話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。

華音 楓

一日目② 冒険者になる

 冒険者ギルドの中に入ると、なかなか面白い造りになっていた。
 建物入って右手が冒険者ギルドの施設。
 左手が酒場と思われる施設。
 この建物の隣には宿屋のような施設も併設されていた。
 
 ギルド施設の奥に進むと受付カウンターと書かれた場所や、買取所。金品預入場所などもあった。
 壁際にはでっかいボードが備え付けてあり、いろいろな紙が張り出されていた。
 よく見ると”クエストボード”と書かれており、イライと思われる紙が張り付いていた。

 そしてここである違和感に気が付いた…
 どうして俺はこの世界の字が読めるんだ?
 字の形だって見たことないはずなのに…
 これが異世界転移系のテンプレなのか?!

 なんて冗談を考えながら奥へと進んだ。
 いや、冗談で流していいのか迷う案件でもある。

 受付カウンターへ着いた俺は、座っていた女性に声をかけた。

「あの、すいません。冒険者の登録はこちらでいいんでしょうか?」
「ここですよ~。じゃあ、この紙に名前と年齢と職業を書いて~。書き終わったらおしえてね~。」

 爪を磨きながらめっちゃやる気なさそうな受付嬢だった。
 そしてここでもおかしな現象。字が書ける…。もう突っ込むのやめよう…。
 用紙に書き終わると、受付嬢は用紙を何か機械のようなものに通し始めた。
 少しすると、ドックタグとカードのようなものが出てきた。

「はいこれ、冒険者証よ。失くすと再発行手数料かかるから失くさないでね。あと、私がめんどくさい。じゃあ、これでおしまいね~。」

 何とも言えない感じがした。
 何か説明とかないの?せめてパンフレット的なものはないのだろうか…
 俺が受付で登録を終えると、またも異世界テンプレを体験した。
 そう、ギルド証を受け取ると、酔っぱらいの男たちに囲まれたのだ。

「ヒック、俺たちがよぉ〜、お前の面倒見てやっからよぉ〜、有り金全部出せよ。」

 意味がわからない。
 受付嬢を見ても、我関せず。まだ爪を磨いてる。
 なるほど、冒険者ギルドは関知しないらしい。冒険者同士の揉め事は自分たちで解決するということか。
 周囲を見渡すと誰も助けようとはしなかった。
 むしろ男たちを囃し立てていた。

 それにしても、困った。
 こいつらの強さがわからないな。
 こいつ等がものすごく強くて、こっちがワンパンでやられる可能性だってある。
 だがしかし…



 よし断ろう。

「そういうの間に合ってます。」

 俺はNOと言える日本人だ。
 当然、そいつらはキレて殴りかかってきた。

「せんぱいに……、たてついてんじゃね~~~~!!」

 あれ?遅い?
 酒のせいなのか動きがダラダラしていた。
 俺は攻撃を余裕を持って避け、逃げまくった。

「チョコマカと逃げやがって!!大人しく一発殴らせろ!!」

 すでに金を奪う気まんまんじゃないかよ。
 あぁめんどくさい。もう殴り倒していいよね?
 俺が自称先輩の攻撃を避けて、腹に一発当てようとしたときだった。

「何してやがる!!騒がしいぞ!!」

 騒ぎを聞きつけて、2階からゴリマッチョなおっさんが降りてきた。
 おっさんを見るなり、自称先輩は顔を真っ青にして震えだした。
 受付嬢も同じく顔色が悪い。
 俺が首を傾げていると、そいつらはおっさんに注意(どう見ても恫喝)を受けていた。
 受付嬢も同様に注意(どっからどう見ても脅迫)を受けていた。
 揉め事解決もギルドの仕事らしい。
 仕事しろよ受付嬢。

 それから自称先輩たちは、俺をひと睨みしたあと冒険者ギルドを後にした。
 ちなみに、囃し立てていた奴らは、おっさんが登場した時点で蜘蛛の子を散らすように退散していた。
 受付嬢はおそらく上司っぽい人に首根っこ掴まれて、奥へと引っ込んでいった。

 うん、なんか無駄に疲れた…
 仕事は明日からにしよう。

 冒険者ギルドの隣にある宿屋は、初級冒険者用の宿泊施設だった。
 登録したての俺は、とりあえず一室借りることにした。
 割り当てられた部屋に向かうと一人部屋で少し安心した。
 部屋の中にはベッドとライトが有るだけで、さほど広くはなかった。
 まぁ、どうせ寝るだけだし問題は無い。それに個室なだけマシだ。

 今日はもう寝よう…
 おやすみなさい。

★★★★★★★★★★★★★★

ここまでお読みいただきありがとうございます。

主人公は結局テンプレに遭遇する。
それがテンプレです。
それが王道です。

では、次回をお楽しみください。

※ほかにもちょい読みシリーズ他作品掲載中です。頑張って毎日掲載しています。

「とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く