなことはなかった。
 ”〇〇職1名募集”とか”〇〇討伐戦野良参加募集”とか。

 俺は昨日受けられなかった依頼を受けることにした。
 掲示板から古びた『ゴブリン討伐』の依頼書を持って受付へ向かった。
 受付にはキャサリンさんがいたので、そのカウンターで受付をお願いした。

「おはようございます、キャサリンさん。これ、受けたいんですけど。」
「あらおはようカイト君。『ゴブリン討伐』は常設依頼だから、特に申請はいらないわよ。それにあいつらの繁殖力はかなりのものだから、1匹見つけたら10匹はいると思えって言われるくらいよ。討伐証…ゴブリンの左耳を持ってくればいいわよ。」

 なるほど、『ゴブリン討伐』は常設依頼だから受付の必要はなしっと。
 ゴブリンの左耳を持ってくればいいと……

 ……解体しなきゃダメ?

 ついでに薬草採取の依頼を受けた。
 一昨日と同じ内容だ。
 どっちがついでだかわからなくなった。
 トータル銅貨35枚か。
 これが高いのか安いのかも分からないな。

「それじゃあ、行ってきます。」
「気を付けてね?必ず帰ってくるのよ?」

 キャサリンさんに「はい」と返事をしながら、俺は冒険者ギルドを後にした。
 それから俺は、東門を出て東の森に向かった。



 東の森へ入ると、一気に空気感が変わった。
 モンスターの出現する可能性が跳ね上がった瞬間だった。
 とりあえず経験の少ない俺は、一昨日来た場所でヒール草を探した。
 案の定すぐに見つけることができた。
 さすがに一昨日見つけた薬草なので探すのは楽だった。

 周辺をくまなく探していると、意外とすぐに数がそろってしまった。

 だが、肝心のゴブリンはまだ見つからない。



 しばらく警戒しながら周りをきょろきょろ見まわしていると、背後からガサゴソと音が聞こえてきた。
 俺は少し驚き、剣を構えた。
 背中に大量の汗が流れるのを感じていた…

 警戒を解かずゆっくりと後ろを振り返ると、そこには一匹の緑色の小人が立っていた。
 おそらくこいつがゴブリンだ。
 顔は醜悪そのもので、何かしゃべっているようだった。
 しかし、俺には聞き取ることはできなかった。
 ゴブリンの手にはこん棒のようなもの握られていた。
 ゴブリンもまた俺を発見して驚いているようだった。
 お互いに緊張感が高まっていく。

「今宵の愛刀は血に飢えておる。」

 一回言ってみたかった…
 ウォッホン!!
 俺は油断なくゴブリンを見据えた。
 おっさんのおかげで、思いのほか緊張感はなかった。
 
 ジワリ、ジワリ。
 
 俺は正面に剣を構えたままゴブリンに近づいていった。
 ゴブリンは焦りからかこん棒を大きく振りかぶりながら、襲い掛かってきた。

 遅い!!
 ゴブリンの左わきをすり抜けざま、剣でゴブリンの胴体を振りぬいた!!

「胴~~~~~~!!」

 癖とは恐ろしいものだ…

 ブシャ~~~!!

 大量の体液らしき液体がゴブリンの脇腹から吹き出ていた。

「グギャ!!ギギャギャ…グ…ガ…」

 脇腹の傷が深かったのか、ゴブリンは脇腹を押さえながらよろよろと気合で立ち上がる。
 しかし、意識が持ったのもそこまでのようだった。
 そのまま地面へ倒れこんだ…
 おそらく死んだと思う…
 しばらく剣を構え警戒を続けたが、動く気配はなかった。
 
 俺の…勝ちだ…!!

 それにしても、おっさんと模擬戦やっててよかった。
 でなきゃ反応が遅れてケガをしていたな…

★★★★★★★★★★★★★★

ここまでお読みいただきありがとうございます。

海斗の初の戦闘シーンいかがだったでしょうか。
刀術と西洋剣術、結構違いがあるようです。
興味のある方は調べてみるのも一興です。

では、次回をお楽しみください。

※ほかにもちょい読みシリーズ他作品掲載中です。頑張って毎日掲載しています。

「とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く