話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。

華音 楓

一日目① 異世界転生したらしい


「おき…さい。おきなさい。」

 かすかに聞こえた誰かの声で目を覚ました。
 石畳の床の真ん中に描かれた魔方陣の上に俺はいた。
 何が起こったんだ?
 ここはどこなんだ? 

 …
 ……
 落ち着け俺。 
 いったん整理しよう。

ーーーーーーーーーー

 俺の名前は石立 海人(いしだて かいと)。
 25歳。独身。
 彼女いない歴=年齢の健全な男子だ。

 営業の仕事で外回りをしていて、公園のベンチで一休みしていた。
 すると足元が急に光だし、目眩とともに気を失ってしまったようだ。
 で、気が付くとここにいたってことだ。

 
「おぉ、目覚めたようじゃな。よくぞ参った、貴様には期待しておるぞ。」

 うん、誰ですかあなたは?

「国王陛下。まずは事情を説明せねば、状況がわかりますまい。」
「おお、そうじゃったそうじゃった。貴様には魔王を討伐してもらう。以上じゃ。」
 
 は?
 何言ってんのこのおっさん。
 意味わかんないんですが?
 
 俺は話についていけず、国王に説明を求めた。

 それから面倒くさそうに顔を顰めた宰相らしきお年寄りから、簡単な説明を受けた。

「うぉっほん。儂はこのデクーノボート王国の宰相をしておる、トーマス・フォン・オルトマンである。国王陛下よりありがたくもご説明合った通り、魔王の討伐を行ってもらう。この国は魔人国との戦争状態で危機が訪れようとしておる。そこで、貴様には最前線を赴いて戦況を打開してもらう。良いな?これは勇者召喚で召喚されたの者の使命であり、義務だ。」

 どうやらこの国は、魔人国と戦争状態らしい。
 だから戦争に参加して魔王を討伐するようにとの事だ。
 それが召喚者の義務らしい。
 意味がわからん…

 あらかた説明が終わると、次に職業診断を受けることになった。
 何やら仰々しい台座に乗せられた水晶球が運ばれてきた。

「次にこれに手をかざしてもらう。さすれば貴様の職業とスキルがわかるようになっておる。」

 俺は宰相のお爺さんに言われるがままに水晶っぽい丸い透明な石に手を添えるた。
 そうするといきなり石が光りだした。
 とても眩い光で目が痛かった。
 しばらくすると光が収まり、目の前に透明な板状の何かが浮かび上がってきた。

「ほれ、何と書いておる。申してみよ。」

職業:【なんでも屋】
スキル:【DIY】

 うん、よくわからない。
 国王も唖然としてた。
 宰相も首をかしげていた。
 国王が宰相になにか耳打ちしながら話をしていると、急に顔を真っ赤にして怒り出した。
 
「な、ナ、ナント!!職業が勇者ではないと!?しかもスキルは意味不明ではないか!!おい、これはどうなっておる!!」

 何故か俺に向かって、罵声を浴びせ始めた。
 ハズレだとか無能だとか。
 ほんとシランガナ。

「えぇい、もうよい!!この者をすぐさまここからつまみ出せ!!顔もみとうない!!」

 国王の指示により俺は騎士たちに脇を固められ、強制的に別の部屋へ移動させられた(連行とも言う)。
 そこには執事らしき男性(すでに偉い人ですらない)が待っており、今後について説明を受けた。

①元の世界へは帰れない
②支度金として金貨10枚
③今後は自活すること。

 正直、「はぁ。」としか言いようがない。
 連れてこられた挙句、無能扱いだもの。
 しかし、自活とはどうしたものか。
 執事らしき男性から、城下町にある冒険者ギルドへ行くように言われた。
 どうやら、冒険者になって身分証を作らなければないらしい。



 追い出されるようにして城を後にした俺は、冒険者ギルドへ向かった。
 城門から出て東に向かうと、道沿いに大きな建物があった。
 入り口には獅子が二匹並んだ絵に剣と盾がぶら下がっていた。
 どうやらここが言われていた冒険者ギルドのらしい。
 俺はその建物の扉を開いた。

 そして俺は冒険者になった。
 よくわからない世界の、よくわからない国の、よくわからない街で俺は生きていく。

 ここに記録を残そうと思う。
 これから起こる俺の冒険者としての足跡を。

★★★★★★★★★★★★★★

ここまでお読みいただきありがとうございます。

よくある転移ものの王道を行くであろう物語。
のつもりで書く予定でしたが…
それじゃつまらないからと思い、結局地道に生活する冒険者にしてみました。
俺TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEではありません。

では、次回をお楽しみください。

※ほかにもちょい読みシリーズ他作品掲載中です。頑張って毎日掲載しています。

「とある冒険者の日記 ~異世界転移は突然過ぎやしませんか?スキルDIYって何です?器用貧乏な俺は異世界で今日も生きていく。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く